FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0502

村上連珠砦の山城ガイドブックを数量限定で販売中  

◆数量限定!売り切れご容赦!、信濃国の山城調査の第一人者である宮坂武男氏公認のガイドブック◆

小生が初めて和合城~虚空蔵山城を縦走したのは2007年11月の事なので、14年ほど経過している。当時は山城云々よりも屏風のように立つ山並みを歩いてみたいという気持ちだけだったが、全く山登りの経験もないヤツの無謀な挑戦は往復8時間に及び、家族から捜索願が出される寸前だった・・・(汗)

山城ガイドブック①

今はようやく「村上連珠砦」という名前が浸透しつつあるが、十数年前にこの二十数か所に及ぶ砦群を攻略するのは至難の業であった。当時のSNSには情報など皆無の状態で、「図解山城探訪」に頼るしかなかった・・・(汗)

山城ガイドブック② (1)

地元民にはなじみの深い太郎山、それに西へ連なる虚空蔵山は、ハイカーの絶対的領域であり、おおよそ中世の山城などと関連付けて紹介している小生など、彼らからしたら危険分子以外の何物でもなかったようである・・・(汗)

山城ガイドブック② (2)
貴方は、この20の城塞群のうちのいくつを見たのでしょうか?

【村上氏の塩田地域支配のために築かれた城塞群】

隣接する上田市と坂城町は現在、千曲川の右岸は国道18号線、左岸は県道77号線でつながっているが、江戸時代時代に北国街道が整備される以前には、千曲川の氾濫原のために岩鼻と呼ばれる奇岩を境として相互乗入が難しく、通常のルートは室賀峠越えのみであった。(右岸の岩鼻の上に築城されたのが和合城である)

葛尾城を詰城として麓に居館を構えた村上氏は、鎌倉幕府が滅んだ跡の塩田地域の統治を任じられる。家臣の福沢氏を北条氏が居館を置いた塩田城の城代に命じ、村上氏は本拠地の坂城との連絡手段として、虚空蔵山にいくつかの砦を構築したと推定される。

戦国時代に入り、甲斐の武田氏が信濃へ侵攻を始めると、村上義清は塩田城との防衛ラインを強化し、交通の要衝を抑える室賀氏、浦野氏との関係を強化する一方で、虚空蔵山に配置する砦も万が一に備えて改修を急いだと思われる。

山城ガイドブック② (3)
山岳登山のスペシャリストで、元長野県警の山岳遭難救助隊長の中島豊氏による和合城へのコースマップも掲載されています。


【武田氏滅亡後の村上連珠砦】

天文二十二年に、武田氏によって攻められて村上氏の籠る塩田城が落城し、村上氏は越後の上杉謙信を頼り落ち延びて詰城である葛尾城が自落する。
村上氏の連珠砦は、その後ある程度武田による改修がされたと思われるが、武田氏による拠点城としての岡城、そして海津城が築城されるに及び、利用頻度は少なくなったと思われる。

武田氏が滅亡し、織田信長が本能寺の変で横死して武田遺領を巡る天正壬午の乱が勃発すると、信濃国は北条・徳川・上杉・小笠原の草刈り場とな、り虚空蔵山は川中島四郡を抑えた上杉と佐久を制圧した北条、そしてその後に真田が味方した徳川との境目となる。

現在虚空蔵山に展開する砦群のうち、規模の大きな砦(和合城、ケムリノ城、虚空蔵山城、飯綱城)は、その時代の改修かもしれない。

山城ガイドブック② (4)
ようやくメジャーな山城となった虚空蔵山城と飯綱城。



虚空蔵山①

20150330214234b93[1]
鉄塔No25が「ケムリノ城」の座標になるとは、感慨深いものがあります・・・(笑)

