FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1114

第26回 全国山城サミット 可児大会終了!  

◆持つべきは得難い「山城の仲間」だと再認識した二日間の山城サミット◆

前週の山城サミットの上田・坂城プレ大会から間髪開けず、続けて「第26回全国山城サミット可児大会」へ一泊二日で参加する。

来年の本チャンへ向けての視察と、初日の終わりに壇上に上がり次回開催地としての「えいえいおー!!」が有る訳だ・・(笑)

IMG_1998.jpeg

【初日】

数年前から、学術的研究とか史跡保存と地元民による整備の課題と称して活動してきた山城サミットが、最近は客寄せパンダ的な一大イベントで終わる傾向に対して最近は苦言が多いという。

今回も御多分に漏れず多額な予算計画に対してかなりの補助金を活用して実施され、圧倒的な集客と盛り上がり、お祭り騒ぎという目的は十二分に達成されたと思う。学術的分野と史跡整備、地元との共生に関しては深堀できたのかは疑問符が残る。

IMG_1997.jpeg
会場の外には特設のフードコートが並ぶ。いずれも昼時は長蛇の列であった・・・(汗)

会場内には、日本全国の山城のブースが設置され、現地のPRや物販、その城に因んだ発掘調査報告書や御城印などが販売されていた・・・凄い人数と活気には圧倒され、来年の上田大会は果たしてどうなるのか心配になるほどである。

なかでも小生が立ち止まって観察してのは、美濃金山城の再現ジオラマ模型であった。

IMG_1996.jpeg

twitterでもつぶやいたが、給湯器とかガス炊飯器で有名な(株)パロマに「ジオラマ倶楽部」なんてあるのは知らなかったし、こんな精巧なジオラマ模型を贈呈するとは太っ腹である。聞けば金山城だけでなく、久々利城もパロマ所有の山城で、整備に関しては強力な後援者であると聞く。いやいや、それだけでも充分な企業宣伝広告効果かと・・・・(笑)

山城サミットの可児大会初日は、会場の様子や講演会の内容について見聞するというのが使命でしたが、我ら信濃先方衆としては、空いた時間を活用してブロ友の皆さんと交流を深めるという第二の目的があった。

お昼休みに「久太郎の戦国城めぐり」の管理人の久太郎さん、そして彼の城友の日向さんと初顔合わせとなりました。

お互い初対面なのに旧知の中だったように全く違和感のない会話・・・凄い・・・・これが城好きという共通趣味の為せるマジック!

そして、まさかと思う九州は長崎からの「しんこうの趣味のブログ」の管理人しんこうさんのまさかの会場入りとご対面・・・。

「何もかも捨てて来ちゃいました!!」 そのセリフには、信濃先方衆も久太郎さんも日向さんも救われ、一筋の光が見えた思いでした・・・(爆笑)

【二日目】

美濃衆の久太郎さんと日向さんに現地の山城アテンドをお願いして山城ツアーの始まりはじまり。ここからはダイジェストで。

●美濃金山城 (可児市金山)

IMG_2003.jpeg

サミットの会場から9:00よりマイクロバスの送迎もあり、混雑が予想されたので8:20には先回りして到着したのだが、山城の入口の駐車場には止めさせてもらえず。
ここでは本丸の発掘調査の現地説明が10:00よりあるのでどうしても外せず説明会の始まる前の1時間ほどを久太郎さんと日向さんにアテンドしていただき、マニア向けの見学場所をご案内いただいた。

IMG_2004.jpeg
破城により崩された本丸手前の石垣。

IMG_2014.jpeg
本丸を周回する石積みも上部が人為的に崩されている。(この場所は普段見学者は入らないらしい)

IMG_2023.jpeg
標柱の左奥のブルーシートは発掘調査箇所。

金山城は信長の家臣森可成(よしなり)の居城で、可成亡き後は蘭丸(可成の三男)が城主となり、本能寺の変で蘭丸が討死すると海津城より美濃に逃げ戻った長可(ながよし 可成の次男)が金山城主となり、周辺の敵対勢力を次々に掃討し版図を拡大していく。

