FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0705

水の手城 (リテイク 上田市東内)  

◆2010年の心残りを2015年にリベンジして、2018年ようやくお披露目となる◆

今思えば、初心者の頃は険しい山城に挑む時、気力だけではカバーできない現実を思い知る事が多々あり、数多く挫折してきた。

体力ももちろんだが、積み重ねた経験値が何よりも重要なファクターなのだと最近つくづく思うのである。
といっても、年を重ねれば体力的に到達が困難な山城があるので、行けるうちに行かないと後悔するという矛盾もある・・・(笑)

でもね、あの頃の山城に対する情熱は今の比ではなかったと懐かしくさえ思う・・・「好き」を続ける事は難しい・・・(汗)

今回リテイクしてお届けするのは、駆け出し故の激しさで体力配分を間違えて自滅した水の手城である。

水の手城2 (1)
鳥羽城の攻略後に水の手城へ。途中で足の筋を違えてしまい、苦痛に顔を歪めながらの攻略となってしまった・・(汗)

水の手城2 (3)
A地区の最初の段郭。連郭式で削平も甘く年代もかなり古く、初期の水の手城の姿である。

【立地】

依田窪地区を流れる依田川水系の内村川の左岸、東内の富士嶽山(1034.3m)から南東へ延びた尾根上に水の手城がある。この山は急峻な岩山なので、東尾根筋から登る。

水の手城見取図①
城域は広く、4区域から成る。随時拡張されていったと見るべきであろう。

【城主・城歴】

「長野県町村誌」に「和子組 子の方(北)四町山上にあり。東西十五間、南北十間塁址あり。東に古井ありて四時水を湛ゆ。西に大堀切一条あり。深さ一丈八尺、北は峻険歩を進め難し・・・」とあり、城歴についてはふれていない。

水の手城2 (7)
スミマセン、堀切㋐ではなくて㋑でした・・・(汗)

水の手城2 (9)
A地区最終の郭。周囲は岩場で囲まれている。

【城跡】

ここは宮坂武男氏の解説に従い、A・B・C・Dの四区画に分けて見てみよう。年代順に拡張していった経緯が読み取れる。

●A地区

東尾根の先端で三方は急斜面で人を寄せ付けない。二条の堀切を認めるが、郭の削平は曖昧。西端の岩盤で囲まれた高所が往時の主郭であろうか。ここからB地区に行くには岩盤北側の斜面を慎重に移動しないと辿り着けない。

水の手城2 (10)
A地区の最高所から見る鳥屋城。居住区間というよりは物見の部類であろう。

●B地区

堡塁1・2の二つの岩峯と沢筋の平地郡で構成される。堡塁2の背後に二ヶ所大きな平場があり、居住区と推定される。今回は足の故障で探索を断念したが、沢筋に湧水場があり、これが水の手と呼ばれ城の名の由来であろうか。

水の手城2 (13)
A地区からB地区への移動は滑落の危険があるので神経と体力を使う。北側の斜面にう回路があるが獣道である。

水の手城2 (15)
「こんな山の中で何やってんだろうオレ!」・・・自問自答は毎度の事である・・(笑)

水の手城2 (17)
堡塁1。さて、この急斜面を満身創痍でどうやって登れというのか・・・(汗)

水の手城2 (23)
堡塁1から眼下の国道254号線。

水の手城2 (25)
堡塁2に続く尾根筋。西側の居住区(逃げ込み城)の物見であったと想像される。

水の手城2 (29)
B地区の西側の居住区。2010年はここで矢尽き刀折れたのである・・・(汗)

水の手城2 (30)
恐らく沢筋から上がったこの尾根筋(B地区とC地区の境)は古道が走り「乗り越し」であったと思うがどうであろうか。

ここで右足が悲鳴を上げていたが、騙し騙し未だ見ぬC地区・D地区へ・・・・・・・・・・・・・・・辛かった・・・・・。


●C地区

水の手城の中心部分である。主郭の東下に石積みで補強された段郭を置き、主郭は28×11の楕円形で南側に虎口が開く。背後は二重の岩盤堀切が遮断。一条目は北側斜面に竪堀となり下る。オーソドックスな作りだが三方の傾斜が厳しいのでこの程度でも充分な防御力がある。

水の手城2 (35)
岩盤で屈強に補強された主郭手前の段郭。

水の手城2 (37)
主郭から見下ろした段郭。その先には内村川流域の旧丸子町の市街地が広がる。

水の手城2 (38)
5年越しのリベンジで辿り着いた水の手城の主郭(28×11) 後方に土塁が確認できる。

水の手城2 (40)
主郭背後の岩盤二重堀切。足の痛みを忘れる一瞬がここにありますw

水の手城見取図①
再度見取図を掲載しておきましょう・・。

水の手城2 (49)
この城域最大の堀切㋒。上巾9mの圧巻の岩盤堀切。

水の手城2 (56)
堀切㋓。上巾3mだが、堀切㋒のサポートなのでこの程度でも機能する。

●D地域

尾根に居住空間を新たに築いたとは言い難く、退路の確保を行うための戦闘空間であろうか。特に堀切も無いので、主郭の後詰めの兵士を置いたようでもある。或いは櫓台でも置いたのであろうか。

