らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1013

信濃武士の決断 (長野県立歴史館 企画展)  

◆焦点が絞り切れない消化不良の企画展(9/27~11/9)◆

お知り合いの馬念さんのブログで長野県立歴史館の企画展についてのお知らせがあり、PCで情報を収集しつつヒマなので出掛けてみた。

信濃の武士の決断201410 (1)

いわゆる「天正壬午の乱」(武田の遺領を巡る北条・徳川・上杉の争奪戦)から大坂の陣までの戦国末期における信濃について、屋代家文書や室賀家文書をなどの史料を中心に当時の情勢を紐解いていくという主旨の企画展である。

信濃の武士の決断201410 (2)

【信濃における本能寺の変から天下統一までの概略】

天正十年(1582)6月3日、本能寺の変に端を発した天正壬午の乱は、旧武田領の信濃の諸豪族が家名存続をかけて、北条・徳川・上杉の大勢力と緊迫した駆け引きがデイリー単位で繰り広げられ、10月29日に徳川と北条の和睦で一応の決着をみる。

天正十一年(1583)~天正十四年(1586)、依田信蕃、真田昌幸、小笠原貞慶、木曾義昌、諏訪頼忠、保科正直、下条頼安等の信濃の有力豪族を配下に従えた徳川家康に対して上杉景勝、更には上方より豊臣秀吉が介入し、徳川VS豊臣の代理戦争へ発展。天正十四年11月、豊臣秀吉の関東・奥州惣無事令で信濃の戦乱もようやく終息となる。

鷲尾城2(長野市) (1)
長野県立歴史館の入口。

【らんまるの所感】

「武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望」(平山優著 2011年6月戎光祥出版)を読んだ方や、天正壬午の乱とそれ以降の信濃の土豪の辿った命運について調べている方にはだいぶ物足りない内容である。
ターゲットをどこの層に基準を置くかもかなり難しいと思われた。(初心者なのか、ある程度知識のあるマニアなのか)
基本史料が屋代家と室賀家なので、北信濃に偏ってしまうのは致し方無いが、出来れば下条氏や知久氏、木曾氏など南信濃の土豪の衰退も取り上げて欲しかった。
大河ドラマ「真田丸」の招致決定で、どうしても主軸が真田氏中心なのは百歩譲るとしても信濃の戦国末期を大雑把にし過ぎてしまい、焦点がイマイチ絞り切れていないと思った。(シロウトが偉そうに・・・スミマセン)

比較しては申し訳ないが、昨年秋に長野市立博物館が開催した「川中島の戦い開戦460年記念 山村に生きた武将たち ~東の真田 西の大日方~」は、フォーカスを絞った企画でかなり面白かった。おかげで小川村へ数度足を運び、大日方英雄氏にもお逢いする幸運に恵まれた。

まあ、そうは言っても感じ方は人それぞれだし、今回初めて展示される貴重な史料もありますので、500円の観覧料は安いと思います。
小言ついでに言わせてもらえば、企画展の補助資料も、入口でキチンと説明して渡してあげれば展示品はもっと素晴らしい価値を発揮するのに、職員の方の心配りが足りないようにも思いました。補助史料だって時間をかけて作った秀逸品です。見ないで捨てられちゃうかと思うと残念です。

信濃の武士の決断201410 (3)
今回の企画展の図録(1,000円)。これは絶対に値段以上に価値がある本なので購入をお勧めする。

まあね、文句ばかりじゃいけません(笑)

小生が見学の為にブースへ入ったら、熱心に展示史料を見ておられた若いお穣さんがいました。しかもこれから「山城攻め」というスタイルでございました。
このような場所でナンパとか変態と間違われてはいけないので声はお掛けしませんでしたが(笑)、郷土における中世の戦国時代に興味を持つ若い方が増えるというのは嬉しいものでございます。(年寄りを排除しろとは申しません・・汗)

小生ももちろん城攻めの支度にて企画展の見学後に鷲尾城に登り、豪壮な石積みを再度じっくり堪能してまいりました。

鷲尾城2(長野市) (14)
何度見ても美しい鷲尾城の石積み城壁。

企画展の詳細については長野県立歴史館へ。
10月25日(土)13:30からは井原今朝男氏の講演会があるそうです。拙者は城攻めの為今回はパスします。
また、翌日の13:30から「屋代城に登ろう」というイベントもあるようです。歴史館の職員の方のアテンドと現地説明があるので戦国の城初心者の方にはとても良い機会だと思います。定員があるので早めの申し込みを!
(詳しくは長野県立歴史館のHPを見て申し込みをお願いします)

スポンサーサイト

Posted on 2014/10/13 Mon. 19:48 [edit]

CM: 0
TB: 0

1006

人生で二度めの甲冑体験  

◆分かり易い解説の月刊誌「歴史街道」◆

昨日は、お約束通り長野市立博物館の特別展「山村に生きた武将たち~東の真田 西の大日方~」に行って来た。

信濃先方衆の「ていぴす」殿と相模よりの客人「馬念」殿とご一緒であった。

大日方氏の末裔の方のギャラリートークまで時間があったので、甲冑を着させてもらうイベントに参加した。

自画像① 
小生は身長182cmとガタイがデカイので、防具というよりは野球のキャッチャーのプロテクターのようだ・・(笑)