IMG_2033.jpeg
鬼武蔵と恐れられた森長可もこの景色をみていたのであろう。感慨深い。

IMG_2048.jpeg
物好き(?)しか訪れないという「左近屋敷跡」。読めなくなっている看板に「バイバイ哀愁デート」を感じる(田原俊彦?・・笑)

sakonn 1
左近屋敷の石垣と久太郎さん。こんな山猿軍団にお付き合いいただきありがとうございますw

金山城の発掘調査現地説明会も無事参加出来ましたが、その参加人数に驚きを禁じ得ない・・・(汗)

美濃衆に聞けば、普段は貸し切り状態の金山城にこれほどの見学者が来訪するのはかつてない山田ウインクかつて無かったそうです。城の遺構が変形しそうな来場者数も考え物かと・・・(汗)

IMG_2071.jpeg
出丸(駐車場)の石垣も必見ですw

●妻木城 (土岐市妻木町)

次に美濃衆お薦めの山城として、妻木城をアテンドして頂いた。この山城は、土岐氏の流れをくむ明智一族の築城と伝わるものの、実際には、明智一族の妻木氏が戦国時代に築城した事が明らかになり、織田方の城として武田に備えるために改修が続けられたようだ。

IMG_2074.jpeg
登り口から少し歩くといきなり現れる堀切。

IMG_2083.jpeg
「伝大手口」とあるが、ここは違うだろうという久太郎さんとの認識は一致。

IMG_2091.jpeg
堀の工事の際に撤去しようとした矢穴の跡が残る花崗岩。

花崗岩の天然巨石が累々と積まれた山での築城と改修工事はかなり難航したようで、特に堀の造成に関しては巨石の撤去作業では断念した矢穴跡や、転がる巨石にも矢穴痕が確認出来る。

IMG_2123.jpeg
天然の防御には違いないが、ドーザーもクレーンも無い時代にこの巨石を動かすのは相当な技術と人員を要したであろう。

IMG_2107.jpeg
本丸の石垣。発掘調査では建物の礎石が確認出来たという。

IMG_2118.jpeg
郭3からは妻木領が一望出来ます。「天下でも取りますか・・・」そんな気にさせる美濃晴れの空・・(笑)

●御殿跡・士屋敷址

妻木城の北麓には「御殿跡・士屋敷址(さむらいやしきあと)」があり、ここもアテンドいただく。最近見学者用の駐車場が整備されたようで、久太郎さんや日向さんもビックリしてました。「麒麟が来る」の効果は絶大なようで何より。

IMG_2126.jpeg

IMG_2129.jpeg
石積で区画された屋敷跡。

この場所は籏本妻木氏の陣屋や家臣の屋敷があった場所で整然と区画された石積、井戸跡が残る。

IMG_2131.jpeg
御殿跡の石段。

御殿跡①
御殿を囲む石積み。

妻木氏は関ヶ原の戦い(1600)に徳川家康に味方し、その戦功により土岐郡内7500石の交代寄合(参勤交代をする籏本)として、妻木陣屋を拡張整備した。しかし、万治元年(1658)領主の急死により後継ぎが無く、妻木氏を断絶となり妻木城は廃城となり、麓の妻木陣屋は取り壊されたという。

IMG_2137.jpeg
御殿跡に残る石組みの井戸跡。

●久々利城

守護大名土岐氏の一族で奉公衆(室町幕府の直轄軍)久々利氏が築城し居城としたと伝わる。
美濃国の国人や山城については全く不勉強なのだが、この城だけは見学しないと後悔すると言われていたので、美濃衆に無理を言ってご案内いただいた。

IMG_2145.jpeg
標柱マニアの久太郎さんに言われて撮影した城址碑。あたしゃそれほどこだわりはなのですが・・・(笑)

IMG_2152.jpeg
本丸の切岸と二の丸の切岸。非常に見易いのだが、ここまで伐木して整備してしまうと、果たしてその後をどうするのか心配。

IMG_2159.jpeg
本丸からの景観。確かに素晴らしい眺めで、ここを訪れた人々は満足するだろう。

初日の山城サミットの講演では「山城からの眺望がその城がそこに築城された理由を物語る・・」というような説明があった。

確かにその通りなのだが、だからと言って、現在の山城整備にそれを求めるのは違うと思う。

郭も、堀切も、切岸も、その役目を終えた山城を五百年の長きに渡り保護してきたのは針葉樹や広葉樹そして、名もなき雑木林である。それらのおかげで我々は遺構をこの目で確認する事が出来ているという事を忘れているように思うがどうであろうか?

