らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0304

鬼場城(茅野市)  

◆武田軍が監修し改造すると砦は要塞になる◆

信州上田から諏訪へ攻め入るには、和田峠を越えるか大門峠を越えるかの選択になる。

先週は路面凍結を恐れて有料の和田峠を越えて進軍したのだが、往復1,200円は厳しかった(笑)

今回は久々に大門峠越えを決行するが、気温次第ではヤバい峠なのだ・・・(汗)

yuzawa (13)
峠の頂上付近の白樺湖から見る蓼科山。

二週目の攻城戦は「上原城」「桑原城」「干沢城」「大熊城」「鬼場城」の攻略を目指したが、大熊城、干沢城はタイムアウトとなり次週へ持ち越し…(悔)

腹いせに湯沢城(原城)を攻略するが、桝形城との境目の判別が出来ず撤収…(笑)

「ええい、性根を据えて城攻めせんかい!!」

信玄公に叱られそうな体たらくである(爆)

で、今回ご紹介するのは鬼場城。

鬼場城 (17)
城山団地側の搦め手から攻める。恐らく番士の詰める城柵か櫓門らしき構築物はあったのかもしれない。

この城の評価については、先陣を務めた諸先輩の方々のネット上の記事は賛否両論である。

上原城の支城というよりはまさに「砦」の部類なので、人それぞれの所感はお持ちだろうが、らんまるの感想は

「凄い要塞」なのである。

鬼場城鳥瞰図
久々の鳥瞰図。砦としては海軍の軍艦で言えば駆逐艦並みの装備を誇る。

鬼場城 (33)

鬼場橋から東南に伸びる急坂の尾根筋を登るのが大手筋と思われるが、体力消費は嫌いなので(笑)搦め手の団地側からショートカットで攻める。

尾根を断つW型の竪掘りは往時はもっと深かったのであろう。

鬼場城 (21)
三重堀切の手前の三の郭。

主郭へ入るには三本の堀切を渡る。

鬼場城 (11)

特に主郭手前の㋑と㋒の堀はそれぞれ上巾12mと13mあり、現在でも5m以上の深さがある。
前回紹介した桜城よりも規模が小さいのだが、技巧の改良仕様は良く似ている。


主郭は26×15で周囲を土塁が囲む。

鬼場城 (19)

腰廓を一段置き、その先には鉄塔の突き刺さる二の郭がある。

鬼場城 (25)

19×19の二の郭と本郭の間には堀切の跡がある。埋もれたのであろう。

鬼場城 (31)

この城、特筆すべきは「横堀」があることだろう。

本郭の南斜面にあったであろう腰廓をくり抜いている。

伏兵を置いて鉄砲狭間にしたのかは不明だが、かなり先進防禦施設には違いない。

鬼場城 (38)
横堀の写真。なるほど、そういう仕掛けがあっても不思議ではない。


城歴や縄張などについては小生の尊敬するHPである城と古戦場をご参照願います。

数々の武田流の技巧を凝らした要塞。

大門街道から上原城へ進む要衝の地にあって、武田晴信がこの城の重要性を認識していた往時を偲ぶ第一級の要塞と思うのは過信であろうか?

鬼場城 (28)
大門街道から見る鬼場城全景(鉄塔の刺さる場所が二の郭)

≪鬼場城≫ (おにばじょう 矢ヶ崎城)

標高:908m 比高77m  
築城年代:不明
築城・居住者:矢ヶ崎氏・武田氏
場所:茅野市本町鬼場橋
攻城日:2012年3月4日 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:10分
見どころ:郭、堀切、土塁
参考文献:「図解山城探訪 第一集 諏訪資料編 宮坂武男著」

スポンサーサイト

Posted on 2012/03/04 Sun. 22:11 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top