FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0914

会田塚(松本市)  

◆強い霊気を感じる場所◆

ふと先日、リンクさせていただいているサムライ左近法律事務所の先生にご紹介してもらった会田塚と光城跡を訪ねました。

kouden001.jpg

会田氏の居館のあった旧四賀村殿村にある廣田寺を訪ねます。
もともと会田氏の菩提寺は此の寺の山を越えた東側にある知見寺だったのですが、小笠原氏に滅ぼされた際に寺も焼き払われてしまい、知見寺の住職が開基である岩下豊後守の位牌を持って廣田寺に逃れて来たという。

kouden002.jpg
↑滋野氏出身の会田岩下氏の家紋は六文銭。なので山門や本堂の屋根にも六文銭が彫刻されている

小県郡にある海野平の豪族滋野氏を本家とする一族は、東筑摩郡の四賀地方に移り住み会田岩下氏を名乗り、会田虚空蔵山城、苅谷原城、光城、塔ノ原城を戦略拠点として地域支配を強化していった。

koudenoo3.jpg

天文二十二年(1553年)、信濃侵略で小笠原氏を追放した武田晴信は深志城を拠点として、善光寺平への道を確保するために四賀、麻績方面への侵攻を開始する。攻城を開始した3月30日からおよそ三日間で苅谷原城を落とし、塔ノ原城は自落、会田城は放火により開城を余儀なくされ、会田氏は武田氏の軍門に降る。

kouden004.jpg
↑廣田寺から臨む虚空蔵山城

同年4月末、村上義清支援で上杉謙信が信濃に出兵し第一次川中島合戦となる。9月に戦局を有利に進めた謙信は麻績の青柳城、四賀の会田城を落とすが、すぐさま夜襲で武田軍が奪い返す(筑北合戦)

武田氏滅亡後、この地方は上杉景勝の勢力下となり、会田氏も上杉に従う。

徳川家康の後ろ盾で旧領を回復した小笠原貞慶は、天正十年(1582年)10月に会田氏を攻め滅ぼす。

kouden005.jpg

会田塚は会田氏滅亡の際に、一党の具足や刀剣が遺骸の変わりに埋められたところと云われています。

場所が分からずに諦めてしまった方々も多いとの事でしたので、住職に聞いてしっかり見てきました。

場所:廣田寺の本殿手前を左に曲がり寺を出ます。墓地を抜けて沢を挟んだ西側に「しだれ桜」が1本ある場所があります。そこが会田塚です。

kouden006.jpg

左近先生は「霊感の強い場所」と云われてました。

なるほど、一族の怨念なのでしょうか、僕の場合はもっと酷い状況になりました。

・この場所で涙が止めどなく流れました。
・その後訪れた近くの崩れかかった無人寺で、瓦屋根が崩れて落下してきた。
※寺の前を立ち去って数秒後の出来事。ガシャーンという音に振り返るとさっきまで立っていた場所に瓦が散乱
マジヤバかった・・・

霊感は強いほうでは無いのですが、悪戯されたのかもしれません。
その後は何もありませんでしたが・・・・(汗)

kouden007.jpg
↑殿村遺跡の発掘調査でしょうか(旧会田中学校跡)

城と古戦場のマサハレ様によると、会田氏の最後の場所はこの場所から南の沢の尾根にある「覆盆子城」であり、≪ 覆盆子(いちご)は「一期」で、会田一族がその一期をとげた城である(『四賀村誌』)≫としています。

いつか訪れて鎮魂したい場所でもあります・・・・(んーん、余計ヤバくなりそう?)