IMG_2164.jpeg
久々利城の最高地点にある物見郭背後の二重堀切。根を残した伐木であるが、風雨に晒されてそのうち形が変わるであろう。

山城を整備している地元の皆さんからしたら、「素人が事情も知らずに何を偉そうに言うか・・・」とお叱りを受けると思う。

山城は近世城郭とは違い、非常にデリケートで簡素な造りである。その他大勢の物見遊山の一般観光客に見せる為の整備なら、止めて欲しいと切実に思う。地山のまま藪に埋もれて誰にも知られずにそのままが一番の保護と保存方法である。

今回はこの辺で止めておくが、その課題は来年の山城サミットで真剣に討議すべき課題だと切に思う。

「整備という名の史跡破壊」 どれだけの方がこの現実に気が付いているのか。

久々利城①
山城との共存は景観賞を貰う事ではなく、未来永劫に整備と保護を継続できるかという問題で本質を取り違えている。

今回、純粋に山城が大好きだという少年の心を持ち続けている久太郎さん、日向さん、しんこうさんに出会えて本当に良かった。

地元の山城に対する誇りと愛は、我ら信濃先方衆に勝るとも劣らない熱き心を持つ人たちである。

実は、妻木城散策の際に、「妻木城址の会」の方にお話を伺った。

最近、城址整備の名目で城跡の樹木が伐木され続ける嘆かわしい現状に心を痛めている。苗木城では地元からも反発の声が大きくなっていると聞き及ぶ。
ここの妻木城は、あえて伐採も伐木もせず最低限の整備でありのままを見て頂く姿勢をモットーとしていると。

「ありがたい・・・」小生は心からそう思った。 本来の山城整備とは、そうあるべきであろう。

まあ、難しい話はさておいて、今夜は素敵な城仲間との出会いに乾杯!!(⇐なんだかんだ毎日乾杯しているだろ!!笑)

IMG_2141.jpeg
御殿跡・士屋敷跡の遠景。
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/14 Thu. 21:11 [edit]

CM: 8
TB: 0

1011

「全国山城サミット上田・坂城大会 プレ大会」のご案内  

◆中世の山城の布教活動の為に「匿名希望」を捨ててもお役に立ちたいというザビエルの願い◆

このブログを開設したのは10年前の7月でした。

「地元の城がどうのこうの・・」とか言っている割には、美濃岩村城が大好きで、岩村城主だったと伝わる織田信長の小姓として有名な森蘭丸の名を冠したハンドルネーム(名前)を付けてブログを始めました。

当時はあまり深く考えもせず目立つかなあ~程度の軽い気持ちでしたが、後に他の方に聞いてみると、「きっと自意識過剰なナルシストのかたまりみたいな変なヤツが運営する変なブログ」、と思われていたとか・・・(笑)

長野の山城に特化したブログの匿名のアマチュア管理人のまま終わっても良かったのですが、小生のブログの読者の方から「上田市で山城サミットを開催するので、是非お手伝い頂きたい」とお誘いがあり、その気になった次第。

そんな訳で、今回、著名な講師陣に不釣り合いな管理人の名前。果たして分科会で閑古鳥が鳴かなければ良いのですが・・(汗)
信濃先方衆の同胞「長野県の歴史を探し求めて」の管理人ていぴす殿も助手を務めてくれるので、分科会終了後は皆さんの質問に答えてくれると思います。

プレ大会

詳細は上田市のホームページのリンク⇒全国山城サミット上田・坂城大会 プレ大会をご確認ください。

資料代500円を払ってまでの見学に耐えるビジュアルではありませんが、「こんなヤツが、長野の山城ブログを書いているのか・・」と興味のある方は是非お越しください。先着150名なので、お申し込みはお早めに!!

