らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0612

霞城(長野市)  

★総石積の城 最終進化形?★

梅雨の時期の攻城戦は辛い。

小雨の中で寺尾城を攻略し、その北にある霞城へ進軍する。泥にまみれて何が楽しいのだろうか・・・(笑)

kasumi.jpg


この城への登城口は、山麓の大室公民館を西へ進み先の十字路の右の永福寺を目指すと案内板が立っている。

kasumi (4)
可愛い子猫が道案内をしてくれます??

麓にある永福寺は、大室氏の菩提寺だったというが今では侘しいお堂が残るだけである。

kasumi (3)

kasumi (5)
登り口には隅に追われる形で五輪塔がある。恐らく宅地化する前は規模が大きかったと思われる。

比高60mなので、平山城の分類に入ると思う。

堅固な石積みを持つミニチュア城なので、もっと宣伝しても良いかと思うが、心なき見物人により石積みが破壊されたり遺構が踏み荒らされる事を考えればそっとしておくのも選択肢なのであろう。

kasumi (6)

kasumi (7)
石積みを切り出したと思われる巨大な岩壁。

5分ほどで尾根の稜線に出る。土塁らしきものはあるが堀切は何処にも見当たらない。

南へ更に進むと素敵な(?)光景が待ち受けている。

kasumi (10)

東へ向けて三段ある郭の周囲を全て石積みが囲んでいる。

二の曲輪は約2mの高さの石積み。見事ですw

kasumi (12)
石積みも郭に合わせて方形で角度を持っている。お洒落ですね。

kasumi (14)
梯郭式の三段目は高さはあまり無い。急斜面で無理に加工した為か崩落がひどい。

kasumi (16)
本郭もキチンと周囲を手抜きせず石積みがある。

kasumi (18)
平石積みで鋭角を付けると奇妙な美しさを感じます(笑)

この城、二の曲輪と本郭の繋ぎとして南側に虎口らしきものが作られています。

築城者のこだわりだったんでしょうネ。

kasumi (20)
遊び心を感じる虎口。

kasumi (21)
14×25程度の本郭。説明板も控えめなのが好印象だ。

≪霞城のなりたち≫

 読みは「かすみじょう」又は「かじょう」跡。長野市松代町大室にある。別名・大室(おおむろ)城跡。奇妙山(きみょうさん)から伸びた尾根が崖となって千曲川に落ち込み、三方は断崖で囲まれた要害堅固な城で、松代町大室を領した大室氏の居城といわれる。地元の人々が「向山(むかいやま)」と呼ぶ山の頂上にあり、松代と高井郡の関門というべき交通の要衝に築かれ、川中島合戦のころは、海津城の北方を守護した。山の先端が切れた竜(たつ)の口と呼ばれる岩場のあたりまでかつては千曲川が流れていたが、現在は住宅地となっている。

 伝説によると、城主の守り本尊であった聖観音の加護により、敵が攻めてくると霞がかかって城を覆い隠し、攻め難かったことから「霞城」と名づけられたという。
国指定史跡大室古墳群の中にあり、城域の中にも古墳がある。

~長野市「信州・風林火山」特設サイト川中島の戦い~より引用

kasumi (29)
108mの長さを誇る二の曲輪の南端は、数段の石積みで補強されている。

南の尾根を下ると大室古墳群となる。霞城一帯も古墳を利用した城で、金井山城鷲尾城などと極めて類似している。

もともと北側尾根の先端にあった竜の口の南北朝の古い砦を南へ拡張して戦国期に新たに築城したと思われる。

全体の構造、縄張りの詳細を知りたい方は、マサハレ様と並び小生の師匠である「あおれんじゃあ」様の北緯36度付近の中世城郭をご参照願います。

kasumi (36)
元々の遺構だったであろう竜の口手前の土塁。(霞城の大手口)

北側の尾根からは激戦を繰り返した旭山城、葛山城が望める。

kasumi (40)

余談だが、この城の登り口の途中に奇妙な祠と木像、そしてスズメ蜂の巣がある。

祈りを捧げる事で、蜂の大群が城を覆い隠して敵に攻撃を加えたのかもしれない・・・・・(嘘ですよ、爆)

kasumi (42)

攻城を終えると、霞城の現在の城主一族にお目通りを許された。

織豊系のミニチュア城郭の主は今後も愛くるしい兄弟ネコとして後世に語り継がれるであろう・・・・・・。

kasumi (43)
お母さん、顔が恐いヨ!

≪霞城≫

小笠原長清の末裔が大室氏を名乗りこの地を支配する。その後、村上義清に属するが、村上氏が武田に敗れ越後に逃れると武田に降る。武田氏滅亡後は上杉の配下となり、上杉景勝の会津移封に大室氏が同行するに及び廃城。

標高600m 比高60m
築城年代:不明
築城・居住者:大室氏
場所:長野市松代町大室
攻城日:20011年6月11日 
お勧め度:★★★★☆
所要時間:15分
見どころ:石積み、稜線からの景色、古墳群
その他:駐車場は大室神社を利用。

kasumi (48)
長野電鉄大室駅から見る霞城。左奥の山は尼巌城。



この記事を作成するのに3時間!使用した写真は過去最多かもしれない(笑)

霞IMG
もう、雰囲気台無し!(爆)






スポンサーサイト

Posted on 2011/06/12 Sun. 17:57 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top