らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0723

福田城(佐久穂町)  

◆小田切へ抜ける古道の監視小屋◆

佐久地方の古城は、舌状台地を利用した城跡が多い。

労力をあまりかけずに郭を平削して、堀切を何条か敷設すれば立派な砦に変身する。

fukuda (4)
二の郭跡に建つ蚕神と史跡説明板。

福田城は小田切にある雁峰城佐口城の中間に位置し、古道の脇を抑える場所にある。


≪現地説明板より≫

福田城は上本郷地区の北側に位置する細長い台地の上にある中世の山城である。戦国時代(天正年間)の古地図に福田美作守の居城と記されている事から、福田城と呼ばれてきた。
しかし福田美作守や築城の経緯などについては全くわかっていない。
城のある台地の東側から西側にかけて大小の竪堀や郭(城のまわりの囲い)が残っている。城ヶ峯と呼ばれる本丸の郭も良く残っている。

fukuda (2)
福田城の概略とその周辺の文化財の地図。

fukuda (3)
かなり広い二の郭跡に何故か公園がある。

fukuda (6)
本郭から見る二の郭。使われなくなったゲートボール場と公園でかなり跡地が改変されているのが分かる。


それぞれの古道が交差する場所にあり、監視砦としても機能していたのであろう。
比高も40mないので平山城に属する。


fukuda (5)
本郭入り口。雑木と藪に阻まれて今回は断念する。

fukuda (7)
入り口には祠がある。この地方の盛衰を見てきたのだろうか?

二の郭と明光寺のある腰郭の間は深い堀切で、現在は連絡用通路になっている。

fukuda (8)

思いのほか城域は広いが、あまり手を加えたとも思えず、調査では穀倉跡から黒米や陶器類が発掘されたらしいので、武田支配下においては宿城または兵站の補給基地だったのかもしれない。

fukuda2 (11)
福田城全景

≪福田城≫ 

標高840m 比高40m
築城年代:不明
築城・居住者:福田美作守?
場所:南佐久郡佐久穂町上区本郷
攻城日:20011年7月16日 
お勧め度:★★☆☆☆
所要時間:15分
見どころ:堀切、郭など
その他:明光寺のある台地。東側の峯を越えると下畑城、北に高野城、雁峰城、南に佐口城がある。
参考:定本「佐久の城」

fukuda (9)
城跡へは明光寺から訪れるのが良い。

スポンサーサイト

Posted on 2011/07/23 Sat. 18:45 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top