らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0724

堂沢出城(長野市)  

◆純粋な観察眼を失った大人たちを嘲笑う衝撃の発見?◆

「どうも、福山ですw  調子どうですか???

僕ですか? 僕の調子はこちらでチェック!」(ってか、可笑しいでしょ!FM東京かい!)

あぢーし、蝉も蛙もうるさいし、今週の攻城戦は止めようと思ってたんですが、ふと「7年前に小学六年生が新城を発見」の記事を見て、俄然訪問する気になった次第でございます(笑)

堂沢砦 (6)
堂沢出城は若槻山城の登り口の10m下にあります。

≪堂沢出城≫

武田信玄と上杉謙信が奪い合いをした若槻山城の出城跡とされる。平成15 年(2003)に長野市立若槻小学校が実施した若槻山城探訪の帰り道で、当時の6 年1 組の児童が偶然発見した。

 若槻里城と山城を結ぶ尾根の中間に位置し、南東に険しい崖が堂沢地に落ち込む堅固の地にある。若槻山城の尾根から下り、林道に出て、遊歩道を約260mほど下りた場所。城の規模自体は小さいが、郭が4つあり、鞍部(あんぶ/山の尾根のくぼんだ所)や古墳もある。

堂沢砦 (9)
広大な郭跡。何故か手作りの遊具も備え付けられている。

若槻山城の探索の跡に立ち寄った子供たちが、この出城を発見したのだという。

前知識もうんちくも無い彼らが郭を発見したのは、純粋に人工的に加工された跡と見たからであろう。

堂沢砦 (10)
北側の高土塁。

郭の北側は堀切を穿って防禦を厳重にしている。

今でこそ林道が走るが、若槻里城からは大手のみこの城に通じる道だったのであろう。


堂沢砦 (13)
二の郭。かなり狭い印象。

山城に関しては口伝と伝わる史料に頼らざるを得ない状況下で、何の関心もない小学生が新城を発見するとは、全く持って驚きだ。

しかし、悔しいと思う研究家も多いでしょうネ(笑) 小生もその一人に違いない(爆)

堂沢砦 (14)
三、四の郭は、もはや腰郭のたぐいであろう。

郭の尾根の先には竪堀が一条存在する。

堂沢砦


彼らの洞察力は、土橋城の中学生に優るとも劣らない優れた感性だったと思います。

それは、若槻里城から若槻山城への距離がハンパ無いという単純発想というもの。

僕(または私)だったら、ここに中継地点を築くという考えに基づくものであったに違いない。

若槻里城 (8)


クマさんの脱糞址に恐れおののく小心者の小生には「新城発見」など夢のまた夢かもしれない(笑)



≪堂沢出城≫ 

標高600m 比高120m
築城年代:不明
築城・居住者:若槻氏?
場所:長野市浅川西条
攻城日:20011年7月24日 
お勧め度:★★★☆☆
所要時間:15分
見どころ:堀切、郭など
その他:若槻山城はここから20分、番所はさらに20分の距離。

スポンサーサイト

Posted on 2011/07/24 Sun. 23:22 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top