らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0125

脚色不要の実録「真田三代」  

◆史実のみで語られる真田家の実像◆

小生の「戦国の城」ヲタクのルーツは新田次郎の「武田信玄」と池波正太郎の「真田太平記」である。

いずれもノンフィクションの小説でありながら、キチンと現場を取材し史実を確認しながら脚色し展開する歴史小説なので臨場感が凄い。読み耽る書物に出逢えるというのは至福の時である。

001.jpg

昨年、某国営放送局の2016年大河ドラマが「真田丸」になり、戦国時代最後の大物で地上波未登場だった真田幸村が主人公になる事となった。脚本は三谷幸喜氏で主演は堺雅人さんに決まったのは周知の通りである。

上田市民の悲願であった(?)大河ドラマの誘致に成功したものの、自治体が推進していたのは「天地人」の火坂雅志氏の「真田三代」。柳の下に泥鰌は二匹いないのだが、お役所の思考回路が短絡であることを証明した(笑)

小生のお勧めは平山優氏の「真田三代」(2011年 PHP新書)

先日、残雪厳しい砥石城で平山センセに初めてお目にかかりました。
日本中世史専攻の研究者の第一人者でありますが、現役の高校教師でもあるので、分かり易い表記や記述には定評があり、武田氏研究会副会長でもある。

真田丸の誘致効果もあり、地元の書店「平安堂」ではベスト5の売上にランクインしている。(凄)

税別860円。こんな価格でいいの?と思うようなのだが、幸村の章は極端に短いのでそこだけが難点か・・・(汗)

002.jpg

平山優氏の「武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望」(2011年 戎光祥出版)は、信州の城跡と地侍の興亡を語る上では欠かせない名著である。



スポンサーサイト

Posted on 2015/01/25 Sun. 21:22 [edit]

CM: 10
TB: 0

1015

翔る合戦屋  

◆合戦屋シリーズ三部作の完結編遂に登場◆

昨日は何気に近所の本屋に立ち寄った。

そういえば、そろそろ「哄う合戦屋」「奔る合戦屋」の続編が出そうな時期である。

それは新作コーナーにあったのだ!

「翔る合戦屋」

迷わず購入しイッキに読んでしまった・・・(汗) 1,400円もするのに・・・・(笑)

翔る合戦屋②


あの武石峠で二人で仁科勢五百に挑むラストのエンディングが印象的だった「哄う合戦屋」の真の続編である。
※「奔る合戦屋」は続編であるが、「哄う合戦屋」の前篇ともいうべき作品。

天文十九年(1550)、夏。
武田の信濃への侵攻は、ますます激しくなっていた。
村上、小笠原、遠藤を中心とした信濃勢と武田晴信との戦いの火蓋が、ついにきって落とされる。
真田幸隆、仁科盛明など名だたる豪将がせめぎあうなか、石堂一徹は、再び天下という夢に向かって動き出す。
「若菜と天下を二つながらに我がものとしてみせようぞ」
(装丁裏面の文章を引用)

史実にフィクションをはめ込むという難しい設定を自然体で表現し、あたかもこの小説が真実であったような錯覚を覚える。エンディングは賛否両論あると思うが、続きがいつか登場しそうな予感で終わっている。

秋の夜長に、信濃の戦物語を堪能していただきたいお勧めの三部作である。

著者:北沢 秋
出版社:㈱双葉社  初版:2012年9月23日

Posted on 2012/10/15 Mon. 20:44 [edit]

CM: 2
TB: 0

0522

奔る合戦屋  

◆信州を舞台にした「哄う合戦屋」の続編◆

ブログにリンクさせていただいている武蔵の五遁さんから「哄う合戦屋」の続編が出ているとの情報を得て早速本屋に買いに行きました。

「のぼうの城」の和田竜さんの二番煎じかなあーと思った前作でしたが、主人公の石堂徹の生い立ちを描いた今回の小説はフィクションともノンフィクションとも取れるものの、信濃の戦国時代の背景を再現した秀作です。

