らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0317

信濃先方衆はこれからも険しき山城に挑み続ける  

◆「上田・小県編」のラスボス「馬伏城」の攻略に挑む(速報)◆

今ではその「比類なき働き」で、信濃の険しい山城攻略の相方となった「ていぴす」殿との出会いは2012年7月の事であった・・・。

お互い基本的には単独行動を基本としているが、難儀な山城へのアタックは同盟軍として相互補完し幾多の困難を切り抜けた。

その戦歴の中で最たる山城は、日本最高地の山城 楡沢山城 であり、次はまだ記事にしていない「仁熊城」(にゅうまじょう 筑北村)。この山城へは道が消滅しているので、辿り着けただけでも奇跡に近いという有り様だった・・。

仁熊城(筑北村) (8)
村役場の教育委員会の立てた標柱は全く違う場所だったというオマケ付きの仁熊城。(2016年11月)

さて、今回我ら信濃先方衆の2018年再始動は「馬伏城」(まぶせじょう 上田市塩田)と決まった。

もはや仙人の領域に達している宮坂武男氏も、この城からの期間途中に命の危険を感じたという曰く付きの山城である。
そのような険しく人を寄せ付けない山城に辿り着けるのか・・・・このことであった。

馬伏城 (52)
あそこが馬伏城の物見と知ったのは下山してからのこと。本隊は物見の裏側になるので見えない。

下見もせずにぶっつけ本番はいつもの事(笑)

あるはずの林道は廃道となり倒木で迂回させられるし、登る沢を間違えてUターンするわ、川底に古道が消えて万事休す。

「ならば直登しますか・・・(汗)」

馬伏城 (50)
この尾根を転がりそうになりながら直登。雪解け後なので、スパイクピン付きゴム長でなければ不可能な直登でした・・・。

尾根の先は岩盤で塞がれている・・・次の沢をトラバースしても突き当りは強靭な岩壁が行く手を遮る・・・。

「万事休すか・・・・・・・・次の沢を越えた尾根先がダメなら諦めるか・・・・」

我々は、佐久の高棚城と笠原城の攻略を思い出し戦慄した。

「入口は限られた場所だけ。」

そう、まさに逃げ込み城とはそういう条件を満たした閉鎖的空間なのだ。

三つ目の沢の獣道を斜面の草木につかまりながら這うように登る。

我々は息絶え絶えに岩盤の隙間の鞍部に辿り着いた。そう。ここが馬伏城の入口だったのだ!

馬伏城 (3)
恐らくこの鞍部だけが城域に入れる狭き関門のようだ。

馬伏城 (10)
巨大な土塁を伴う鞍部の削平された郭。

もし、「逃げ込み城」の定義があるとすれば、以下の要件が必須であろうか。

●麓からは見えない
●最低でも一か月は籠れる居住性と水源の確保
●敵が容易に攻め込めない険阻な立地と防御性
●味方の砦との連絡手段が確保できる立地

馬伏城 (9)
馬伏城の本城からは女神岳城のみが見える。

いわゆる「足弱」と記される女性や子供、老人は逃げ込み城の充足要件の定義に入るのだろうか?

峻険な場所に設営された逃げ込み城にどのように入ったのか全く想像が出来ない。

現代人の生活と単純比較してはいけないにしても、この場所に「足弱」が籠れるのであろうか???

馬伏城 (13)
北向きの沢は数段の削平地があり、籠城時の空間が確保されている。

筑北村の仁熊城は、立地条件も縄張も馬伏城によく似ている。

そう、これらの逃げ込み城をみて分かった事は、「当主は、絶対に生き延びなくてはならない。死んではいけない」・・・この事であった。

侵略軍に老人が殺されようと、女子供が略奪されようと当、当主(家名)の存続は絶対なのである。

馬伏城 (14)
人工的に削平された段郭。

天正年間、真田昌幸の統治に不満を持ち反旗を翻した土豪の斎藤氏は、女神岳城を新たに築城して立て籠もり、馬伏城を万が一の際の逃げ込み城として整備したと伝わる。
その後、昌幸の命を受けた長男信幸が女神岳城に籠る斎藤氏を攻めて降し、反逆の罪を赦し自分の家来として登用したという。

