らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0118

お蔵入りの攻城戦記  

◆再調査が必要なメジャー級の城跡?◆

お蔵入りしているリストには「葛山城」「旭山城(朝日山城)」「長窪城」などがあるのだが、数年前の毛の生えたような知識と事前調査不足の為に、とてもブログには掲載出来ない城跡がある。

掲載を始めた初期の頃のブログなど、今読み返すと恥ずかしい限りである(笑)

といって、最近のブログが進化しているとも思えないが・・・・(爆)

nagakubo 052
長窪城(長和町)の本郭隅の櫓台跡。

屋代城跡 018
屋代城(千曲市)本郭跡。


「とりあえず攻めてみた」という記録だけである。

記事にしたくてもロクな写真が無い。

なので、お蔵入りのまま…(笑)

葛山城跡 024
葛山城から見る旭山城。城兵の動きも見えそうな距離だ。


葛山城跡 012
落城悲話の伝わる葛山城(長野市)


「山城の調査は、一度や二度では、到底完全を期す事は不可能である。地名や伝承を確かめ、場合によっては発掘調査を経て、より確かな縄張り図が出来るのだが、私の体力も世の中の事情もそれを許してくれないので…」

小生の崇高する神である宮坂武男氏は「図解 山城探訪」の前書きで語っている。


旭山城跡 014
石積みの土塁で郭が構成されている旭山城(長野市)の本郭。

某中華人民共和国(って名前出てるじゃん!)の違法コピーでは師を侮辱する事になるので、私なりに過去記事の修正も含め自分の主観を持ち、師の愛して止む事の無い「山城探訪記」をデジタル化したいと思うのであります。

旭山城跡 037
信州大学付近より臨む旭山城。

「こりゃー、再戦覚悟の辛い戦線になりそうだ。筑北も撤収かのう・・」

IMGP0449.jpg
復元された荒砥城(千曲市)

小生とて、残された時間との戦いではあるが・・・・(笑)



スポンサーサイト

Posted on 2012/01/18 Wed. 20:07 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top