らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0905

岩櫃城(東吾妻町)  

★真田氏の上州攻略の本拠地★

こんばんは。

池波正太郎先生の歴史小説「真田太平記」では、岩櫃城(いわびつじょう)で真田昌幸と草の者(忍者)の頭である壺谷又五郎が「地炉の間」で密談するシーンが幾度か登場します。

10年前に真田太平記の全12巻を読み終えた時、「どうしても訪ねたい城跡」の一つでした。

真田ゆかりの上州の城といえば沼田城や後北条氏征伐の発端となった名胡桃城(なぐるみじょう)が有名ですが、今回は真田幸隆が心血注いで奪取し、夢にまで見たこの城をご紹介します。

CIMG2719.jpg
↑えーまた熊なの?クマは勘弁です・・・ってか、こんな看板つけたら誰も見に来ないでしょ!(怒)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2009/09/05 Sat. 15:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top