小県郡青木村に伝わる伝説では、会田虚空蔵山城から逃れて小県に向かう途中の十観山(じっかんざん)の頂上で自害したとも云われています。

主君を変えても何とか家名を残そうとした信濃の小豪族の悲劇は、会田氏だけではありません。
非情な戦国の世を想い、会田塚では涙が流れたのでしょうネ。

十観山 022
↑十観山の山頂から臨む四賀村の会田地方。

≪会田塚≫
場所:松本市会田 廣田寺の北側墓地付近
見どころ:廣田寺とその付近、殿村発掘場所など  
注意:心を無にして塚に向きあいましょう。(決して囲みの石を越えてはいけません)
スポンサーサイト

Posted on 2010/09/14 Tue. 23:44 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 二場城(青木村)  |  西城(青木村) »

コメント

ありがとうございます

會田塚と會田の由来を調べていただきありがとうございます。
會田は完全に滅亡したのではなく、武田に攻められ火をつけられた後に武田に従った一族と、あくまで武田を疑い本家と分かれて會田宿をわずか40騎で離れ、現在の埼玉県越谷に逃れその後、八潮市、東京の葛飾区金町に移り住んだものに別れ現在に至っています。今から12年ほど前、金町の會田一族がバスをチャーターし廣田寺を訪れた時450年ぶりの墓参りだ!と住職が驚いたそうです。
私はその10年後に行きそのいきさつを知りました。

會田と申します #- | URL | 2010/10/10 20:01 * edit *

Re: 會田様

ご丁寧にありがとうございます。
会田一族の末裔の方からコメントを頂くなどとは夢にも思っておりませんでした。
中途半端な記事になってしまい申し訳なく思っておりますが、戦国期の混乱を乗り越えられた先祖の方々のご英断には敬意を表します。
どうぞこれからも信州との繋がりを大切にしていただきたいと思います。

らんまる #- | URL | 2010/10/12 07:16 * edit *

古い記事にすみません

私の曾祖母は徳川ご直参の娘というプライドがたいへん高かったそうで、旧姓は會田と申します。
嫁入り先にも家系図を持参し、一家が満州に渡った際にもそれを持って行きました(その後満州で死亡、敗戦で引き上げとなり家系図は伝わっていません)。
その曾祖母に、私の父の姉が子供の頃に聞かされた話は「會田の家は真田と同族の海野から出た家で、おまえは13代目」というものだったそうです。誰から数えて13代なんだかさっぱりわからず、信ぴょう性は??なのですが。
私は幕末ヲタで戦国は全く分からず(真田云々もなんのことやら)、ふと検索してこちらにたどり着き、いろいろまだ残っているのだなあと感動しました。いつの日かお参りに行きたいものです。怖いスポットらしいですけど(笑)

内藤 #oely/y8c | URL | 2016/03/20 22:17 * edit *

Re: 内藤様へ

コメントありがとうございます。
少し前まではご自身のルーツを求めてこの拙いブログにお問い合わせをいただく事も結構あったのですが、最近はほとんどなくなりました。家長制度の時代を知る方は、家系とか家柄とかを重んじられていましたが、核家族化が進み、見向きもされなくなったようで、ある意味残念ですね。

小生もアマチュアに毛が生えた程度なので、ざっくりとした知識しか持ち得ておりません。
海野氏は清和天皇を祖とする「滋野三家」の一つで他に祢津(ねつ)氏、望月氏があり信濃国小県郡を本拠とする氏族で、元々は信濃の牧の牧監(朝廷に献上する馬を飼育する牧場経営)を生業としていたようです。南北朝から室町時代にかけて信濃における勢力を拡大し、小県郡より深志(松本)・安曇野方面(会田氏、光氏、西牧氏、塔ノ原氏など)への進出、更に上野国吾妻郡(群馬県)へも一族が流れ在地土豪となっています。今話題の真田氏も海野一族の支流とされていますが、最近の研究ではその出自に疑問が持たれていて、海野一族も天皇の末裔と称しているが磁場における開発領主が周辺の豪族を統一していく過程での家系図の偽装ではないか?という説もあり真相は闇の中です。
小県郡の海野平を本拠とする海野宗家は天文十年5月、村上・武田・諏訪の連合軍に攻められ滅亡、望月氏は武田信玄に攻められ滅亡、祢津氏は諏訪の神氏(みわし)の出自ともいわれ戦国時代は国衆として武田の配下となりその後は真田氏の家臣となった一族と徳川の旗本となった一族に分かれました。
筑摩郡の四賀を領有していた会田氏は武田信玄に攻められて配下に下り、武田氏滅亡後に天正壬午の乱が勃発すると上杉方に属しますが、家康の後ろ盾で深志に復帰した小笠原貞慶(貞慶の父は信玄に敗れた前信濃国主小笠原長時)により攻められ滅亡。貞慶は父を裏切った家臣団への復讐に執念を燃やし、塔ノ原氏、西牧氏も滅ぼされます。この時上杉軍は既に会田氏を見捨てていたともいわれています。その後、生き残った会田一族は武州に逃れたと伝わりますので、内藤様の曾祖母様はその流れの家系図をお持ちだったのでしょうか。

