らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0727

若槻山城(長野市)  

◆連郭の美しき中世の山城◆

200ちょいの山城攻城戦でウンチクを述べるのもオコガマシイと云われそうだが、戦国期にかなり改変された荒々しい山城は確かに魅力的なのだが、鎌倉~南北朝期、室町時代初期に築城されたと思われるちょっと「のほほ~ん」とした城跡に出逢うと、風呂上がりの女性の髪の香りについ誘われてしまう甘美さを感じてしまう。
(チョット何言ってるんだか、全然分かんない・・・笑)

そんな古風な若槻山城は、甲越が争奪戦を繰り返した髻山城と同じ山稜の南西中腹に位置する。

若槻山城
林道脇に登り口があり、約20分で城跡へ。

史料にもあまり記載されていないので、堂沢出城訪問のついでの感覚で攻めてみた。

若槻山城 (5)
どうかクマさんに出逢いませんように・・・(笑)

熊除けベルを3個も付けているのに、蝉の合唱団に掻き消される・・・

全く意味が無い・・・・

しかも同じ音程と間隔で鳴く蜩蝉(ひぐらしぜみ)には、感動した!素晴らしいゾ!

ってかクマさん来たらヤバイでしょう、オレ・・・(悲)

若槻山城 (6)
竪掘を発見する。通行止の看板があるので迂回するが、上は郭が連続しているのでしょう。

ほどなく平削地に出る。

思いのほか広い郭に驚く。なるほど、五の郭。

若槻山城 (10)

お次は四の郭。

若槻山城 (14)

はいはい、三の郭。

若槻山城 (18)

お次は二の郭とフェイントかけて(笑)、隣接させて東側斜面に増設したと思われる腰郭と竪掘り。

若槻山城 (22)

二の郭もかなりの広さを持つ。

若槻山城 (21)
バーベキュー大会も開催可能だ。

本郭と二の郭の間に竪掘を通しているが、これは戦国時代の改修であり本来は切岸程度の防禦だったと推測される。

若槻山城 (23)
二の郭の連接部分から本郭を見上げる。盛土して土塁を構築している。

籠城戦など意識していない中世の連郭方式の縄張りだ。

同じような広さの郭を階段状に配置し計算したかのような美しさがある。

若槻山城 (25)
主郭は周囲を土塁で囲む。理想的な広さと空間がある。


鎌倉時代の初期に清和源氏の直系である八幡太郎源義家の孫である頼隆が、幕府の御家人として相模国毛利庄から伊豆守を賜り地頭職として若槻の地に移り若槻氏を称したという。平時は里城を居館とし戦時はこの山城に籠ったという。
室町時代には高井郡の高梨氏に隷属し若槻庄もその知行地となった。
応永十一年(1404)信濃守護代細川慈忠の入信に反抗して高梨氏とともに争い、この時に山城は陥落したという。戦国時代に入るとこの地も甲越合戦に巻き込まれ、山城は上杉氏によって整備されたという。
その後廃城となる。(現地説明板より)

若槻山城 (42)
主郭より臨む里城。

五の郭より尾根先の細かな腰郭と堀切、主郭背後の三重の堀切、東斜面の腰廓と竪掘は上杉軍による改修の跡なのであろう。

若槻山城 (34)
主郭から見下ろす堀切。

若槻山城 (45)
最終の堀切。

実はこの山城、北方390m先の尾根に番所(ばんどこ)と呼ばれる物見を備えています。

松尾城に遠見番所がセットされているのと同じですね。

更に比高110mを登るのは躊躇したのですが、せっかくここまで来たのでチャレンジしてみましたぁー。

若槻山城 (57)

郭の背後を岩と土塁、そして一条の堀切で防禦した砦です。

若槻山城 (54)
背後の堀切。

残念ながら見晴らしは良くなかったのですが当時はマルチロケーションの位置だったのでしょう。

せっかく改修したにも関わらず武田信玄の電光石火の進軍に為す術も無く最終防衛線だった髻山城からも撤退を余儀なくされた上杉軍。

武田軍にとって若槻山城は利用価値すら無く捨て置かれ、廃城になったというのが史実でしょう。

若槻山城 (29)
宮坂センセの上杉軍防禦編。

人も寄らぬ山の中腹にあった事や、戦国期早々に廃城となったことで450年間の年月をそのまま過ごしてきた稀有な中世の山城。

かつて訪れた望月城、大倉城、黒丸城に共通する連郭式の美しき中世の山城を是非後世に残して頂きたいと思うのであります。

若槻山城 (30)
縄張り図も美しい。(宮坂武男氏作)しかし実戦に耐えうるかは別次元の問題だと思う。

≪若槻山城≫ 

標高676m 林道より比高80m(番所は標高785m、比高200m)
築城年代:不明
築城・居住者:若槻氏?
場所:長野市浅川西条
攻城日:20011年7月24日 
お勧め度:★★★★★(満点)
所要時間:40分(番所含めて)
見どころ:連郭、堀切、土塁、展望など。中世の山城の美学がここにある。
その他:堂沢出城はここから10分、里城はさらに車で15分の距離。

若槻山城 (59)
若槻山城遠景。




スポンサーサイト

Posted on 2011/07/27 Wed. 22:39 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top