そんな訳で、馬伏城が歴史の大舞台に登場する機会は無かったものの、斎藤氏にゆかりのある山城という事は伝承として残ったらしい。

twitterで馬伏城については攻略当日に現場実況中継としてお披露目しました。
すると、次回はブログ記事として掲載し、攻略方法等についての記載をお願いしたいという要望がありました。

が、ここは難易度がかなり高いのでお勧めしません。

当日は城跡で猪(イノシシ)にも遭遇して事なきを得ましたが、あの巨体で突進されたらマジでやヤバかったと思っています。
※親の後を必死で駆けて行った「うり坊」は可愛かったのだが・・・(笑)

常々注意喚起しておりますが、中世城郭探訪の趣味が「命懸け」の趣味になってはいけません・・・・。

千ヵ所を越える山城探訪の経験はあっても、常に初心は忘れないように心がけてしますw

まあ、皆さんが忘れたころに記事にしようかと思っています・・・(笑) ってか最近全く更新してません・・・・(汗)

馬伏城 (44)
宮坂氏の図面には無いが、馬伏城の北側には物見砦と断定できる素晴らしい郭が存在しますw

馬伏城 (2)
ここもGPSアプリが無いと厳しかったでしょうネ。
スポンサーサイト

Posted on 2018/03/17 Sat. 22:17 [edit]

CM: 2
TB: 0

1022

西牧氏終焉の地という幻の「殿様小屋」の遺構を求めて  

◆前人未到の伝説の地に果たして遺構は存在するのか?◆

朝廷に良質な信濃の馬を献上する牧場経営の手腕に優れた東信濃の海野を拠点とする滋野一族(嫡流は海野氏・祢津氏・望月氏)は、上野国や筑摩・安曇野にも一族が「牧」を作って進出し隆盛を極めたという。

深志・安曇野方面に進出した滋野氏の傍流としては、光城の光氏、塔ノ原城の塔ノ原氏 会田虚空蔵山城の会田氏・岩下氏、北条城の西牧氏あたりが土着した豪族として名を残している。

今回、我ら信濃先方衆が目指したのは、梓川流域を支配しながら、時の権力者であった小笠原氏によって排除された滋野氏系の西牧氏最期の拠点となった「殿様小屋」である。

【さて、行きましょうか】

稲核集落に車を止めて、我らは梓川の対岸を目指します。ここで、思いがけない事実に茫然自失となります。

IMG_2825.jpg
殿様小屋に向かうには、稲核集落から梓川に架かる吊り橋を渡る必要があるのだが、床板の木が腐っていて通行禁止。

ダム湖を横断する吊橋は、かなり頑強にみえるのだが、肝心の床板は所々欠けてボルトも腐食し「自己責任」。

欄干につかまりながら何とか半分まで渡りかけたものの、「死して屍拾うものなし」という格言に恐れ慄き撤退する。

IMG_2821.jpg
一見何の変哲もなさそうな吊り橋だが、昭和四十年代の開通以降、何のメンテナンスもしていないので、ヤバ過ぎ。

IMG_2823.jpg
この高さから落下して生きて帰れるとも思えないし・・・(汗)・・・撮影してる自分も可笑しいでしょ・・・(汗)

IMG_2822.jpg
「この橋渡るべからず」なので、橋の端を慎重に戻る「ていぴす」殿。鉄骨の無い橋の中央は腐った枕木を踏み外せば「サヨナラ」。

「安全は全てに優先する!!」 我ら信濃先方衆のスローガンでもある。

IMG_2828.png
この場所で撤収を決意したのはいいが、対岸に渡る方法はあるのだろうか?

【水殿ダム経由でトライしてみた】

吊り橋の下流にもう一本対岸に渡る橋があるようだが、対岸の道路が破線表示されているので、まともな道では無いのであろう。
なので、上流側に設置された水殿ダム(みどのだむ)の管理道路が通れることを信じてトライしてみた。

IMG_2829.jpg
水殿ダムはアーチ式コンクリートダムで、安曇3ダム(奈川度・水殿・稲核)の中間を担うダムである。

IMG_2832.jpg
ダムの下流には、先ほど顔面真っ青になりながら半分まで渡った吊り橋がよく見えますw

IMG_2835.jpg
水殿ダムのダム湖。

IMG_2840.jpg
中世城郭ファンの中には隠れダムファンも多く、小生もその一人だと思われる・・(笑)

