らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1017

琵琶島城(信濃町)  

◆野尻湖の浮城◆

最近はクマさんが学校や施設で籠城戦を展開し、孤立無援で落城し処刑されています。
後詰めの無い籠城は自殺行為です、ハイ。
でも、クマが集団で後詰めに来るのは考えたくないナー(笑)
山城攻城も気をつけないといけません。
今年は猛暑でドングリが凶作(?)となり、クマの社会も飢饉が蔓延してるとか。


野尻湖に浮かぶ琵琶島(びわじま)の名の由来は、形が楽器の琵琶に似ているからであるが、一般には弁天島と呼ばれています。

nojiri0292.jpg

この島に服を着て?行く方法は二つ。
①貸しボートまたは足漕ぎ白鳥ボートで上陸。専用の桟橋があるので体力に自信がある方にお勧め。
②湖を一周する遊覧船(二等客船で1000円)で上陸。40分後に次の遊覧船が来るので、その間に探索する。

今回の攻城は②を選択。風の強い日だったので①では戻れる(というか辿り着く)自信が無かった・・・(笑)

≪弁天島 宇賀神社の歴史≫

天平二年(730年)五月、当時の沼尻村の産土神として創建されたようであるが、天平年間に僧行基がこの神社に参拝し、社殿を造り御神体を安置し、弁財天女と昌せしより弁財天と誤称したとされており、初め弁財天または宇賀弁財天宇賀神と称し、後に宇賀神社と云う。
平安、鎌倉、室町を経て、戦国時代に及んで神徳の発揚とともに武家の崇敬すること厚く武運長久を祈る。
越後の上杉謙信もまた崇敬すること厚く、重臣宇佐美定行もまた野尻城主(琵琶島城)となりて本社を崇敬すること厚く、自ら宇佐美を宇佐神と改め、社殿を補修して太刀一振りを奉納する。後に徳川時代に至り幕府の直轄となる。

uga03911.jpg
↑一の鳥居。この額の字は天皇北陸巡幸の下見で宇賀神社を訪れた勝海舟の書。(へーそうなんだぁ)

uga03912.jpg
大手口の石段を登る。どこにでもありそうな神社です。

uga03913.jpg
↑三の郭?とも云うべき平坦地を参道が貫きます。

uga03914.jpg
↑上巾3mぐらいですが、みればそれが堀切だとわかります。

≪宇佐美定行の墓≫

この島には上杉二十五将で上杉謙信の軍師と云われた宇佐美定行(定満)の墓があります。
宇佐美定行は、坂戸城主長尾政景(妻は謙信の姉の仙洞院、子はのちに謙信の養子となった景勝)に謀反の疑いがあるとして、永禄七年七月五日、政景を野尻湖に舟遊びに招き謙信公に二心無きよう誓う事を諫言するが、政景が聞き入れ無かった為に、舟の漏栓を抜き背後から政景に抱きつき共に溺死したという。
享年76才。(長尾政景は39才)
後にこれを知った謙信公が定行の忠義に報いる為に具足を埋め教塚を建てたのが墓の由来と云われる。

uga03916.jpg
↑宇佐美定行の墓

~長尾政景急死の謎~

宇佐美定行=宇佐美定満ではなく、架空の人物だったというのが通説らしいし、宇佐美氏の居城の枇杷島城は柏崎だったというのが近年の定説になっています。
また、確かに長尾政景は39才で急死していますが、死因については
①千手城主の下平吉長の坂戸山麓野田尻池(現在の銭淵)における旧怨説(穴沢文書)
②宇佐美定満による信州野尻池での謀殺説(北越軍記)
の二説があります。

天地人09 079
↑坂戸山山麓にある長尾政景の墳墓。野尻の真光寺にも彼の墓所があるという。

上田長尾氏の五代目当主であった政景は、当初長尾景虎(謙信)と確執があったものの、彼が越後国主になると和睦し臣従。その後は謙信に従い関東征戦や武田軍との戦闘で貢献している。
偶然の事故による死なのか謀殺なのかは謎に包まれている。

uga03915.jpg
↑三の鳥居と二の郭?

そんな歴史のミステリーを考えながら宇賀神社の本殿へ。
謙信公も戦勝祈願で詣でたのかもしれません。

uga03917.jpg
社殿は一段高い郭にあります。

この城単独での籠城戦は無理ですね、対岸の野尻城の後詰めが無ければ無意味です。

uga03918.jpg
社殿の裏は腰郭?のような段差が周囲を囲んでいます

飯山と野尻は対武田の最前線として謙信公も厳重な警備を命じています。

外国人の別荘地が軽井沢に次いで多いこの地域。海外の方もお目が高いと見た!(爆)

場所:上水内郡信濃町野尻
攻城日:2010年9月19日
お勧め度:★★☆☆☆
見どころ:土塁、堀切、宇佐美定行の墓
その他:野尻湖の観光遊覧船は、地元の人も知らない野尻湖の歴史解説付きで勉強になります。

スポンサーサイト

Posted on 2010/10/17 Sun. 19:17 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top