らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0613

航空母艦 瑞鳳 (エンガノ沖海戦仕様)  

◆軽空母ながら、数々の海戦で活躍した歴戦の雄姿◆

「ええい! プラモ記事など掲載せずに山城の記事を更新せんかい!!」とお叱りを受けそうだが、これはこれで記事にするのが楽しいのである・・・(笑)

艦船模型もブラウザゲーム「艦これ」の貢献度は偉大で、従来艦も金型が新しくなったり、製品化されていなかった艦船がラインナップに加わったりブームはまだまだ続きそうですネ。ありがたい事ですw

軽空母瑞鳳 (1)
本体はハセガワ製で「艦これ」部分は青島が担当したコラボ作品。(この模型は従来金型)

しかし、真面目な艦船モデラーが、艦これ版のイラストの箱絵を家に持って帰れるか?というと、かなり勇気がいるのである。(ってか家庭内で立場が危うくなるので絶対に無理だと思われる・・・汗)
新しい金型の艦船が「艦これ」先行で発売になると、通常パッケージは約半年遅れになるのでヤキモキしながら待たされる。

小生のような不良中年でさえ、この箱を持ってレジで会計するのはかなり赤面で、「ルーラ」とか「リレミト」を唱えたが無駄だった(笑) 家庭内への持込みは、山城趣味よりも市民権を得ているらしいので見て見ぬふりで入国審査はパスしたが・・(爆)

軽空母瑞鳳 (3)
甲板の下地塗装の上から迷彩塗装(推定)の準備。曲線用のマスキングテープは慣れないと使いづらい。

軽空母瑞鳳 (7)
側面の迷彩は貨物船の形のカモフラージュで対潜水艦用だとか。

軽空母瑞鳳 (8)
このキットは迷彩模様のデカールキットが入っているので、えいやーと塗分けてみた。

【艦歴】

日本海軍では、いざ戦時になった時にやん旗艦で空母に改修して戦力を補強できるようにするための、高速給油艦「剣埼」(1番艦)と「高崎」(同型艦)の建造を計画しました。「高崎」は建造途中で潜水母艦として完成させることになりましたが、さらに設計変更されて昭和15年12月、横須賀工廠で航空母艦「瑞鳳」(ずいほう)と改名されて完成しました。

軽空母瑞鳳 (22)
デカールを貼ってみた。迷彩塗装は敵の攻撃機から「右旋回中の戦艦」に見えるようにデザインが考えられたというが。

ミッドウェー海戦、南太平洋海戦、マリアナ沖海戦と転戦し、この間に前部飛行甲板の延長と対空火器の増強が行われました。連合艦隊最後の決戦となったレイテ沖海戦では囮部隊として小沢艦隊に所属し、作戦行動中の昭和19年10月25日、エンガノ沖海戦でアメリカ機動部隊による三波にわたる空襲により、ついにその艦命を終えました。

軽空母瑞鳳 (21)
側面に赤錆を入れてウェザリングしてみた。(チョッとわかりづらいか・・・)

軽空母瑞鳳 (20)
飛行甲板もタイヤ痕スリップ痕やすすで汚して戦闘状態を再現してみた。(いやいや、汚しすぎだと思いますが・・・)

【とりあえず完成させてみた】

瑞鳳は甲板に艦橋を設置しないフラットトップ型の航空母艦で、搭載機は零戦五ニ型、零戦二一型、天山などであった。
先日購入した艦船プラモ本では、瑞鳳の二一号電探(対空レーダー)の位置については、前部エレベーターの前で遮風柵の後ろではないかと推定した記事がありました。(このプラモは通説の甲板中央より後方の左側)
色々と研究しこだわりを持て再現するというのは、さすがプロのモデラーですネ、頭が下がる思いです。

軽空母瑞鳳 (24)
ゴミじゃありません、零戦五二型、天山一二型の大軍の塗装乾燥中の一コマですw

軽空母瑞鳳 (25)
空母瑞鳳、完成です!

【空母瑞鳳 主要項目】 (建造時)

基準排水量:11,200t  全長:185m 幅(水線最大幅):18m 飛行甲板(長さ×幅):180×23m 吃水:6.64m
旗艦出力:52,000hp 武装:40口径12.7cm高角砲(連装×4) 
搭載機:(常陽1機)、艦上攻撃機(常用6機/補用3機)
速力:28.0ノット
完成:1940年

軽空母瑞鳳 (27)

【おまけ】

せっかく恥ずかしい思いをして購入した「艦これ」とのコラボ作品なので、最終仕上げは以下の通り!!