IMG_2848.jpg
高さ95.5m。ダムの直下に発電所4基を設置したため、洪水吐き(放水口)は右岸にスキージャンプ式を設置した珍しい形式だ。

IMG_2846.jpg
スキージャンプ式の洪水吐き。放水される場面を見てみたいものですw

おっと、いかんいかん、ダムを熱く語る記事になっておるではないか・・・(汗)

梓川の安曇3ダムについては、また取材もかねて別の機会にご披露を・・・えっ、いらないの?・・(笑)


【栃沢入口を見張る砦に遭遇】

水殿ダムの上部は遊歩道として開放されていて対岸にも渡れたのである。かつては、我々が断念した吊り橋も含めて周遊出来る遊歩道だったらしいが、訪れる人は釣り人ぐらいで廃れてしまい。東京電力は周辺の歩道整備を放置したようである。

IMG_2851.jpg
左岸の遊歩道は時々ダムの堆積土や流木の廃棄場所への作業道として使われる程度で、廃道に近いものだ。

我々は水殿ダムから左岸の廃道を15分ほど歩き、栃沢への入口の尾根に着いた。かつてはこの辺りの集落の生業は「杣」(そま)であり、林業を中心とした生活で山と共に暮らしが成り立っていたので、かなり深い沢や険しい山の斜面にも道が入っていたと推定される。

IMG_2852.jpg
栃沢に存在すると言われる「隠れ小屋」「殿様小屋」への登り口。看板が怪しい光を放つ異様な光景である・・・(汗)

かすかに残る杣人(そまびと)の残した栃沢への道を少し登ると、明らかに人工的に手を加えた削平地と土塁が出現した。

「なるほど、これが西牧氏が急造した栃沢の見張小屋(仮称)かもしれない・・」 宮坂武男氏もここの遺構には触れていない。

IMG_2854.jpg
中央を石積みの登り土塁で区分けされた平場。小屋掛けが十分可能なスペースが二つ存在している。

IMG_2856.jpg
往時のものかは判断が難しい石積み。

IMG_2858.jpg
石積みは土塁状となって削平地を遮断しているのが分かる。

周囲の雑木林を伐り払えば、南向きなので小屋掛けに適しているし、栃沢への侵入を見張るにも最適の場所である。
断定することは避けたいが、ここに西牧氏が砦を作って小笠原氏の残党狩りに備えたとしても不思議はない。

しかし、この先は藪が酷くGPSの受信もままならない状態で2時間近い藪漕ぎ登山は遭難の危険大と判断し、11月に再挑戦ということで撤収を決定した。

IMG_2890.jpg
稲核集落から見た殿様小屋方面。

果たして次回我々は、西牧氏が捲土重来を期し、最後に籠ったという「殿様小屋」の場所を特定することが出来るのだろうか?

それよりも、果たして我々は生還することが可能なのであろうか・・・・(汗)

IMG_2959.png
我々が探し求める殿様小屋はこのあたりと推定されるが、誰も行った事が無いので不明のままである。


【おまけショット】

最初に渡れずに途中で引き返した吊り橋の左岸の風景を撮影してみました。

IMG_2864.jpg
渡れそうなんですが・・・やめてください。

IMG_2862.jpg
一休さんのとんち問答ではありませんので、「真ん中」はもっと危険です

水殿ダムの左岸には釣り人用の「水殿隧道」(トンネル)があり、その先に中山橋という吊り橋があります。この吊り橋は辛うじて補修されているので渡れますが、それでも十分に注意していただくと、絶景とスリルが味わえます。

IMG_2843.jpg
ここからトンネルに入ります。(水殿隧道)

IMG_2866.jpg
トンネルを抜けると中山橋(吊り橋)が見えます。

IMG_2872.jpg
この吊り橋は補修されてある「はし」(端)を歩かないと危険です・・(笑)

IMG_2880.jpg
所々に穴が開いているので気を付けましょう!

