らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0818

牛伏城・アラ城(上田市)  

◆矢島屋敷の詰城◆

前回に引き続き太郎山城塞群のご紹介です。(勝手につけた名称です)

上田市常盤上平地籍には矢島屋敷(北林城・矢島城)と呼ばれる地元の豪族の館跡があり、その東側の尾根上には牛伏城、更に尾根の峰続きの奥の高地にはアラ城があります。

tarou01.jpg

牛伏城とアラ城の位置関係は、周辺の小泉城や祢津城、小牧城にみられるような「上の城」と「下の城」の関係であり、一つの城域と見るのが自然かもしれない。

【牛伏城】

別名を牛頸城(うしくびじょう)とも。
上の写真で何となく牛が寝そべっている首の部分にあるのが由来らしい。(アラ城はお尻になる)

築城時期や居城者は不明。北林氏や矢島氏が関係していたと思われる。

登口には虚空蔵堂があるので、その裏山の第一ピークが城域。

usi011.jpg

虚空蔵堂は鎌倉時代に曽我兄弟の仇討で、兄の祐成の夫人だった虎御前が出家後の善光寺参りの帰り道で建立したとの言い伝えがある

usi012.jpg
↑仙石氏による上田城再築城工事で石切場となった南側の急斜面

虚空蔵の西側の三角形の台地が矢島城館跡のようだが、現在は耕作地で面影は無い。

usi013.jpg

東西南北に郭を連結させた作りだが、大人数を留める作りではなく見張り小屋程度の構造。

usi014.jpg

面白い事に、牛伏城の本郭も花古屋城と同じように切岸を背に一段掘り下げられている。
見張り小屋として竪穴式の住居であったのだろうか?

数条の堀切の先には雨水の溜まった場所がある。最近のものかどうか定かでは無い。

usi015.jpg

【アラ城】

別名を荒城、新城。アレ城という記載もある。

牛伏城から尾根伝いに登る事30分。
この時期の攻城戦は熱中症とアブとブヨとの戦い(笑)。1Lのスポーツドリンクが空になるほどの補給を要す。

真夏の攻城戦はまさに修験者の「荒業」とも言える。荒城の語源はここから来ていると実感。

既に体力の消耗は限界。あと500m進んで見当たらなかったら諦めようと思ったその時、防禦用の土塁発見!

ara0781.jpg
↑人工的に作られた盛土

~アラ城址(小県郡誌より)~

太郎山の七合目にある山城ナリ。本郭は方二間にして北に堀切アリ。東、西、南の三方は峻坂なれどその南方のみには降下するに伴い防塞工事を施せり。郭東西五間、南北二間の一部ありて次に東西三間、南北二間の一部、次に東西七間、南北三間の郭・・・・(中略)・・・確かに牛伏城と此の城を併せて一部と見るべきか。

確かに記述の通りの城がそこに眠っていた。かなり崩落が進んでいるが、石積みで補強された砦である。

ara0782.jpg

ara0784.jpg

当時、アラ城からは虚空蔵山城、飯縄城、持越城、燕城が一望出来たはずである。

逃げ込みの城としては牛伏城から距離があるし辿り着く前に息が絶えそうだ。
物見砦または狼煙台としては充分に機能したのかもしれない。

ara0785.jpg

あと20分も登れば太郎山の頂上。
小県郡誌にあるように、この尾根の二つの城は「牛伏上の城」と「牛伏下の城」という一つの城郭して見ても良いのでは?と思います。
構造も似ているし築城時期や改修時期もほぼ同時だったのではないかーと考えます。

≪牛伏城≫
場所:上田市常盤城虚空蔵(標高687m 比高180m)
攻城日:2010年8月15日
お勧め度:★★★☆☆
時間:国道18号線上田バイパス緑が丘信号を北へ。虚空蔵堂の裏から尾根伝い直登15分
見どころ;堀切、土塁、郭の石積み


≪アラ城≫
場所:上田市常盤城虚空蔵(標高830m 比高320m)
攻城日:2010年8月15日
お勧め度:★★★☆☆
時間:牛伏城を北の尾根伝いに30分 ※登山道は結構何とか見えてます
見どころ;堀切、土塁、郭の石積み、防禦土塁



スポンサーサイト

Posted on 2010/08/18 Wed. 22:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top