らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0717

佐口城(佐久穂町)  

◆武田軍の佐久侵略中継の城◆

外気温が30度を越えると、山城攻防は命の危険を伴います。

新盆も家人には迷惑(笑)かと思い、スタンプラリー方式で比高差の少ない南佐久の諸城を7ヶ所落とす。

これで7回分のブログネタを仕入れたので、なんとか継続出来そうです、ハイ(笑)

今回ご紹介するのは佐口城。

saguti.jpg
城跡は佐久穂町の佐口集落の諏訪神社の裏山にある。


この城の南方には通城(とおりじょう)があり、北方の高野城との中間地点にある。


今回一連の攻城戦を慢心で臨んだ為に、短パン半袖というありえないスタイルは深手を負う原因となる(爆)


比高20mは大した事がなかったが、諏訪神社の背後の藪多き山を徘徊すること10分以上・・・。


「こりゃー遺跡も無いのか・・・」


諦めかけて東側へ移動すると、見事な堀が貫通しているではないか!


saguti (3)
北側の堀。

そこには東西に細長い50×10程度の長方形の郭があり、四方を堀で囲んでいる。

周囲を土居のある小郭で固めているようだが、明確な遺構は確認出来ない。

saguti (6)
主郭跡。藪と雑木林で覆われ、写真では何が何だか・・・(笑)


城というよりは城館だったと思われる。


「定本 佐久の城」によれば、城の大きさは南北約260m東西75mで、地方小豪族の城館と考えられるが城主その他城に関する伝承等は無いという。

saguti (8)
南側の堀。近くに用水がある事から、あるいは水堀だったのかもしれない。

この城から2km北には福田城、更にその先の小田切には雁峰城がある。

南へ2km転じると通城、馬越城、本間城へ続いている。

信玄の信濃侵攻の軍用道路上に設置された衛星のような城郭群と見てはどうだろうか?

南佐久IMG
南佐久の城郭分布図

≪佐口城≫ 

標高900m 比高20m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:南佐久郡佐久穂町佐口
攻城日:20011年7月16日 
お勧め度:★★☆☆☆
所要時間:15分
見どころ:堀切、土居など
その他:諏訪神社の社の背後の台地。佐久穂町周辺には数多くの城跡があるので必見。
参考:定本「佐久の城」







スポンサーサイト

Posted on 2011/07/17 Sun. 10:02 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top