山城ガイドブック② (5)
物見城への尾根筋からのルートは最近整備されましたが、以前は麓の沢からから困難なルートしかなく人を寄せ付けない険しさ。


山城ガイドブック② (6)
村上連珠砦の中では花古屋城とともに広大な城域を誇る飯綱城。戦国末期まで改修された縄張りを是非ご覧ください。

実は、この「山城ガイドブックを作成・編集した「太郎山山系を楽しくつくる会」のメンバーの皆さんは、長野県の山城研究の第一人者である宮坂武男氏とは村上連珠砦の調査の頃より関わりが深く、地元主催の講演会に宮坂氏は度々講師を務めている。

今回のガイドブックの出版に際しても、宮坂先生に閲覧いただき推薦を頂戴している。

このように「全国山城サミット上田・坂城大会」の現地ツアー用の城ガイドブックとして作成されましたが、今回は在庫のある分のみ有料で配布させていただくことになりました。
再販とか増刷の予定はありませんので、この機会での購入をお勧めします。(1冊700円)

購入方法や詳細は上田市役所のHP⇒山城ガイドブック購入方法

この山城ガイドブックさえあれば、貴方も「村上連珠砦マイスター」間違いなし!

スポンサーサイト



Posted on 2021/05/02 Sun. 07:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

0219

特別番組 『あなたも行ってみたくなる!?上田地域の山城』 がもうすぐ公開  

◆今秋開催予定の山城アフターサミットの前座番組として思いっきり笑い飛ばしてください!◆

学芸員でも何でもないただのアマチュアの山城ブロガーである小生が、ローカルとはいえTV番組に出ていいものかどうか・・(汗)

そうは言っても、ようやく認知されつつある「中世の山城と城館」の新たなファンを獲得する事が出来るのなら、ひと肌でもふた肌でも脱いでご協力しましょう!(←いや、中年男の裸なんぞ見せられた日にゃ、みんな逃げていくのでやめましょう・・・笑)

で、ホントに番組作ってみました。(もちろん、上田ケーブルビジョンさん製作のプロ仕様)

今回ご案内するのは、虚空蔵山山系の山城では認知度の低い「持越城」(もちこしじょう 上田市上塩尻)と東信濃の隠れた名城「祢津下ノ城」(ねつしものじょう 東御市祢津)の二つの山城です。

冗談は顔だけで充分なんだけど、「真面目に番組宣伝してくださいネ!」という上田市教育委員会のご依頼もあり、放送スケジュールをご案内させていただきます。

【まずは地元のケーブルテレビの番組】 ※地元じゃないし見れないしという方、最後まで読んでネ


スクリーンショット 2021-02-19 195339

◆上田ケーブルビジョン(地上121ch)

2月25日(木) 6:30~ 、9:30~、12:30~、19:30~、22:30~ 

◆丸子テレビ放送(地上デジタル12ch)

2月27日(土) 9:00~、13:00~、19:00~、22:00~


【そしてYouTubeで3月1日より動画配信】 

山城YouTube②

◆上田市行政チャンネル

こちらをクリックしてネ→上田市行政チャンネルYouTube

「昇太師匠とか、千田教授とか、平山センセとか、萩原さちこさんに負けるもんか!!」(←いやいや、絶対無理でしょう・・・笑)

「チャンネル登録よろしくお願いします!」(←って、いつからユーチューバーになったの??)


【おまけショット ビデオ撮りの様子】

ビデを撮りは1月11日に実施。(バラシてもいいのかなあ・・・汗)
まずは持越城の登り口から。(後ろの山は平山センセがビデオ撮りした飯綱城)

撮影風景 (3)
進行役は教育員会の谷口さん、後ろに立っている方はブラタモリで有名な教育委員会の和根崎さん(サポート役)

撮影風景 (5)
祢津下ノ城の主郭での撮影現場。この日は城跡から富士山が見えましたよ!