20150330214234b93[1]

虚空蔵山①

ケムリの城見取図①
ケムリの城の縄張図

2015040510494106a[1]
燕城(つばくろじょう)の見取図。

プレサミットの前日は萩原さちこさんをアテンドして村上連珠砦の「ケムリノ城」と「燕城」、「飯綱城」をご案内の予定です。
遭難しないように頑張ります・・・(笑)

飯縄城見取図①
飯綱城見取図。

来年が山城サミットの本チャンですが、このプレサミットで、少しでも地元の山城に興味を持つ方が増えてくれたら、とっても嬉しいし、本名を晒した価値はありそうですね・・・(爆笑)

kokuzou (71)
飯綱城の遠景。(真冬に西側より撮影)




Posted on 2019/10/11 Fri. 22:00 [edit]

CM: 14
TB: 0

0916

戦国 小笠原三代 -長時・貞慶・秀政- (長野県立歴史館 開館25周年記念 秋季企画展)  

◆信濃の山城を語るには、信濃国守護代小笠原氏は避けて通れない◆

中信濃の山城は、実戦経験こそ少ないがコンパクトで技巧的な縄張を持つ魅力的な山城が多く、県内はもちろん、県外の中世城郭ファン垂涎の地域であるという。

信濃の山城研究の第一人者である宮坂武男氏の部数限定の「信濃の山城と館④ 松本・塩尻・筑摩編」(2013年 戎光祥出版)は、増刷の予定もない為、ネットでは中古本が高値取引されているという。
かつての「日本城郭体系 第8巻 長野・山梨編」のような現象になるのでしょうか? チョッと心配・・・(汗)

今回ご案内するのは、長野県立歴史館の久々の気合の入った秋季企画展。(違う企画展が気合入ってないという事では・・汗)

企画展①

SNSで情報は仕入れていたが、すっかり忘れてしまい「壮年性のアルツハイマーか?」と訳の分からぬ言い訳をしつつ本日訪問。

武田信玄や上杉謙信など、信濃制服を巡り紛争を繰り広げ戦国武将についての研究はかなり進んだが、元々信濃国守護代であった小笠原氏の研究は遅々として進まず、不明な点が多い。出版物も限定的で、なかなか分かり易く解説されたものを探すのも難しい状況である。

そんな中、今回の企画展「戦国 小笠原三代 -長時・貞慶・秀政- 故実とネットワークを縦横に駆使した一族の命運」

展示品と説明書き、時代背景を分かり易くした効果があり、「うらぶれ放浪信濃守護代・長時」と「父ちゃんを見捨てて武田に降った旧臣への復讐い鬼と化した」貞慶ファンの素人の小生にもよくわかりました・・・(笑)
※復讐の鬼と化した心理的状態に突っ込んでいないのは不満でしたが・・・(汗)

企画展②

開館25周年記念講演(小笠原氏は将軍になれたのか 10月13日)や、小生の尊敬する歴史館の専門主事の村石正行氏による連続講座(小笠原家の武と知 9/21・9/28・10/5)についての詳細は⇒「戦国 小笠原三代 -長時・貞慶・秀政-」 をご確認ください。

小生は笹本館長より広告宣伝費を頂いているわけではないが、この企画展(入館料 大人300円)は素晴らしいし、良くこれだけの史料を集めてきたものだと素直に感動し、一人でも多くの中世城郭ファンが期間中に訪れて欲しいなあーと心から思っております。
(まあ、県外の方は中信濃か北信濃の山城とのセット訪問がおすすめかと・・・)

最後に、管理人のお勧め。「今回の小笠原三代の企画展の特別本は絶対に購入すべし!!」

IMG_0002.jpg

遠方のために来れない方や、10月に入っての訪問の方は、企画展の本(定価:1,000円)は郵送でも取り扱いがありますので、お問い合わせをお願いします。

もちろん、企画展示を見学に来た方は購入しても絶対に損はしない本で、カラー218ページで、展示物の写真や解説はもちろん、時代考証証に関わるその分野第一級の著名人の論考やコラムが掲載されていて、この内容で1,000円は絶対にあり得ない。

