らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0207

岩邑城⑤  

◆記憶に残る怨霊の仕打ちとは・・◆

霊感は強い訳ではない。

その昔、小生の自宅に居候していた妹は「天井を通過する武者行列」「化粧台で髪を梳かす老婆」に毎晩うなされていたらしい。
※小生の自宅は上田原合戦の激戦地跡にある。

除霊で有名な市内のお寺でお祓いをしてもらい、その後は現れる事は無くなったという(汗)

kanouke01.jpg
岩村藩鉄砲鍛冶だった加納家。



美濃岩村から帰った翌日は仕事だったので、いつもの通り出張報告書をまとめた。

帰り際にデジカメで撮影した岩村城のフォトを確認する。

「??、何かおかしなものが写り込んでいる・・・」

藤坂の説明板を写した写真なのだが、それは明らかに人骨が燃えている火の玉だった。

kanouke02.jpg
加納家の屋根には、珍しい狛犬の魔除が鎮座している。



「ヤバいもの見てしまった…、今日は早く帰ろう…」

私の勤務する会社のオフィスは3階建のテナントビルの1階にある。私の仕事部屋は当時専用の個室だった。

帰宅後、無人オフィスの丑三つ時に悲劇が起きた。

iwamura032.jpg
一時間に一本しか通らない明智鉄道。



明け方部下からの携帯電話で叩き起こされる。

「警備会社から連絡があり、事務所が大変な事になっています!!」

「??」

急ぎ会社へ向かう。

真冬だというのに、事務所の玄関は水浸し。かなりの量の水が流れている。

聞けば、二階の空き部屋の水道管が凍結して破裂したのだという。

iwamura033.jpg
岩村の城下町では消火栓も景観保護に準じている。



嫌な予感がした。私の仕事部屋は最悪だった。

天井から大量の水が降り注ぎ、ノートPCはおろか、周辺の書類は尽く水没していた。

例の写真のSDカードはノートPCに刺さったままだ。

「これが岩村城落城の呪いか・・・・」戦慄をおぼえた。


その日は全く仕事にならなかった。

復旧に約一ヶ月を要したのである。

偶然かもしれない。でもあの日に岩村城を訪れたのは自分一人だけで、確かに何故か異様な雰囲気だったのだ。

奇跡的にノートPCもSDカードも復帰した。

岩村城の記録はCDに移し替えて封印することにした。

iwamura034.jpg

ふつうだったら、これに懲りて城跡巡りなど止めるのでしょう。

「自分の故郷の城跡を調べて見よ」

かなり過激な霊の警告だったのかもしれない(笑)

それ以降、取り憑かれたように信州の城を巡っております。

岩村町は今でも大好きな城下町です。

定年後は、第二の住処として移住しようと思っています。

でもね、チャンと信州の城跡を調べないと、再び悪霊に襲われそうですわ・・・・(爆)

iwamura035.jpg
岩村駅から臨む岩村城。

≪岩村城≫ (いわむらじょう 霧ヶ城)

標高:713.0m 比高168m
築城年代:鎌倉時代
築城・居住者:遠山氏
場所:恵那市岩村町城山
攻城日:2008年1月22日 
お勧め度:★★★★★★(満点)
城跡までの所要時間:岩村駅より徒歩40分
見どころ:全部








スポンサーサイト

Posted on 2012/02/07 Tue. 21:08 [edit]

CM: 3
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top