実は、番組がどんな仕上がりになっているのかマル秘扱いらしくて、出演者は誰も事前に見ていないんです・・・(汗)

なので、小生も25日の放送を楽しみにしております・・・・(笑)

ちなみに、YouTubeの動画再生回数次第では、「上田地域の山城第二弾!」とシリーズ化されるそうです!
(ホントかなあ・・・汗)

「えっ、見たくない・・・・そう言わずにチャンネル登録と拡散お願いします!!」
 (必死・・・・笑)

Posted on 2021/02/19 Fri. 21:41 [edit]

CM: 12
TB: 0

1103

全国山城サミット上田・坂城大会 現地アテンドツアーのお礼  

◆たくさんの長野県民の皆様のご参加ありがとうございました!!◆

今回の現地アテンドツアー、コロナ禍対策もあってやむを得ず長野県民または勤務先が長野県の方に限定させていただきました。
全国の山城ファンの方からは怨嗟の声も多く寄せられましたが、そこは来年のアフターサミットに乞うご期待くだされ!

そんな制約を受けた全6コース、最初の募集状況は鳴かず飛ばずのトホホ状態・・・(汗)

「大丈夫か?今さら遅しと言えども範囲を近隣の県拡大しては?」との意見もあったが、「初志貫徹」。

おかげさまで、全コースの定員130名に対して最終160名となり、当初の抽選を回避し全参加者に楽しんでいただく事になりました。

【コース3 虚空蔵山城・飯綱城のダイジェスト】

IMG_4528.jpeg
この写真は前日の撮影。当日は雲一つない快晴でしたよ!

当日、参加予定だった信濃先方衆の相方「ていぴすさん」から火急の事情により参加できない旨の連絡があり、応援スタッフの「ほむほむ」さんに代役を依頼。持つべきものは「城友ネットワーク」かなと日頃の根回しに自画自賛したとかしないとか・・・(笑)

受付終了8:30。元長野県警察山岳遭難救助隊の隊長で現在は「山歩きマップ」でプロの登山家から里山トレッキングの初心者にまで絶大な人気を誇る「中島 豊」氏のストレッチ体操(なんか最近小生の同業者になりつつあるらしいが、それはそれで大歓迎)➾それから兔峰コース(うさぎみね)の登り口の座摩神社(ざますりじんじゃ)へ。

IMG_4467.jpeg
定員20名に対して36名の参加者が座摩神社に集合。

IMG_4466.jpeg
座摩神社から持越城への登山道。ここから先頭スタッフを任されるのだが、登る速度が速いと批判殺到の憂き目に・・・(汗)

んーん、山城巡りの同業者の皆様は快速特急なので、小生なんぞは各駅停車の鈍行列車並みの鈍足と自負していたが、今回のツアーは幅広い年齢層だという事をお忘れでした・・・スミマセン(汗)

IMG_4470.jpeg
さて、最初の山城は「持越城」(もちこしじょう)

IMG_4587.jpg
石積で囲われた主郭。しっかり見学している方もちらほら。感心感心。

過去のうろ覚えの知識を総動員して説明(笑)。 にもかかわらず皆さん真剣に聞いてくださるので有難いなあー(嬉し涙)

持越城から急斜面を這うように登っていただき、最後の難関岩場のロープ渡りを乗り越えて「兔峰」(うさぎみね)へ。

IMG_4585.jpg
兔峰への痩せ尾根。

「ここからの景色で、人生観が変わる」とは、スタッフリーダー早川さんの名言です。

小生も既に10回以上景色を眺めてますが「人生の悩み事なんかちっぽけだよな」と思ったとか・・・ホントですよ・・(笑)

IMG_4586.jpg
虚空蔵山城からの景色にも勝るとも劣らない素晴らしい眺望。

さて、そこから20分の苦闘を経て、いよいよ虚空蔵山城へ。
皆さんの安堵した表情が印象的でしたネ。ピーカン天気の虚空蔵山からの景色なんて、そうそう拝めるものではありませんよ!

虚空蔵山ツアー⑨
小生の拙いご説明をお聞きいただきありがとうございました!

IMG_4535.jpeg
上杉軍もきっとみたであろう景色。

参加者の皆さんは思い思いの場所でチョッと早めのお昼ご飯にしていただき、景色と城跡を満喫していただきました!

