らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1215

手代塚城(小諸市)  

◆自然の地形を利用した要害の砦◆

小諸市周辺の城といえば、小諸城や富士見城(大室山城)、耳取城、布引城ぐらいしか思い浮かびませんが、探せば意外と多いのに驚きます。

tesiro.jpg
↑今は耕作地となっている広大な空堀(左側が二の郭、右端が墓地になっている三の郭)

たまたま営業車で通りかかった時に案内板を見つけて城跡だと知った。

小諸市内から布引観音に向かう裏道沿いなので、見落としてしまう場所でもあります。

tesiro (2)
看板にある縄張り図。あまり加工しなくても浮城のような構造なので要害としては好条件だったのだろう。

説明板によると、「手城塚村、大梁村(おおはりむら)の防衛拠点として築かれた要害で、小諸砂石鈔によれば、のちに長尾安芸守祐景が拠る処という。この長尾氏は大井氏の眷族であろう」としている。

tesiro (4)
↑南側の本郭と北側の二の郭の間は畑になっているが、天然の広い空堀だったのがわかる

この地域は小笠原系大井氏が耳取城を本拠として支配していたので、大井氏の一族が配置されたのは間違いないと思われます。

tesiro (5)
堀底から本郭を臨む。墓地になり改変されたが、ある程度の高さがある。

自然地形を利用したと思われるので加工度は低いが、小さいながらにも防禦性は高い。

tesiro (6)
本郭西側に建つ手代稲荷。

城域の南側は当時千曲川の河川敷きであったと思われ、小諸城同様に村よりも低い位置にある穴城だった事がうかがえる。

tesiro (8)
本郭から南側の千曲川を見る

手代城の東側の鍋蓋城(小諸城)が、武田軍による本格的な縄張りと改修が施されたのに伴い、役割は終えたのかもしれません。

tesiro (11)
本郭から見る二の郭、三の郭。こうして見ると空堀効果もあり天然地形の城とは思えない作り。

tesiro (10)
祐景堀と呼ばれる北西の広大な空堀。

小諸城も手代城も、蟻地獄のような自然地形を利用した特色ある縄張りです。

穴城と呼ばれる所以が良くわかります。

tesiro (14)
手代城全景。奥の山は浅間山。

≪手代塚城≫ (てしろづかじょう) または手城塚城、手白塚城とも 

築城年代:不明
築城・居城者:長尾氏(大井氏)
場所:小諸市芦原手代塚
標高620m 比高約32m (千曲川より)
攻城日:2010年12月?日
お勧め度:★★☆☆☆
見どころ:空堀、曲輪、展望など
時間:道路脇に路駐して徒歩2分

スポンサーサイト

Posted on 2010/12/15 Wed. 23:25 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top