水の手城2 (63)
D地区の郭。

水の手城2 (64)
郭の中央にある櫓台跡。

水の手城2 (66)
D地区の西側は堀切など無く尾根伝いで地山に続く。

水の手城2 (4)
水の手城のリベンジには鳥羽城に引き続き「ていぴす殿」にお付き合い頂いた。(写真はA地区)


≪水の手城≫ (みずのてじょう)

標高:900m 比高330m (C地区)
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市東内和子
攻城日:2015年3月15日 
お勧め度:★★★☆☆ 
城跡までの所要時間:45分  駐車場:無し
見どころ:景色、堀切、土塁、郭など
付近の城跡:鳥羽館、鳥羽城、鳥屋城など
注意事項:ある程度の体力と技術、山城踏破の経験値は必要。岩盤剥き出しのため尾根の北側をトラバースするので滑落注意。
参考書籍:「信濃の山城と館③ 上田小県編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)、長野県町村誌など
SpecialThanks:ていぴす殿

水の手城2 (75)
西内郵便局付近から見た水の手城の遠景。

スポンサーサイト

Posted on 2018/07/05 Thu. 21:59 [edit]

CM: 13
TB: 0

« 城山 (北佐久郡軽井沢町峠町)  |  駆逐艦 涼月 (AOSHIMA製) »

コメント

水の手と鳥羽を落として満足しました。

どわー、鳥羽城に行ってから水の手城に行ったんですかー。。

とても恐ろしいです。私は、水の手から鳥羽に行ったんですけど、逆だったら登りきる自信が無いです。

とはいえ、チャレンジするには、やはりこの組み合わせになってしまいますよね。。

清之介 #- | URL | 2018/07/05 22:33 * edit *

Re: 清之介様へ

我ら信濃先方衆、険しい山城をラストに設定するという悪しき習慣がありなかなか改善がすすみません・・・(笑)

鳥羽城も水の手城も中途半端で終わったまま5年も放置していたので、3年前に攻略してダイジェストでブログに載せたものの、個別の記事のアップが面倒でようやく今回お披露目となりました。

貴殿の行動力も凄いですね。体力が下降線をたどる一方の小生には真似できないものです・・・夏は古墳とダムで遊んでます(笑)

らんまる #- | URL | 2018/07/06 07:43 * edit *

私もこの城の記事を書こうかと思っていたところで
とても面白く読ませていただきました。

写真を拝見してびっくりしたのですが
とても険しい山なのに
止め山のビニール紐があったのですね。
きのこシーズンは止め山を迂回するのも
大変ですよね。地図に載っていませんし・・。


丸馬出 #- | URL | 2018/07/08 07:33 * edit *

Re: 丸馬出様へ

この山、残念ながら前回も今回も荒れ放題で立ち枯れしている樹木も多く山自体が禿山になるのは時間の問題でしょうか。
松くい虫の被害も甚大で、松茸を期待しても無理でしょうね。

その昔、葛尾城の登山途中の松林で止め山のビニールテープを張っている地主さんにお会いした事があります。鳥屋山砦とか尼巌城は危険な有刺鉄線でした。ビニールは自然に還るものではないので撤去しない限り未来永劫残るのに、どうするのでしょうか?

名も無き山城はともかく、丸子城や真田氏山城群の整備は地元任せでなく行政主体でお願いしたいものです。

らんまる #- | URL | 2018/07/08 19:23 * edit *

No title

初めまして

らんまるさんの2013年の高木城にコメントさせていただきました

高木 #- | URL | 2018/07/17 23:22 * edit *

Re: 高木様へ

コメントありがとうございます。

下諏訪の高木城の記事は2015年でしたが、コメントは何処に投稿されたのでしょうか。
ブログ拍手も探してみましたが見当たりません。

またお越しになるついでがございましたら教えてください。

らんまる #- | URL | 2018/07/18 07:43 * edit *

No title

らんまる様

すみません。私もどこにコメントしたのかわからなくなってしまいました

私の祖父の祖父の祖父の・・・早い話が、私の祖先が住んでいた城だと思います
私の父から聞いたとこによると、織田信長との戦に負けて、八王子の宇津木に逃げたとのことです

中央高速八王子インターそばの高台に祖父の屋敷がありました

その辺りは「高木」性ばかりが今でも住んでおります

高木 #- | URL | 2018/07/18 19:46 * edit *

Re: 高木様へ

お手数お掛けしました。

そうでしたか、おそらく甲州征伐の際に降伏することなく一族の再起をかけて八王子に疎開されたのだと推察いたします。
確か松本市四賀地区の会田一族も天正壬午の乱で本家は滅亡したものの、分家は八王子周辺に逃げて生きながらえたと聞き及びます。

諏訪地区一帯は早い段階で信玄により侵略・統治され諏方惣領家も勝頼が継いでいるので、周辺の国衆の武田家に対する忠義は他の地区の信濃国衆とはかなり温度差があったと思われます。