約10kgの甲冑だが、愛知ではこのような甲冑を誂て「三河おもてなし隊」と称する方々がいるようだし、我が上田「真田十勇士おもてなし隊」が活躍しているらしい。

この恰好で山城攻めは無理だと思うが、昔の人は凄かったんだなあーと改めて思う・・・(汗)

大日方氏資料①
売り切れ必死の特別展の史料。500円は破格の値段でお買い得だ。

特別展は11月24日(日)まで。ギャラリートークは11月2日(土)と最終日の11月24日(日)。(14:00~)

記念講演会は10月27日(日)。いずれも入場料だけでOKなのは嬉しい。

大人も体験できる甲冑試着は楽しいですよ!!


そうそう、先日気になる雑誌があり思わず購入した「歴史街道11」

歴史街道11

正直なところ、杉原千畝の記事には涙が溢れた。日本人で有る事を誇りに思います。

また、衝動買いの原因だった特集記事の「武田勝頼の真実」(平山優氏著)には思いっきり共感した。

後世の評判は酷いが、間違いなく勝頼は優れた戦国武将でありもっと評価されるべきであろう。

平山氏の解説は分かり易いし、しっかりした裏付け史料に基づいているので必読ですネ!!






Posted on 2013/10/06 Sun. 22:20 [edit]

CM: 2
TB: 0

1003

仙石権兵衛秀久展~小諸城 北国街道400年祭~  

◆信長・秀吉・家康に仕えた波乱万丈の戦国武将に刮目(かつもく)せよ!◆

お昼の某国営放送のTVニュースの長野版で「小諸城・北国街道400年祭り~仙石権兵衛秀久展~」を紹介する画像が流れた。

「へえー、小諸市もやる時はやるんだねえ・・」(笑)

しかし、10月6日(日)で展示会は終了だという・・・(汗)

「ありゃま、もうお終い??そりゃまた急な話だねえ、いっちょ見てみますか・・」

仙石権兵衛秀久展 (2)展示会場は小諸城大手門から徒歩50mの小諸本陣主屋で周辺に立て看板がある。

仙石権兵衛秀久展 (5)展示会場の小諸本陣主屋。

小諸本陣主屋は北国街道小諸宿の大名の宿舎として使用されたようだが、明治十一年に佐久市鳴瀬の桃源院に移築される。

平成九年に桃源院のご厚意により小諸市が譲り受け、現在の場所に移築したという。(本来は小諸本陣の問屋場の隣にあった)

現在は歴史資料館として無料開放しているらしい。

小生、そんな話は初めて聞いたので、長野県以外の方でご存知の方は皆無に近いであろうか・・(汗)

仙石権兵衛秀久展 (22)

まあ、そんな話はともかく、小諸城を近世城郭として整備した初代藩主仙石権兵衛秀久展にお邪魔してみた。

相変わらず小諸市のイベント宣伝の下手さは目を覆いたくなるような悲惨さだ・・(汗)

イベントが行われている事すら、市民の大半は知らない。

なので、近隣の市町村の住民が知る術も無い。同好会程度の催しなら話は別だが・・。

小諸城パンフレット①
なかなか良く出来たパンフレット。

一生懸命やっているイベントに文句は云いたくないが、そこには戦略も戦術も無い。

9月25日~10月6日までの12日間のイベント。

お金かけなくても、仙石秀久は講談社の週刊「ヤングマガジン」に「センゴク一統記」として連載され知名度も高い。(最近はツマラナイらしく、小生も単行本の購読を止めたが)

そこそこの周知と宣伝で何とかなりそうなものだが、入場無料というが第二の弊害であろう。

無料(タダ)=つまらない展示品、見ても仕方がないというイメージ。その通りだ。

「金取れ!!!!、原作者の宮下英樹呼べ!!!!」

仙石権兵衛秀久展 (9)
玄関脇のポスター。

残念な事に今回の企画展の展示品、撮影はOKなのだがブログアップは個人情報の守秘義務に抵触するのでご遠慮頂きたいとの事でした。

また、小生のような「にわか秀久信者」のマニアックな質問にも快く返答いただきました。

「小田原の役で復帰した秀久は家康の陣地を間借りし二十二人の兵隊しかいなかった。その彼が活躍して秀吉に赦されたというのは作り話に近い・・・」

今回の企画展を主催した桜井氏は云う。

「小諸城の改修における強引な人員徴収で集落が何ヶ所か消えた(逃亡)のは事実で、秀久の五男が秀久の死後にその責任を取らされたというのは事実である」とおっしゃっていた。

仙石権兵衛秀久展 (13)会場にあったこの鎧は試着可なのだという。

苦労して四国十万石の大名まで出世したのに、九州攻めの総大将として攻め入るが敵の計略にまんまと引っ掛かり大失敗で懲戒解雇。(司令官が敗戦の責任を取らずに部下を見殺しにして真っ先に逃げ帰った)

四年間の浪人生活を過ごし、小田原の役に最後の賭けとして無断参戦し見事復活する。(旧知の家康に強引に頼み込んだらしい)

小諸城の野面積みの石垣と深い空掘りを見ると、仙石秀久の生きて来た時代が分かるような気がする。

小諸城 (83)本郭手前の空堀。

小諸城 (67)野面積みに浪漫を感じるのは小生だけだろうか?

