らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0925

稲倉城(松本市)  

◆巧みな縄張りを残す赤沢氏の本城◆

いよいよ中信濃への軍を起こす。

三ヶ所攻略予定だったが、昨日の村の秋祭りで、飲めや歌えやの大騒ぎで後遺症が残り二ヶ所だけ・・(笑)

二日酔いで比高差のキツイ攻城は無理だと思いながら、稲倉城(しなくらじょう)を攻めてみた。

稲倉城 (6)
国道254号線沿いの稲倉地区を北側に入り、稲倉峠(林道)を約1㎞登ると入口がある。


赤沢氏の詳細は不明だが、この地域の有力な土豪として勢力を保ち稲倉城は建武二年頃の築城だと云われる。

また、稲倉峠は塔ノ原に続いており、保福寺峠経由で上田に向かうこの地域の主要な街道だった。


登山口から20分で南峰の先端にある三の郭に着く。段差をつけた程度で特に防禦の工夫は無い。物見砦の役割だったのだろうか。残念ながら現在の視界は木々に阻まれてしまい景色も見えないが。

稲倉城 (11)

驚いたのは、二の郭へ続く背後の比高差と三本の堀切だ。

稲倉城 (14)
三の郭から堀底まで見下ろすと高さ8m以上はあるだろか。看板がゴミのように小さい。

稲倉城 (23)
堀底から見上げるとこんな感じ。

城のある峰全体が「くの字」に折れ曲がっているので、二の郭の端からは三の郭とその周辺の景色が良く見える。
※崖の上なので、転落しないように気をつけましょう

稲倉城 (32)
三の郭

稲倉城 (34)
手前はゴルフ場。その向こうに林城や松本市街地。支城の早落城(洞城)も見える。

二の郭は西側の斜面に複数段の腰廓を備えている。戦闘時にはここに相当数の兵が収容出来るようだ。

稲倉城 (43)
二の郭

稲倉城 (44)
上巾9m、高さ6mの堀切で本郭を隔ている。見応え充分です。

本郭は縦30mで北側へ向けた緩やかな傾斜を持つ三角形。

先端に進むと四段の段差を登り城域の最高地点となる。

稲倉城 (47)

稲倉城 (50)
良く出来た鳥瞰図です。城跡巡りには助かります。

稲倉城 (65)
本郭の最高位地点。


そして、背後にはお約束通りの大堀切があります。これがまた素晴らしい!

稲倉城 (64)
上巾11m、高さ7mの巨大な大堀切

稲倉城 (60)
北尾根より本郭。手前の浅い堀切と二重になっているのが分かる。


恐らく南北朝時代のオーソドックスな城を戦国期に改修したのだと思われます。

これだけの遺構の残る城跡には感動しました。地元の方の保存努力にも感謝ですネ。

赤沢氏については次回の早落城で記載したいと思います。

稲倉城 (72)
稲倉城全景。

≪稲倉城≫ (しなくらじょう)

標高:1000.0m 比高150m(林道より)
築城年代:建武二年
築城・居住者:赤沢氏
場所:松本市浅間温泉稲倉1523
攻城日:2011年9月25日 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:20分
見どころ:大堀切、郭、竪堀など。
その他:周辺には伊吹城、早落城、三才山城などがある。
攻城ではマサハレ殿の「城と古戦場」を参考にさせていただいています。(感謝)



追記:山麓には赤沢氏の屋敷跡がある。長閑な田園風景にも殺伐とした歴史背景があるのでちょっと複雑な気分でしたが・・・・。

稲倉城 (5)













Posted on 2011/09/25 Sun. 18:45 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top