さて、お次は兔峰から急坂を下り、「ゴウロ」と呼ばれるガレの岩場を抜けて飯綱城の登り口に向かいます。

IMG_4483.jpeg
このルートはトレイルランニングの下りコースにもなっています。ここを走って下るなんて考えられない・・・(汗)

永遠に続くようなゴウロに辟易しながら、ようやく飯綱城の駐車場に降り立つ。束の間の休息後に出発。

ここから再び先陣をお任せいただくのだが、またもやペースが速くてクレームの嵐・・・(汗)
そうそう、みんな登ったり下ったり、はたまた登りで疲れてんだよね(笑)

虚空蔵山ツアー⑦
お気持ちは分かりますが、頑張って登りましょうネ!

約20分で飯綱城へ。名物岩盤堀切に皆様深いため息と度肝を抜かれたようです。

IMG_4559.jpg
上巾25m、堀底からの高さ10m以上の巨大二重岩盤堀切。(W底)

虚空蔵山ツアー①
大堀切の上の郭で身振り手振りで解説させていただきました。ご清聴ありがとうございました!

実は飯綱城、二つの複合城なんですね。断定は出来ませんが、最初は尾根の北側の鞍部の物見が築城され、その後戦国時代の動乱が風雲急を告げるに及び南側に新たに普請され、拡張され改修され続けたのでしょうね。
指向性(敵が攻めてくる方向)は南なので、上田方面からの敵襲に備えた縄張です。(言い切っちゃいけません・・・笑)

IMG_4561.jpg
郭2と郭3の間の大堀切。東西の斜面に対して竪堀となって攻城兵の斜面の横移動を制限している。

IMG_4557.jpg
郭3でも追加説明させていただきました。この郭、千田先生の好きな「馬出」でしょうね、きっと・・・・。

さ、今回のダイジェストもここまで。いかがでしたでしょうか?

来年のアフターサミットは、全国の皆様をお呼びしてマニアックな山城ツアーを企画予定です。
週替わりメニューもありかなと。
その際は、小生も体力尽きるまで、アテンドさせていただきたいと思いますw

最後までご覧いただきありがとうございました!!

IMG_4563.jpg
飯綱城より全員無事下山して解散。またどこかでお目にかかりましょう!!

Special Thanks:早川様(太郎山山系を楽しくつくる会スタッフ)、222nnno様、(写真提供いただきました)

Posted on 2020/11/03 Tue. 15:13 [edit]

CM: 8
TB: 0

1023

第27回 全国山城サミット 上田・坂城大会のご案内④  

◆まだ間に合うゾ!参加申し込みは26日(月)まで。定員オーバーのコースも何とかなりそうだ!◆

最近は山城記事の更新ペースが落ちまくっているのに、地元のイベントで自分が関わっているとなると熱量が違う・・(笑)
来週が本チャンなので、今回がイベント関連の最終告知。

IMG_20201023_0002.jpg
最終のチラシが完成しました・・・・ってか、もっと早く刷り上がれば、もつともっと宣伝できたのに・・・。

大会資料集の販売は、今日からスタートしています。郵送での販売も出来ますので、詳しくはこちらをご参照願います。

大会資料集の販売について

IMG_20201023_0003.jpg

10月31日(土)開催予定の山城ガイドツアーはおかげさまでほぼ定員を超える申し込みを頂きました。とあるツアーは2倍近い申し込みがありました。ありがとうございますw

せっかくの機会ですので、お申込みいただきました方全員がもれなく参加できるように、らんまる攻城戦記の管理人も実行委員会や各山城保存会の皆さんに嘆願しております。

「果報は寝て待て!」 「人事を尽くして天命を待つ」 小生のモットーであります・・(笑)

締め切りは10月26日(月)、皆様の駆け込み乗車を我ら信濃先方衆も心よりお待ちしておりまする!!