IMG_2873.jpg
橋の上から水殿ダム方面を撮影。

IMG_2875.jpg
橋の上から水殿川を撮影。この川の上流に徳本峠があり、そこを越えると上高地に通じます。

IMG_2881.jpg
10月下旬から11月上旬あたりが紅葉に染まるのでお勧めですw

IMG_2841.jpg
水殿ダムから見た中山橋。

●訪問日:2017年10月9日








Posted on 2017/10/22 Sun. 11:56 [edit]

CM: 8
TB: 0

0907

松田館(千曲市八幡 長野県宝指定)焼失の衝撃・・・  

◆未来に語り継ぐべき貴重な遺構が人災により焼失◆

朝起きて、何となくtwitterをチェックしていたら、平山優先生の「衝撃的なニュースが!長野県千曲市八幡にある歴史的な神主屋敷「松田館」(長野県宝)が焼失。・・・・・・・後略」

「???」 まさか、冗談でしょ・・・。

ネットの動画ニュースで、紅蓮の炎に包まれ焼け落ちる「松田館」を見て、茫然自失。 なんてこった・・・(涙)

全国版のテレビでも取り上げられていた。信じたくないが、事実であった。

松田館 (44)
今年3月の見学会で公開されたときの母屋。今回の火事で跡形もなく焼け落ちてしまった。

来年には修復工事が終わり、一般公開予定だったという。

小生は、今年の三月に一部公開の時に見学させていただいたが、結局、その時が最後の見納めになってしまった・・・。

詳細は⇒「松田館2」を参照ください。

9月6日午後7時頃に出火し、約3時間半後に消し止められたが、県宝の主屋と斎館など四棟を焼失。出火原因は警察と消防で調査中だが、出火当時、ハチの巣の駆除を千曲市より委託された男性が敷地内で火を使って除去作業をしていたという。

松田館 (11)
永遠に見ることが出来なくなった儀式のための湯殿。(主屋)

自然災害による倒壊ならば、仕方がないと諦めもつくだろうが、完全な人災である。未然に防げた事故である。

ご覧の通り、主屋はほぼ全面が茅葺(かやぶき)の屋根。火を付けたらどうなるかなんて、子供でも分かりそうなものである。

千曲市の管理監督もお粗末で、税金を5億円近く投入した史跡整備事業だということが全く周知徹底されていない。

所詮は他人事。この御屋敷の価値を認識していた方が果たして何人いたのか?消火栓、スプリンクラー、放水銃など、最悪の事態を想定した防災設備があれば、延焼は喰い止められたかもしれない。今となっては後の祭りである。

【火災後の松田館】

いても立ってもいられず、昼休みに現地へ飛んでみた。

松田館 (87)
在りし日の松田館(今年3月撮影)

IMG_2638.jpg
焼け跡の遠望。新調された土塀の向こうにあるはずの主屋も斎館も見えなかった。

木材の焼け爛れた臭いが、道路を隔てた武水分神社まで拡散して、炎の激しさを物語っている。

警察・消防の現場検証が続き、冠木門・長屋門は固く閉ざされキープアウトテープでシャットアウト。報道陣も何社か門の前で待機している。

僅かに開いた冠木門(松田邸正門)から、ワンチャンスで撮影を試みた。

IMG_2628.jpg

IMG_2632.jpg
正門の正面の斎館。ああ、なんという姿に・・。

IMG_2633.jpg
商売柄、お巡りさんとか消防士さんとかは平気なのですが、さすがに緊張してパチリ。

残念ながら、主屋は敷地内に張れないので撮影出来ず。なんかねえ、無性に悲しかった。

IMG_2634.jpg
神主の松田さん宅は斎館の隣でしたが、辛うじて延焼の難を逃れたようです。ホッとしました。

IMG_2623.jpg
長屋門の奥に主屋の焼け爛れた残骸が見える。あの雄姿をもう見る事は出来ないのだ。

IMG_2635.jpg
主屋の茅葺屋根の燃え残りの拡大。二百年以上風雪や雷、戦災にも耐えてきたのに、一瞬で消え去るとは。

IMG_2637.jpg
辛うじて骨格と屋根が燃え残った斎館(南側道路より撮影)

●今回焼失した主な建物

 名称:長野県宝「松田家住宅主屋」(まつだけじゅうたくおもや)

