らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0628

御岳山城(長和町)  

◆朽ち果てた社が物語る栄枯盛衰◆

中世の城郭を探訪すると、ほとんどの城跡では秋葉社または御嶽社の碑があります。

皆さんの地元でも「城山」と呼ばれる地籍は中世の古城の跡です。

御岳(みたけ)山城は、長窪古町の西の山沿いに走る長門バイパスの西側、不動沢川に左岸に位置する。不動沢口の北側には堀の内と呼ばれる一画があり、城主の居館跡と思われるが、はっきりしたことは分からない(『図解 山城探訪』)。鎌倉時代にこの一帯に勢力を持っていた有坂氏、和田氏、あるいは依田氏が城主とも推定されるが確証は無い(『新編 長門町誌』)。
城址には御岳社が残っているが、これは養和元年(1181)依田為重という人物が山麓に城を築いた際に勧請したという(『御岳社由緒書』)。
※以上の注釈は城と古戦場より

mitake001.jpg

城の登り口が不明なので、墓地裏から直登すること20分。
正直言ってこの城跡は不気味で、観察もろくにせず下山。

mitake006.jpg

霊感が強いので危険の知らせがありました。

この付近の大門街道には主要な城が多いのですが、利用価値の低い山城だったのかもしれません。

mitake009.jpg

甲冑を着て登るなんて、昔の武人は相当な体力があったのでしょうネ。
登り始めて5分もしないうちにバテる自分はやはり体力不足の現代人です(笑)

場所:小県郡長和町古町不動沢
攻城日:2010年5月16日
お勧め度:★★☆☆☆
見どころ:土塁、堀切、朽ち果てた社
時間:20分の直登は傾斜もあるのでかなりキツイ


Posted on 2010/06/28 Mon. 07:28 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top