所詮、アマチュアの浅学程度の知識しかありませんので、ご容赦を(笑)
幕末のご専門ですか。素晴らしい。小生は江戸時代の終わりから紆余曲折を経て日本がイッキに突っ走っていく時代の躍動感が好きです。
ではまた。

らんまる #- | URL | 2016/03/21 09:09 * edit *

ありがとうございます!
戦国は全然わからなかったのですが、今年の大河が面白くて夢中で見てるうちに、あれ?うちの話とちょっと近い話?みたいに(笑)。この際少し勉強しようかと思っているところです。
曾祖母が大事にしていた家系図は清和天皇から始まっていたそうです(父の姉の記憶)。
でもおっしゃるとおり、家系図なんて成り上がったあとで創作することが多いですから、祖なんか眉唾だと思います。
でも、家柄がどうのとかではなく、先祖がいなければ私もいないと思うと、興味が沸いてきます。
父の兄や姉が皆生きてる時にもっと話を聞けば良かった。後悔ばかりです。(父は遅く出来た末っ子なので自分の祖父母を知らず、古い話も聞いていません。私も遅く生まれた子なので、曽祖母が幕末生まれ、というなんだかとんでもない事態になってますw)
詳しくご教示下さってありがとうございました!m(_ _)m

内藤 #oely/y8c | URL | 2016/03/23 20:51 * edit *

Re: 内藤様へ

最近は地元の歴史はおろか、ご自身のルーツについても関心を持つ方がめっきり少なくなりました。
そのうち「家」とか「家柄」とか「家系」などという言葉は死語になるのでしょうね。

武田家滅亡後の戦国時代というと、どうしても西国を中心に展開してしまう傾向にありますが、今回の真田丸は東国を舞台としているのでかなり斬新だといえます。「天正壬午の乱」などという言葉を初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。
信濃のマイナーな国衆にスポットが当たるのも画期的ですし、彼らも生き残りをかけて判断の連続を強要させられてきたわけです。
小生は自分の生まれ育った信濃の戦国時代を名も無き山城を中心に追いかけています。一人でも多くの「歴史ファン」が増える事を願っておりますw
また、お気軽に遊びにおでかけください(笑)

らんまる #- | URL | 2016/03/24 07:25 * edit *

母方の実家のルーツが佐久・春日城近くで岩下姓です

みなさまの興味深いお話大変おもしろく拝見させていただきました。
私の場合は母が現在の長野県佐久市春日の生まれで佐久・春日城の近くです。
母の旧姓は岩下で私が子供のころより耳にタコができるほど
「うちの実家は家柄がいいのだよ」と聞いて育ちました。
ことあるごとに言う家柄自慢に「何がすごいんだよ」と、母親が言うたびに
嫌悪感を抱いておりました。

しかしその後、岩下の実家が家を建て替えるので親戚が集まった時に
母の弟のおじが「この家は歴史が古く壊した家の土の下から宝物が出てくる
かもしれない」と冗談半分に教えてくれたのを憶えています。
その時壊した家は相当古く釘を一本も使用していなかったようです。
そんなことで母の実家のルーツ調べに興味を持ち始めるとともに
興味のなかった戦国時代に興味を持ち始めて現在に至っています。