いずれにても今週末までの開催である。

興味のある方は、無料なので、是非お出かけいただきたい。

無料駐車場は無いので、大手門付近の市営駐車場(1時間100円)に止めて下され。

その代わり、入場料、見学料は無料である(笑)

仙石権兵衛秀久展 (23)大手門は「男気」を感じる雄大で豪快な門の造りであった。








Posted on 2013/10/03 Thu. 22:34 [edit]

CM: 2
TB: 0

0928

山村に生きた武将たち~東の真田 西の大日方~  

◆長野市立博物館特別展のご案内◆

第56回特別展 川中島の戦い開戦460周年 山村に生きた武将たち~東の真田 西の大日方~

tp2.jpg


期間  10月5日(土)~11月24日(日)
会場  博物館特別展示室
入館料 常設展示室と共通

 常設展示室 入館料
  一般300円 高校生150円 小中学生100円
 (20人以上は団体割引:一般240円 高校生120円 小中学生80円)

  ※毎週土曜日は、子どもウェルカムデーにつき小中学生は無料です。
  ※5月5日(こどもの日)は小中学生は無料です。
  ※文化の日(11/3)は入館無料です。

  川中島の戦いを、長野市の中山間地に生きた大日方、真田という2つの武将を軸に展示します。
  この展示をとおして、中山間地の歴史の奥深さと、ひいてはその魅力を引き出します。


【らんまるコメント】

極めてマイナーな大日方氏がこういう特別展で取り上げられるのは初めてではないでしょうか。

大日方氏も信濃の戦国の世を生きながらえた立派な豪族であり、境目の城としての争奪戦が有名な千見城の勇猛な城将として登場します。

千見城見取図①

ギャラリートークショーや講演会もあるようなので、興味のある方はご参加お待ちしております。

小生も初日は参加する予定です。

真田信綱が長篠の戦いで散った際の「血染めの陣羽織」も展示されるので、真田ファンも必見ですね。

パンフレットは⇒特別展

詳細は⇒長野市立博物館特別展

千見城 (43)千見城の主郭と背後の高土塁。

「大日方氏の苦難の歴史を知らずして、信濃の古武士は語れまい・・」

Posted on 2013/09/28 Sat. 20:38 [edit]

CM: 4
TB: 0

0917

長篠城 番外編  

◆その熱意と採算を度外視した英断に惜しみない拍手を贈りたい◆

前回掲載した全国区の長篠城のブログや記事は、WEB上に腐るほどあるのだが縄張図は城跡の看板頼みがほとんどで、鳥瞰図を描いているのは余湖さんぐらいだった・・・。

そんなネットサーフィン(死語?)で偶然見つけた「長篠城の模型」発売の記事。

それはディアゴスティーニの創刊「安土城をつくる!」を越えた衝撃だった・・・(笑)

お城ジオラマ復元堂長篠城

その昔、日本の名城シリーズとして「姫路城」「大阪城」「江戸城」などの天守閣の模型が発売されガキの頃はナケナシの小遣いやお年玉を注ぎ込んで購入して作った記憶がある。

そのシリーズの中でも岐阜城が最高だった。第二次世界大戦のジオラマ再現が三度の飯よりも好きだった変人小学生も、岐阜城は原作を無視して勝手に作り込んだ記憶もある・・(爆)

近世城郭なら石垣と建造物というコンセプトで模型にしても売れるだろうが、土の城(戦国の城)を模型にしようなんてオカシナ奴なんぞ現れないだろうナ・・・

しかし、実現した人がいたのである。二宮社長は究極の重症患者であった・・。

HP及び注文方法はこちら⇒お城ジオラマ復元堂

長篠城模型①
長篠城の丸馬出しと三日月堀は疑問が残るが、細かい事はこの際忘れよう(笑)

このシリーズの開発にあたり、藤井尚夫氏が監修し、宮原道晴文庫の古城図を参照してるとか。

1/1500のジオラマモデルが13650円(古地図付き)。自分で作ると思えば絶対に安い。(テーマCDは不要だと思うが)

建て物や門、櫓、土塀の配置は自由なので好みの位置に置いて塗装すればよい。

丸馬出しも気に入らなければ紙粘土で埋めればいいだろう。

あと、要望するとすれば1/1500の馬や兵士がオプションで発売されれば最高だ。(無理っぽいが・・)

採算ベースを狙うなら、「戦国籠城戦シリーズ」としてジオラマにするべきだろうか?



頑張れ、二宮社長! その英断に心から惜しみない拍手を贈ります!!

Posted on 2013/09/17 Tue. 12:00 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

▲Page top