らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0630

柏木城(小諸市)  

◆後究が待たれる謎の城郭◆

梅雨の時期は山にも登れずストレスばかりが募ります(笑)

先日、市立図書館で「日本城郭体系 長野・山梨編」を閲覧しました。(なんせ貸出禁止の貴重な本らしい)

「?????」

宮坂武男センセを神と崇める小生ですので、さほどの感動も無く淡々と見ておりました。

長野編では980の城跡が認定され、記事として掲載されているのは僅かです。

監修した湯本センセも数が多すぎて編集しきれなかった事を嘆いておられました。

kasiwagi (7)
柏木城の古屋敷と呼ばれる郭。農耕地で改変されたようだが、田切地形の狭間を利用している。

柏木城は北の城・南の城と呼ばれる二つの郭で西側の谷沿いにある屋敷を守る縄張りだったという。

kasiwagi (5)
東側の地点より臨む柏木城。

柏木氏が築き、鍋蓋城(小諸城の前身)の大井氏に従っていたらしいが、大井氏が武田に降ると柏木氏も武田に属したという。

武田氏滅亡後は北条に与したものの、徳川配下の依田信蕃の攻撃に逢い降伏したらしい。(当主は柏木太郎とも)
その後の柏木氏の動向は定かではない。

kasiwagi.jpg
柏木城北の城。何がなんだか・・。

kasiwagi (2)
南城の改変も酷く、現在は農耕地。

この城の東に位置する平原城の平原氏と大井氏との関係についての文献ははっきりしない。

田切地形を生かした城も防禦は検証できません。

後世の研究が進み解明される事を願っています・・・・・・。

kasiwagi (3)
北の城から東方面。深い崖が天然の空堀になっている。

≪柏木城≫ 

標高750m 比高ーm
築城年代:不明
築城・居住者:柏木氏、その他
場所:小諸市柏木(東小学校の近く)
攻城日:2011年4月10日 
お勧め度:★★☆☆☆
所要時間:15分
見どころ:周辺の田切地形など。

kasiwagi (4)
南城遠景。



スポンサーサイト

Posted on 2011/06/30 Thu. 22:44 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top