※郵送での購入のお問い合わせは 電話:026-274-2000 長野県立歴史館管理部 まで。

宮坂鳥瞰図①
小笠原氏に関連する美しい山城の鳥瞰図(宮坂武男氏 作図)も掲載されています。

まずは企画展をその目で見て欲しい。

そして名門小笠原家が何故信玄に信濃を追放されながらも、幕末まで家名を存続することが出来たのか、そのエポックメイキングの立役者である小笠原三代~長時・貞慶・秀政~を再評価していただければ幸いです。

Posted on 2019/09/16 Mon. 21:37 [edit]

CM: 6
TB: 0

0319

「織田信長と上野国」 (群馬県立歴史博物館)  

◆グンマーをたった3ヶ月だけ支配した織田政権と悲運の武将滝川一益の足跡◆

「へえー、グンマーで織田信長に関する企画展があるのか・・・」

武田氏討伐後、その領国を支配下に置いた信長だが、僅か三か月後には本能寺の変で横死していまったのは周知の事実である。

信長より、武田討伐の功績を認められた滝川一益に上野国と信濃の佐久・小県を与えられたのは天正十年三月二十九日の事。

IMG_5622.jpg
らんまるがグンマーにこんな立派な美術館や歴史館があると知ったのは2018年3月18日の事。

着任当初は箕輪城(高崎市)、その後厩橋城(前橋市)に移った滝川一益は、着々と東国支配に向けた統治と拠点整備を進めます。この時に真田昌幸が他の豪族と共に一益に出仕したのはご存知の通り。

IMG_5623.jpg
残念ながら「上野三碑」は全く知らなかった・・・(汗)

せっせと東国支配に励んでいた滝川一益でしたが、六月二日に信長が本能寺で横死したことを知ります。武田討伐において織田に同調したものの、何の恩賞も得られなかった北条氏は、これ幸いと上野国の侵略に乗り出します。

IMG_5624.jpg
おお、ここが県立歴史館なのですね・・・。

「織田領国への侵略は許さん!!」

初老(といっても50代後半)の一益は北条相手に6月18日と19日の二日間、壮絶な戦いを繰り広げます。(神流川合戦)

初日は北条軍を撃破したものの、二日目には激戦の上敗走してしまいました・・。

IMG_5625.jpg
古墳と馬が、グンマーの誇りなのだと最近知った次第・・・面目ない・・・(汗)

結局、信長の後継者を決定する清須会議に間に合わなかった滝川一益は、秀吉を嫌い柴田勝家に味方するも、最終的には干されて坂道を転がり落ちてしまい、表舞台から消えた。
秀吉により捨て扶持を宛がわれて失意のうちに越前で没したという。

IMG_5660.jpg

織田信長は上野国に入る事はなかったが、上野国は東国御一統の地として東北制定の拠点になるはずであった。

そんな予習復習などなくとも、充分に楽しめる今回の企画展である。

戦乱の世が終わり徳川の世になると、小幡藩の初代藩主は、織田信長の次男信雄が着任し七代150年の間領地を治めました。

※詳細は⇒小幡陣屋を参照願います。

IMG_5661.jpg

明智光秀や羽柴秀吉、柴田勝家ほどの派手さはないが、いぶし銀として織田軍団の一角を担った滝川一益の生涯を知る機会は少ない。小生もこの企画展で改めて知った次第である。

IMG_5662.jpg

今回の企画展の内容を編集した展示図録も960円と破格の安さで手に入る。(数量に限りあり)

IMG_5659.jpg

同時開催として「明智光秀の源流~沼田藩土岐家の中世文書」もお勧めである。

入館料600円で企画展や常設展示も見られるのでとてもお得である。お近くならば是非お出かけください!!(5/13迄)

現地調査も大事だが、時として知識の幅を広げる時間も必要だと思うこの頃である・・・(笑)


4/30を除いた毎週月曜日は休館日なので注意!