軽空母瑞鳳 (31)
ブラウザゲーム「艦これ」ではその容姿とキャラボイスで圧倒的な人気を誇る瑞鳳。

軽空母瑞鳳 (32)
「艦これ」とのコラボシリーズは基本的に価格が高め設定なので、個人的には前回の大鯨と今回の瑞鳳で終了予定です・・(汗)

しかし、この溢れる情熱が何故か今は山城ブログに向く事は無い・・・・(笑)



スポンサーサイト

Posted on 2018/06/13 Wed. 16:31 [edit]

CM: 2
TB: 0

0514

潜水母艦 大鯨  

◆最新工法の試行錯誤で完成までに5年を要し、最終形は軽空母となった変わり種◆

多芸多趣味は身を滅ぼすと知りつつ、そんなに寝食忘れて打ち込む本命の趣味など持ち合わせていないのが現状である・・(笑)

「プラモ戦記」なるカテゴリーの記事も3年間放置しているので、違う趣味に走ったのか?と思われる方もいるかもしれない。

残念ながらミリヲタプラモの趣味は継続中で、正月にはエアブラシまで買い揃えて水面下で亀の歩みの如く進行中なのである。

今回完成したのは、今年五周年を迎えたブラウザゲーム「艦これ」に登場する「潜水母艦 大鯨」(たいげい)。

IMG_4712.jpg
意味深なエレベーターと後付けの偽装煙突は世を偲ぶ仮の姿ということが分かります・・・(笑)

【艦暦】

潜水母艦大鯨は、海大、巡潜型などの大型潜水艦が誕生し、それらと行動をともにするにはこれまでの迅鯨型の潜水母艦では能力不足であるとして、昭和8年の第一次補充計画(①計画)の追加計画で成立した。

横須賀海軍工廠にて4月12日起工、大規模電気溶接での加工法を採用した、今日の先駆けとなる船体ブロック建造方式を採用し翌年3月に竣工したが、鳴れない製造方法のため、進水式を前に大きな歪みが発生し、進水式後は船体を切断、矯正する事となった。

IMG_4710.jpg
94式水上偵察機は三機搭載。

さらに搭載したディーゼルエンジンの故障が頻発し、竣工は昭和9年3月末となった。しかし、第四艦隊事件による船体強度不足の指摘と、航空母艦改装への準備も盛り込んだため、完成したのは昭和123年9月であった。

同月、第一戦隊旗艦に編入、その後旗艦となり、北方方面、南方方面へ潜水艦と共に活動。開戦後、12月20日横須賀海軍工廠にて航空母艦への改装に着手。ディーゼルエンジンの換装や、昭和17年4月18日のドーリットル空襲による被弾で甲板修理に4ヶ月を要すなど工期が長引くも、同年11月28日解消が終了し、同月30日に「龍鳳」と命名され航空母艦として運用された。

IMG_4711.jpg
エッチングパーツもあるようなので、もう少しイジって見たいと思うが・・・。

その後は、同時期に軽空母に改装された瑞鳳、祥鳳とともに機動部隊として参加するが、マリアナ沖海戦後は艦載機の不足により輸送艦として各地を転戦し、本土帰還後は練習空母となり最後は呉軍港の防空砲台として終戦を迎え昭和21年9月に解体されその生涯を閉じた。

IMG_4713.jpg
まあね、甲板上の艦橋もすぐに撤去出来る作りみたいだし・・・。

【主要諸元】

●排水量:14,400トン  
●全長:215.65m
●水線長:211m
●最大幅:20m(最上甲板)
●出力:13,000馬力
●速力:18.5ノット
●兵装:12.7cm高角砲2基、40mm連装機銃2基、呉式2号5型射出機、九十四式水上偵察機3機搭載

IMG_4709.jpg
「艦これ」とのコラボ作品なので、専用シートに載せてネームプレートを置くと、完成品はこういう状態になるのだが・・・。

そういう趣味もある「らんまる攻城戦記」は嫌いになっても、祖国を守るために太平洋の各地を転戦した「潜水母艦大鯨」の事は嫌いにならないでください!!(笑)

Posted on 2018/05/14 Mon. 22:15 [edit]

CM: 6
TB: 0

0104

2015年の初春によせて  

◆今年は戦後70年のメモリアルイヤー◆

遅ればせながら、新年明けましておめでとございます。今年もお付き合い頂ければ恐縮でございますw

暴飲暴食のツケが怖い毎年のお正月、「シャキッとせんかい!!」(笑)

伊370・伊68 (1)
奥が伊68(または168とも)、手前が伊370(人間魚雷回天搭載)

約1年ぶりにプラモを作ってみた。表面上は空母マニアなのだが実は潜水艦がもっと好きなコアマニアである(汗)