 指定:平成16年11月22日
 概要:主屋の建築年代は不明だが、建築部材の仕上げや建物の特徴から18世紀代の建築と推定される。
     19世紀前期に現在のように改造されたものと考えられる

 建物の特徴として、間口十二間語釈、奥行四間の細長い木造平屋建、茅葺(かやぶき)の建物で、間口中央から斎館に向かって 凸字形に突き出した平面形となっている。
 主屋の平面は、前後に五室が並ぶ形式で、土間が表から裏まで通る一般の民家とは異なった間取りとなっている。天井が低く、  差鴨居(さしがもい)や長押(なげし)を用いない武家住宅のような趣がある。

 名称:松長野県宝「田家斎館」(まつだけさいかん)

 指定:平成26年2月28日
 概要:文久元年(1861)に再建された間口7間、奥行3間半の寄棟造の建物で、神殿が設けられた儀礼を主に行った。
    現在も9月14日の仲秋祭や大頭祭の頭殿さんの出達儀式の場として使われている。

松田館 (6)
もう見る事の出来ない主屋の屋根。

私たちは、先代の人々が命懸けで守り続け、未来の子供たちに引き継ぐべく貴重な遺構を、あり得ない凡ミスで灰にしてしまった。

悔やんでも悔やみきれない痛恨のエラーである。

同じ不幸を繰り返さない為にも、今一度皆が全力で文化財を守り抜く誓いを立てたいと思う。



Posted on 2017/09/07 Thu. 22:15 [edit]

CM: 6
TB: 0

0812

美濃国の境目の城 弾丸ツアー  

◆石垣の城の美しさを再認識した田舎先方衆の無謀な旅◆

「高石垣の上に建てられた白壁の塔層建築物に魅せられて・・」

中世城郭ファンのほとんどの方は、近世城郭の趣味からある日突然に「土の城スイッチ」が無造作に入り転じたものだと推定されます。残念ながら、きわめて明確で明朗な基礎を含めた建築工作物の趣味が、不完全で曖昧な土木工事の趣味へと移行するのかそのメカニズムは明らかになっておりません・・・・(汗)

そんな過程で土の城に魅せられた我ら信濃先方衆ですが、「石垣の城を愛でる」という原点回帰の弾丸ツアーを実施しました・・(笑)

IMG_2202.jpg
美濃を代表する美しい石垣の要塞「苗木城」。

【何故弾丸ツアーになったのか?】

5年もコンビ組んでる信濃先方衆ではあるが、納涼会を一度もやったことが無いので、この夏は泊りがけで開催しましょうという話になり、塩尻市の「信州健康ランド」で予約。温泉に浸って飲み会だけってのもアホらしいので、当日何処か城攻めしますか、という話になった。高速道移動で行けて18:00までには帰還出来る遠征場所ということで、奥三河か美濃が候補となり、最終的には美濃となった。

IMG_2225.jpg
十年ぶりの岩村城。相方の「ていぴすさん」が未訪との事でリストに加わった。

美濃といっても広く、候補としては信長公入城450年祭りと山麓居館跡の発掘調査を行っている「岐阜城」、先日の大雨で天主の鯱が落下して破損した状態が今しか見れない「犬山城」、小生のハンドルネームのルーツである森一族の「兼山城」、城館一体型で遠山の金さんヨロシク「明智城」、美濃に来たらここは外せないと評判の「苗木城」、織田軍の岩村城攻めの前線基地「小里城」。

IMG_2271.jpg
恒ちゃん(池田恒興)が設計・普請したという未完の不等辺五角形の小里城山城天守台。未完のままで放置され現在に至る。

最近ブロ友として友好条約を締結した美濃国在住のお城ブロガー「久太郎の戦国城めぐり」の管理人である久太郎様にアドバイスを求めたところ、苗木城を起点とした場合、移動距離と時間に難があり、特に岐阜城、犬山城、兼山城は再考を要し、明智城はこの時期は藪に覆われているので外すのが賢明との回答でした。

そこで、我ら信濃先方衆、弾丸ツアーの行く先として検討に検討を重ねた結果、「苗木城」⇒「岩村城」⇒「小里新城」⇒「小里城」⇒「小里城山城」⇒「鶴ヶ城」⇒「信州健康ランド」と相成りました・・・(笑)

