らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0516

弥六城(上田市)  

◆猿ヶ城の対を為す見張りの城◆

地蔵峠方面の監視砦として機能したと思われる弥六城だが、おおよその位置は特定出来てもマイナー過ぎる城だけに、WEB上でも攻城した跡は皆無だ。

猿ヶ城の対面で、「五つの平削地がある」とだけ書かれても尾根にあるのか、山腹にあるのかもわからない。

猿ヶ城の攻防で心身ともに限界に近かったが、「据え膳食わぬは武士の恥」で決死の捜索活動に入る(笑)

yaroku.jpg

直登で登り始めると直ぐに四段の平削地があり、この場所なの??という妄想に惑わされる。

yaroku (11)
山麓に桑畑(?)を開墾したらしく石積みまで存在する。

猿ヶ城の対面で標高も同じ900m程度という記述があったのを想い出して幻影と戦いつつさらに上を目指す。

yaroku (14)
登って間もなく四段の平削地となるが、ここは城跡では無いようだ。

宮坂先生の記述によれば、チェーン脱着場の手前を西側に折れて十字路を右に入る・・・とあったが道無き直登で解決出来るという動物的な勘は、一歩間違うと徒労に終わる可能性もある(笑)

急斜面を喘ぎながら更に登ると石積みがある。戦国時代のものかは判別出来ないが、山麓のものとも違うような気がした。

yaroku (16)

「とにかく尾根に出るしかあるまい」

yaroku (17)
陽の射す場所こそ、城域だったのだ。

ここで弥六城の城主に遭遇する。

yaroku (18)

最初は何かが こちらに向かって走って来るのが見えて、とっさに身構える(汗)

彼は二の曲輪付近で立ち止った。こちらには全く気が付いていないようだ。

yaroku (20)

使者も立てずに攻め込んだ非礼を詫びようと近づいたら、一目散に沢を駆け抜けてしまった(笑)

クマだったら「是非に及ばず」だったのだろう。ちょっと焦った・・・(爆)

yaroku (21)
15×30の本郭の南側。楕円形で加工度は低い。

郭の西側は沢を利用して加工した堀跡が見られる。

yaroku (24)

yaroku (33)
雨が降れば雨水溜めにも利用出来そうな広い空堀だ。

尾根を街道の北側に向けて、二の曲輪、三の曲輪、四の曲輪、五の曲輪と段違いで防禦しているが、加工度はかなり低い。

yaroku (25)
二の曲輪から三の曲輪方面。区切りがイマイチ不明。

yaroku (28)
先端部へ向けて3→4→5と続く曲輪

ここから先ほど攻城した猿ヶ城を臨む事が出来るが、雑木林で視界不良。

yaroku (30)
7倍ズームでの撮影

松代街道の監視砦としては風雲告げる戦国時代に突入した土豪が、恐ろしく危険な猿ヶ城を諦めてこの城を急遽造成したのであろう。

yarokuIMG.jpg

≪弥六城≫ (真田町入軽井沢)

標高970m 比高231m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市真田町入軽井沢
攻城日:2011年5月14日 
お勧め度:★★★☆☆
所要時間:片道30分
見どころ:土塁、空堀、五段の曲輪
参考出展元:「図解山城探訪」


スポンサーサイト

Posted on 2011/05/16 Mon. 08:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top