高木家のルーツ、是非調べてみてはいかがでしょうか。高木城も含めて諏方周辺の山城探訪もお勧めですw

らんまる #- | URL | 2018/07/18 21:15 * edit *

No title

らんまる様

早速のお返事ありがとうございます

祖父が、数十年前に専門家に依頼して家系調査していたみたいで、その成果物の資料を観たことがあります

先ほど実家に確認したところ、家系図の最初の名前は高木兵衛昌安だそうです

何故、今回、私がコメントしたかといいますと、たまたま「そういえば、父親が諏訪町に高木城があった!家系図がどうのと言ってたな」と、ふと思い出して、ネットで検索していたところ、らんまる様の記事を拝見した次第でございます
こんど、時間があったら、訪ねてみたいと思います

父から「高木城跡は保育園か幼稚園になぅってる」
と、聞いていましたが、らんまる様の調査で山の上ということがわかりました
早速、父にらんまる様の調査を転送させていただきました

ありがとうございます

ちなみに、家系図の頭にある氏名は高木兵衛昌安だそうです

私は城には、そこまで興味ありませんでしたが(少しはありました)、今後は興味を持ちたいと思います

諏訪町、茅野市は、私が昔にボーイスカウト時代のキャンプ地、奥さんとのデート地でもありますので

高木 #- | URL | 2018/07/18 21:36 * edit *

No title

お陰さまで、この件について八王子に住んでいる両親と、いろいろやり取りさせていただいております

久しぶり電話をして声を聞くことが出来ました

有り難うございます

高木 #- | URL | 2018/07/18 21:43 * edit *

Re:高木様へ

追伸とご報告ありがとうございました。

以前は、定年過ぎになるとご自身の家のルーツ探しに取り組まれる方や家系図の作製に没頭する方を多くお見受けしたのですが、最近はそのような趣味を持つ方は極めて稀有な存在になりつつあります。

父親なんて煙たい存在であることは昔も今も変わりありません。
小生も三人子供がいて、孫も4号まで数えるのですが歴史好きは未だ現れず苦悶の日々です・・・(笑)

そんな事はさておき、貴殿がご自身の家系について興味を持たれて、それがきっかけでご実家と再び連絡を取り合う形になった事は大変嬉しく思います。

こんなどーしようもないブログが家族の絆を繋ぐお役に立てたとしたら、願ったりかなったりです。

ご報告ありがとうございました。ほっこり出来ました・・・。

らんまる #- | URL | 2018/07/19 00:13 * edit *

水の手はどこにあるんでしょうね。

らんまるさん、お久しぶりです。久太郎です。
暑中お見舞い申し上げます。

久太郎は今ようやく安寧の時を迎えております(笑)。
・・かと思ったらこの暑さ・・。
らんまるさんもご自愛いただき、無理をせずこの夏を凌ぎましょう!
(お前に言われたくないですよね)

さて、水の手城、名前をきくだに、涼しそうでしたが、攻城記は汗まみれッて感じですね。でも遺構はしっかり残ってますね。
私は岩盤が素材の城の見学って結構好きなんです。
普請してて必ず行き詰る箇所が何ヶ所かあると思うんです。
でもそこをなんとかして造成していく涙ぐましい、いや、たくましい根性が
見受けられます。掘った石ころを強引に石垣にしちゃったり、巧な技があったりしますよね。
しかも上巾9mの大堀切なんて凄いですね!よく堀切りましたよね!しかも二重堀切なんて、無謀です。土橋ではなく、石橋ですもんね。

昔の人は凄いです。改めて感心します。
そしてその址をつぶさに調査されるらんまるさん一行は、さらにスゴイと感心いたしております。

次は水の手城、城名の由来と思われる「発見!湧き水の位置!」を楽しみにしております!(笑)


久太郎です。 #- | URL | 2018/07/23 19:01 * edit *

Re: 久太郎様へ

あっ、対馬の「風と共に去りぬ」の名優の久太郎さんじゃないですか!さすがの猿飛の為せる技に感嘆しておりました。

ご指摘の通り、給水のチェックポイントと山城の水の手のチェックは厳しいものがありますネ、さすがです・・脱帽です・・(笑)

長野県には「特選、岩盤堀切を愛でる会」で推奨されている堀切を装備した山城がたくさんあります。

特にお勧めは東信濃の村上連珠砦(虚空蔵山城)の中の「ケムリノ城」でしょうか。バックホーもブルドーザーも削岩機も無い戦国時代に、どうやったらあの険しい山の中腹に幾多の恐ろしく巨大で険阻な岩盤堀切を造成できるのでしょうか・・・。
きっと現代ならパワハラで訴訟必死の土木工事だと思われます・・・(笑)

対馬の清水山城いいですね。信濃でたくさん見られる「積石塚古墳」を思い出しました。たしか積石塚古墳は朝鮮からの帰化人が伝えた技術様式だったと記憶しています。対馬は朝鮮半島との交易の窓口だったので、あちらの技術も持ち合わせていたように思いますがどうでしょうか。

らんまる #- | URL | 2018/07/23 21:51 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/929-2e8ab425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top