らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0724

根羽城(上田市)  

◆雑兵の如く崖を登る◆

小屋坂峠から南へ登ると鳥屋城、北東へ進めば根羽城。
藪こぎ隊の皆さんのHPを頼りに小屋坂トンネルから登り始めたのだが、真逆の丸子側から攻めてしまい5分もしないうちに道が無くなる(笑)

neba01.jpg

方向はわかるのだが、生い茂る草木を掻き分けている途中で発見した石積み。

城郭研究家の方々が真田昌幸が改修した「張りぼての城」とか「はったりの城」という遺構なのか??

neba02.jpg

恐ろしく急斜面な山肌をを這いつくばって登る。

「道間違えたかなぁー」

名も無き最前線の雑兵はきっとこんな気持ちだったんでしょね。

neba03.jpg

崖から転落しそうになりながら、石積みの郭の背後を発見!

neba04.jpg

「あっ、三角点だ。撮影しなくちゃ・・・って登山家か!」

この城の出自は不明なようですが、少なくとも丸子城の尾根続きであることや、大門街道や鹿教湯方面に対して備えを厳重にしていることから、真田昌幸が徳川や北条、小笠原に対して出城を大掛かりに修復したものと考えられます。

neba05.jpg
↑中央を流れるのは依田川。大門街道方面

恐らく第一次上田合戦と第二次上田合戦にも兵を入れたのでしょう。
徳川秀忠が上田城の攻略を諦め丸子城周辺を回避しながら和田峠を目指したのは、こうした支城の堅固さを察知したのからだと云われています。

neba07.jpg
↑丸子城方面の北側の尾根には数条の堀切があるが、南側よりは厳しい備えではない

十人ぐらいしか居住出来ないので、農民に旗を持たせて疑兵でカモフラージュしたというのが真相かもしれません

neba08.jpg

場所:上田市腰越向井(標高695m 比高差130m)
攻城日:2010年5月16日
お勧め度:★★☆☆☆
行き方:254号線を武石方面から小屋坂トンネルへ。トンネル手前に路側帯があるのでその脇の右側から階段を右に登る。左へ進めば鳥屋城址。約15分程度。
見どころ:堀切、ダミーの石積み(山麓)、土塁、主郭背後の石積み。


Posted on 2010/07/24 Sat. 00:09 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top