奔る合戦屋1

冷静沈着であった主人公が主家の思慮の浅はかさから妻子を失い、妻子と部下の弔い合戦には「死兵」となり阿修羅の如く立ち振る舞い村上家を出奔する過程の描写には、涙腺の脆いお年頃とはいえ、読んでいても溢れる涙を禁じえなかった。

著者の北沢氏は、信濃の戦国武将や信玄に関する膨大な資料を確実に読みしっかりと筋書きを立てている。

歴史に興味がなくとも、是非一読していただきたい歴史小説である。

Posted on 2012/05/22 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0307

信濃戦国武将列伝  

◆地元地方紙新聞社の心意気に拍手喝采!◆

長野県民の80%以上は購読していると思われる信濃毎日新聞。

らんまる家では全国紙こそ天下統一の礎の家訓があり、何故か読○新聞を購読。実は販促品欲しさからの購読であると云うが定かでは無い・・・(笑)

私の趣味に唯一賛同して頂ける会社の役員から信濃毎日新聞の特別号を押しいただいた。

sinmaiIMG.jpg

イラストに賛否両論はあるものの、全戸配布の地方紙で信州の武将を取り上げるのは異例の事だ。

これなら歴史に興味を持ち始めた小中学生にも分かり易い。

sinmaiIMG_0004.jpg
↑≪北信の武将たち≫では他に高梨氏、尾崎重歳を特集している。

sinmaiIMG_0002.jpg
↑≪中信の武将たち≫では他に木曽義昌、レアな三村長親をピックアップしている。

sinmaiIMG_0005.jpg
↑≪東信の武将たち≫では、他にマイナーな平賀玄信(源心)、知る人ぞ知る小田井又六郎などを特集。

sinmaiIMG_0003.jpg
↑≪南信の武将たち≫では他に、知久頼元、藤沢頼親、下条信氏などあり得ない知名度の武将が登場する。

監修は信州大学副学長の笹本正治氏。
イラストは「トキワ荘プロジェクト」を経て「戦国武女子、参る」でデビューした そら あすか さん。

名所旧跡紹介もあるので、信濃戦国時代入門編としては完成度が高い。

この特別号を読んで、中世城郭に興味を持つ若い世代が育ってくれることを願うばかりです。

信濃毎日新聞社の企画と英断には、惜しみない拍手と賞賛を贈りたいと思います。

この誌に関する問い合わせは
〒381-0037 長野市西和田1-30-3 信毎書籍印刷株式会社「信濃武将列伝」係まで。
℡:026-243-2105

らんまるお勧めの特別号だ。手に入れておいても損は無い。



Posted on 2011/03/07 Mon. 22:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

0304

怪しい書店  

◆バイブルは意外なところにある?◆

らんまるの攻城戦記のキッカケはサイトでみつけた城と古戦場~戦国大名の軌跡を追う~から始まりました。

管理人のマサハレ様の信州の山城に関する記事を拝見していくうちに

「信州在住の人間がこのままではイカン・・・」と思うようになりHPを頼りに攻城戦記を始めました。

宮坂先生の「山城探訪図」や「長野郷土史研究会機関誌 長野」の存在を知ったのも彼のHPでした。

「城と古戦場」はらんまるの兵法書とも言える「バイブル」ですネ。

NEC_0032.jpg

彼の「史料批判」で紹介された本に信州の城と古戦場がある。

近隣の書店やネットでも探したが見当たらず諦めていたが、先日仕事で訪れた長野市内のお客様の近くにある古びたショッピングセンター内にある「怪しい書店」(失礼)でこの本を見つけた!!しかも新品!迷わず購入する。

既に攻城した城跡の記事が多数掲載されており、新鮮な感覚になったのは云うまでもありません。

未訪問の城に関する記事もあり、今後の攻城戦の事前知識としては役に立ちそうな予感・・・。

この本屋には戦国に関する本で品切れのレアものがあるようだ。

で、ついでに寄った市立図書館。偶然に見つけた「依田信蕃」の本。借りたのは云うまでもない・・・(笑)

NEC_0035.jpg

彼の軌跡を訪ね回り、菩提寺のある田野口(竜岡城址近くの寺で蕃松院)まで行った隠れファンなので、読書感想文は近々掲載予定とします・・・(爆)


Posted on 2011/03/04 Fri. 23:19 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top