1/700はデカイ戦艦・空母あたりの作成には適しているが、駆逐艦・潜水艦クラスになると部品も小さく細かいし塗装も大変である。

伊370・伊68 (3)
伊68。ミッドウェー海戦で米空母ヨークタウンを撃沈するも翌年ビスマルク海峡で米潜水艦の雷撃を受け沈没。

小生、ミリタリーではあるが右翼でもないし左翼でも無い。

人殺しの兵器や武器に興味を持つなど言語道断と言う方のご意見もご尤もである。

が、開戦当時の日本の造船技術は間違いなく世界のトップであり、軍艦という用途で建造された艦船ではあったが、他の国のどの船よりも機能的で美しいのだ。

無論、戦争を賛美するつもりなど毛頭も無い。

伊370・伊68 (2)
当初は兵士や兵器、食料などを前線に輸送するために建造された丁型潜水艦の伊370。回天の母艦に改造された。

国家と国家の紛争解決の解決策として武力を行使するのが戦争である。

日本がこぶしを振り上げて始まった太平洋戦争の終戦は昭和二十年(1945年)の八月十五日。

今年はその終戦から70年のメモリアルイヤーである。

残念な事に、終戦記念日すら風化しているのが現実だ。

同じ過ちを繰り返さないように立ち止って振り返る良い機会だと思う。

私たちの今の平和は、愛する家族や国の未来の為に戦い死んでいったご先祖様が残してくれた宝物なのだ。

伊370・伊68 (4)
最初の特攻兵器となった人間魚雷「回天」5基搭載。硫黄島に出撃するも米駆逐艦により母艦と共に雷撃され全員戦死。

今年は戦後70年にちなみ、戦争関連の映画が多く封切り公開になるという。

1967年上映された三船敏郎主演の「日本の一番長い日」もリメイクされて8月8日に公開されるらしい。

自分のルーツはもちろん、日本人としての立ち位置も振り返る、そんな年になればいいですネ。

Posted on 2015/01/04 Sun. 11:53 [edit]

CM: 2
TB: 0

0421

戦艦 扶桑②  

◆独特なシルエットを持つアンバランスの魅力◆

ん十年ぶりに上田城址公園に花見に出掛けた。

案の定、もの凄ーーーーーーーーい混雑で、花見というよりは「人見」である(笑)

千本桜

青空と白黒のシンプルな櫓、そして石垣のコントラスト+満開の桜は、忘れ得ぬ日本の風景なのである。


で、買ったものの手を付けるのもおっくうだった「戦艦 扶桑」

ようやく進水式と相成りまいた(汗)

fusou1.jpg
メインマスト、煙突、後部艦橋

fusou2.jpg
副主砲16門を取り付ける。

なんせお酒飲みながら毎晩チビチビと製作していたので、途中の過程は全く覚えていない‥‥
(ってか飲み過ぎでしょ!)

どうやらアルコールと塗料シンナー漬けの日々だったようだ・・・・(爆)


fusou3.jpg

【扶桑について】

扶桑は大正六年11月呉工廠で完成された。従来日本の戦艦には、国の名がつけられることになっているが、日本の別名が付けられた。完成時には世界最大、最強、そして史上初めて基準排水量で30,000トンを超えた軍艦であった。建造直後の扶桑の艦影は、煙突が二本であったがこれはすぐ改造されたようである。
1930年~1936年には近代化改装工事が行われ、さらに1938年~1942年は第二次改装工事が行われたが、開戦時には旧式艦であったため、太平洋戦争の大部分を、この艦は練習艦として瀬戸内海にあった。
フィリピン沖海戦には、スガリオ海峡作戦(1944年10月25日)に参加、米艦隊の集中攻撃を受け、スガリオ沖に沈んだ。
艦橋の独特なシルエットの成り立ちは、3番砲塔の上にカタパルトを設置し、航空機揚収用デリックを艦橋の後ろに設置されていた開戦前の姿で確認出来ます。

緒元(最終時)

基準排水量:34,700トン 排水量:39,154トン 全長:212.75メートル 最大幅:33.08メートル
馬力:75,000馬力 速力:24.7ノット 主砲:36×12 副砲:15×16 高角砲:12.7×8

fusou4.jpg

同型艦には「山城」があり、3番砲塔の向きが逆になっている。

バビルの塔を連想するようなアンバランスな高さ50mの艦橋は圧巻である。

美しき老朽艦を最前線の戦場に送り込まねばならないほど日本海軍は窮地に追い込まれていた。

山城も扶桑も爆沈したので、生存者はほぼゼロに近い悲劇の戦艦だったという。




Posted on 2012/04/21 Sat. 17:09 [edit]

CM: 2
TB: 0

0403

戦艦 扶桑  

◆らんまる艦隊の守護神の着工はいつになる?◆

超弩級戦艦といえば大和や武蔵なのだろうが、大正6年に竣工した「扶桑」がイイのである(笑)

扶桑型の戦艦としては姉妹艦である「山城」のほうが知名度があるのだが、ブログの内容とダブり紛らわしいので扶桑になりました。

正直なところでは、プラモ店では山城の在庫切れだっただけである…(爆)

NEC_0052.jpg

高さ50mという異様な主艦橋はまさしく「バビルの塔」である。そこが痺れるのである。

三番主砲にカタパルトを付けているのもお洒落なのだ。

「面舵いっぱい」したら転覆しそうな勢いだ・・・・(笑)

NEC_0053.jpg

こんな欠陥だらけの戦艦を作った旧日本海軍は素晴らしい。

衝動買いしたまではイイのだが、着工はいつになるのか見当もつかない。

そのうちお披露目出来るといいのだが・・・・・(汗)


Posted on 2012/04/03 Tue. 22:29 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top