詳細はこちら➾第27回全国山城サミット上田・坂城大会

Posted on 2020/10/23 Fri. 20:38 [edit]

CM: 2
TB: 0

1022

第27回 全国山城サミット 上田・坂城大会のご案内③  

◆さあ、このツアーの締め切りは10月26日。急ぎましょう!!◆ 

中世城郭が空前のブームだって?おおいに結構な事です。

先日、春風亭昇太師匠と萩原さちこさんを和合城にアテンドした際に、師匠曰く「まだ近世城郭やってんの?、遅れてますよ、今は中世城郭が最先端なんだから!」って周囲に言っているそうです・・・師匠らしい推奨方針ありがとうございます・・・(笑)

砥石城全景
真田屋敷方面から見た砥石・米山城遠景。


【⑤-2 砥石米山城跡 真田コース】 ≪1日コース≫

この宣伝ブログのラストは真田コース。長篠合戦後、武田勝頼の命により真田家当主を継いだ昌幸は、上州岩櫃城と小県郡の砥石城の2ヶ所を拠点城として整備改修しました。砥石城の麓には、兄の信綱の居た館城の城下町を移転させ伊勢山と命名し自身も屋敷を構えました。

komeyama (29)
今回の真田コースの集合場所は米山城の櫓門登城口です

komeyama (28)
ここに櫓門があったのかは難しい問題だが、雰囲気を味わうには良いと思う。

世に云う「といしくずれ」で大敗を喫した武田信玄であったが、翌年に真田幸隆が調略と謀略で戸石城を奪取すると、信玄は幸隆に砥石城を預けた。村上義清が越後の上杉謙信を頼り信濃を去ると、この山城の戦略的価値は失われた。

戸石城2013 (126)
何故か村上義清公の顕彰碑が建つ米山城。小生は低学年の遠足で登り、炭化米を掘り出した記憶がある。(白米伝説)

【砥石城】

米山城の登城も結構滑り易くて大変だが、そこから下った鞍部から砥石城への道のりも辛い。武田軍が攻めあぐねた気持ちがきっとお分かりいただけると思う・・・(笑)

戸石城2013 (122)
南側の登山道。往時は防御上このような連絡道など無かったと思われる。

戸石城2013 (113)
砥石城の主郭。

戸石城2013 (98)
主郭背後から本城への通路は、かなり手の込んだ防御構造。


【本城】

8つの区画から成る本城は、真田統治時代の改修であり最終形であろう。主郭と副郭は石積みが全周している。土留めに防御を加えた改修と見るがどうであろうか。

戸石城2013 (59)
主郭。往時は土塁が周回していたと思われる。

戸石城2013 (74)
鋭い切岸で構成された郭群はただただ美しいの一言である。

IMG_2501.jpeg
砥石城の水の手(井戸)。周辺の郭と併せて是非見学してくださいネ。


【桝形城】

砥石・米山城の最高位になり、そのロケーションの広さは是非その目で確かめて欲しい。また、金剛寺峠(北側尾根)からの攻略は困難を極める事は、現地でご確認いただけるかと。

戸石城2013 (2)
金剛寺峠からの攻略は難しい。落石だけで重傷か即死であろう。

戸石城2013 (9)
村上時代の主郭はここかともいわれている。


【内小屋】

その名の示す通り、豪族の居館跡を示す地名なのだが、ここに昌幸が屋敷を構えたという確証は無い。前後に堀切を穿ち、背後の尾根に物見砦を置いているので、古くから在地土豪の居館があったと推定している。

IMG_2478.jpeg
背後の物見から見た内小屋。

IMG_2470.jpeg
内小屋の南側の堀切。

砥石・米山城を丸一日かけてゆっくりと現地説明を聞きながら巡る機会はそうそうないと思います。

長野県に在住もしくは勤務先が長野県の皆さんで興味のある方は、まだ間に合いますので是非ともご応募をお待ちしていますw

IMG_4512.jpg
天白城から見た砥石・米山城の遠景。

応募はこちら➾ 全国山城サミット上田・坂城大会 


㋹点は集合場所の櫓門駐車場。Ⓢは内小屋、Ⓖは水の手の井戸。

10月26日(月)締め切りですよ、お忘れなく!!

ではみなさん、10月31日(土)にお会いしましょう!

Posted on 2020/10/22 Thu. 20:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top