Posted on 2018/03/19 Mon. 22:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

1013

信濃武士の決断 (長野県立歴史館 企画展)  

◆焦点が絞り切れない消化不良の企画展(9/27~11/9)◆

お知り合いの馬念さんのブログで長野県立歴史館の企画展についてのお知らせがあり、PCで情報を収集しつつヒマなので出掛けてみた。

信濃の武士の決断201410 (1)

いわゆる「天正壬午の乱」(武田の遺領を巡る北条・徳川・上杉の争奪戦)から大坂の陣までの戦国末期における信濃について、屋代家文書や室賀家文書をなどの史料を中心に当時の情勢を紐解いていくという主旨の企画展である。

信濃の武士の決断201410 (2)

【信濃における本能寺の変から天下統一までの概略】

天正十年(1582)6月3日、本能寺の変に端を発した天正壬午の乱は、旧武田領の信濃の諸豪族が家名存続をかけて、北条・徳川・上杉の大勢力と緊迫した駆け引きがデイリー単位で繰り広げられ、10月29日に徳川と北条の和睦で一応の決着をみる。

天正十一年(1583)~天正十四年(1586)、依田信蕃、真田昌幸、小笠原貞慶、木曾義昌、諏訪頼忠、保科正直、下条頼安等の信濃の有力豪族を配下に従えた徳川家康に対して上杉景勝、更には上方より豊臣秀吉が介入し、徳川VS豊臣の代理戦争へ発展。天正十四年11月、豊臣秀吉の関東・奥州惣無事令で信濃の戦乱もようやく終息となる。

鷲尾城2(長野市) (1)
長野県立歴史館の入口。

【らんまるの所感】

「武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望」(平山優著 2011年6月戎光祥出版)を読んだ方や、天正壬午の乱とそれ以降の信濃の土豪の辿った命運について調べている方にはだいぶ物足りない内容である。
ターゲットをどこの層に基準を置くかもかなり難しいと思われた。(初心者なのか、ある程度知識のあるマニアなのか)
基本史料が屋代家と室賀家なので、北信濃に偏ってしまうのは致し方無いが、出来れば下条氏や知久氏、木曾氏など南信濃の土豪の衰退も取り上げて欲しかった。
大河ドラマ「真田丸」の招致決定で、どうしても主軸が真田氏中心なのは百歩譲るとしても信濃の戦国末期を大雑把にし過ぎてしまい、焦点がイマイチ絞り切れていないと思った。(シロウトが偉そうに・・・スミマセン)

比較しては申し訳ないが、昨年秋に長野市立博物館が開催した「川中島の戦い開戦460年記念 山村に生きた武将たち ~東の真田 西の大日方~」は、フォーカスを絞った企画でかなり面白かった。おかげで小川村へ数度足を運び、大日方英雄氏にもお逢いする幸運に恵まれた。

まあ、そうは言っても感じ方は人それぞれだし、今回初めて展示される貴重な史料もありますので、500円の観覧料は安いと思います。
小言ついでに言わせてもらえば、企画展の補助資料も、入口でキチンと説明して渡してあげれば展示品はもっと素晴らしい価値を発揮するのに、職員の方の心配りが足りないようにも思いました。補助史料だって時間をかけて作った秀逸品です。見ないで捨てられちゃうかと思うと残念です。

信濃の武士の決断201410 (3)
今回の企画展の図録(1,000円)。これは絶対に値段以上に価値がある本なので購入をお勧めする。

まあね、文句ばかりじゃいけません(笑)

小生が見学の為にブースへ入ったら、熱心に展示史料を見ておられた若いお穣さんがいました。しかもこれから「山城攻め」というスタイルでございました。
このような場所でナンパとか変態と間違われてはいけないので声はお掛けしませんでしたが(笑)、郷土における中世の戦国時代に興味を持つ若い方が増えるというのは嬉しいものでございます。(年寄りを排除しろとは申しません・・汗)

小生ももちろん城攻めの支度にて企画展の見学後に鷲尾城に登り、豪壮な石積みを再度じっくり堪能してまいりました。

鷲尾城2(長野市) (14)
何度見ても美しい鷲尾城の石積み城壁。

企画展の詳細については長野県立歴史館へ。
10月25日(土)13:30からは井原今朝男氏の講演会があるそうです。拙者は城攻めの為今回はパスします。
また、翌日の13:30から「屋代城に登ろう」というイベントもあるようです。歴史館の職員の方のアテンドと現地説明があるので戦国の城初心者の方にはとても良い機会だと思います。定員があるので早めの申し込みを!
(詳しくは長野県立歴史館のHPを見て申し込みをお願いします)

Posted on 2014/10/13 Mon. 19:48 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top