母もおじも生前に実家の岩下家は家柄がいいと言うだけで具体的な話は
一度も聞いたことはなく故人となりました。
おそらく具体的なことは知らなかったのではないかと思います。

また母方の祖母の実家は保科姓で、岩下家の後を継いだ母の兄の嫁は
聞いたところによると伴野氏の家臣にいるらしい高柳姓で、母の妹のおばの
嫁ぎ先は依田姓です。すべて戦国時代の信州の侍の名前の家と姻戚関係にある
のも偶然ではないと最近思うようになりました。

またおばから生前聞いた話では、岩下家のおじは毎年長野市で行われていた
県内の名士の集まりに出ていたそうで、農家だったおじに、おばは、あまり
みすぼらしい格好で行くなとおじに言ったことがあると私に話したことが
ありました。
私の父は母の隣り村の出身で二人は恋愛結婚でしたが、父の家が平凡な農家
で結婚を反対され駆け落ち同然で東京に出てきたそうです。

私も若いころ佐久・春日城址の青葉山にも登り小さく狭い山城の中にある空堀も
拝見し戦国時代の城は砦のようなものであったというのも実感できました。
岩下家の墓は実家から5分もかからない西方の土手の上に四角い大きめの墓石で
15ぐらいあるでしょうか、すべての墓石名が『岩下甚右衛門』です。
年代は「明和」などの江戸時代の元号ばかりです。

春日城祉から北東方向に歩いて5分ぐらいの丘陵状の上に岩下家はあり、
近くには昔から伝承されている向反館(むかいそりやかた)址もありますので、
これも岩下家と関係があるのではと思っています。

春日城主であり武田氏の信濃先方衆であった依田信蕃(よだのぶしげ)の家臣に
岩下甚左衛門(実家の墓石は甚右衛門ですが)がおり、この人が海野氏の弟系の
流れの岩下氏であるという郷土史家の故市川武治の説明があり、母の実家の
祖先ではないかと思っています。

実家の家紋が岩下氏のと違い「井桁に木瓜」であり、「甚左衛門」と「甚右衛門」の違いもあり、まだ不明な点もあるのですが、自分では母の実家はいろいろな
客観的状況から小県の海野氏の弟系の岩下氏であろうと思っています。

山崎 #- | URL | 2018/05/01 05:23 * edit *

Re: 山崎様へ

ご来城ありがとうございます。

また、ご自身の祖先に対する絶え間なき探求心と調査結果には心より賞賛の拍手を贈りたいと存じますw

数年前までは、「先祖のルーツを探し求めて」という方を多くお見受けしましたが、最近ではめっきり少なくなりました。
少子化、核家族化の影響でしょうか・・・

二世代や三世代同居が当たり前だった昭和の末までは、爺さん婆さんが一家団欒の席上で子や孫たちに地域や家の歴史を語り継いだものですが、核家族となった今では、その機会すら永遠に訪れる事はないのでしょう。
残念な事ですが、この風潮を止める事は叶わず、自身の出自に興味を持つ方も衰退していくと思われます。

話は本題から逸れましたが、春日城は当初滋野系の春日氏の居城でしたが、佐久の大井系依田氏により攻め滅ぼされたようです。その後、依田一族の芦田城主となった依田氏の持ち城として存続し、武田統治下では依田信蕃が信濃先方衆として活躍しました。

滋野一族の会田岩下氏についてはブログで記載した通りですが、芦田城から春日城へ本城を移転した依田信繁の配下となった岩下氏の詳細については未調査であり、お答えできるだけの資料はございません。申し訳ありません。

何か発見がございましたら、またお知らせ頂ければ光栄でございます。

らんまる #- | URL | 2018/05/02 22:09 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/65-f12ad34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top