IMG_2264.jpg
小里城の麓の居館跡の重厚な虎口。

準備万端で意気揚々と出掛けた当日、朝8:30には苗木城に到着。そこまでは良かったのだが、あまりの素晴らしさに感動してしまい、城域を端から端まで十分に堪能した挙句に歴史資料館まで見学するという暴挙に出て11:00まで滞在。次の岩村城も中世の山城の遺構を探索し資料館まで見てしまい昼飯食べたら14:30という有り様。小里城山城は比高約180mをイッキに登り16:00に離脱して宴会場の信州健康ランドへリターンし18:00には現地着。

「何やってんだ、俺たち・・・・」(笑)

IMG_2282.jpg
まあ、時にはスケジュール通り行かない事もあるさ、と乾杯!(爆)

次の日は予定してなかったのですが、せっかくなので近世城郭続きの縁で松本城へ。外堀の発掘調査現場も見学しました。で、何年かぶりで天主閣まで登りましたよ。

IMG_2292.jpg
改めて真面目に見ると、松本城の連立天主閣の美しさには脱帽ですw

最初に飲み会ありきという設定だったので、美濃国への遠征はかなり無理がありましたが、久々の石垣の城には感嘆しきり。
石垣に魅せられなければ、土の城への切替スイッチONも無かったんだろうな・・なんて改めて思います。

分かっていてもスタンプラリーが出来ない体質の信濃先方衆・・・・それはそれで妙に納得しておりますw

IMG_2201.jpg
苗木城の天主台から見下ろした大矢倉。城フリークにしか理解できない言葉にならない造形美がそこにありました。

今回の訪問先が記事になるのはいつでしょうか?お約束など出来るものではございません・・・(笑)

Posted on 2017/08/12 Sat. 23:03 [edit]

CM: 4
TB: 0

0611

只今、勉強中につき・・  

◆聖徳太子じゃあるまいし、同時に色々とキャパの無い頭に詰め込むのは無理かと・・◆

「知ったかぶり」が良くないのは当然なのだが、同じように勢いに任せて何の予習も無しに城址巡りをするのはどうかと思う・・(汗)

さりとて、中世城郭や在地国衆・武家に関する専門書はなかなか高くて、小遣い削る程度の覚悟では到底追いつけない散財であるのも事実であろう・・・。

だが、それでも「武士は食わねど高楊枝」の志を持ち、この趣味に邁進するのが平民の心意気であろうか・・・(笑)

信濃小笠原氏①

信濃の室町時代~戦国時代を語るには、信濃の守護であった小笠原氏を知っておかねばなるまい。しかし、この一族、意外と知られていないケースが多いのも事実であろう。

井川城①
府中小笠原家の本城は清宗の時に井川城⇒林城へ移したと伝わる。(写真は井川城跡に唯一残る土塁)

IMG_4823.jpg
府中・鈴岡・松尾の三家に分裂した小笠原家は天文三年頃に府中の長棟によってようやく統一された。(写真は林大城)

最終的に、豊前小倉藩、越前勝山藩として生き残った小笠原家の真実に迫る一冊。感想はいかに・・・。

中塔城①
信玄によって駆逐された信濃守護の小笠原長時の最後の籠城戦の舞台となった中塔城。


【障子掘の遺構が発掘によって明らかにされた芋川氏館の真実に迫る】

北信濃の国衆の芋川氏居館(上水内郡飯綱町)の発掘調査は、2002年~2014年まで4回実施されている。その結果、一辺60mの方形館で周囲を上巾8mの堀が周囲を囲んでいたことが判明した。

芋川氏①

そして城館を囲む堀の堀底には「障子堀」が確認されたのである。

芋川氏館①
2014年の発掘調査を受けて新設された現地説明板。

芋川氏②
2004年の第3次発掘報告書。

芋川氏③
東堀の堀底の障子堀の写真の掲載されている第4次発掘調査報告書。

素人の目視による城跡踏査は限界があるが、専門家による発掘調査結果には大抵新しい発見がある。

芋川氏館②
芋川氏居館跡の遺構として残る森家の北西の敷地の土塁に刺さる古い標柱。

芋川氏居館跡については、しっかりお勉強してから記事にしたいと思いますw

IMG_1673.png


Posted on 2017/06/11 Sun. 22:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top