らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0415

竹把城(上田市 リバイス)  

◆長大な竪堀を組み合わせた室賀氏の要塞◆

初期の攻城戦記はお粗末すぎてまともな記事も写真もない。何よりも知識が乏しかった…(笑)

全てをリバイスしていくのも大変な作業になるので、時々アップします。平にご容赦願いたい(汗)

さて、今回のリバイスは竪掘の組み合わせに類を見ない竹把城(たけたばじょう 別名:伊勢崎城)

竹把城② 023
18×8の本郭。木々の葉っぱに邪魔されずに、この時期は素晴らしい眺めだ。


竹把城② 031
本郭の東側は土塁の盛られた跡が残る。

竹把城② 028
室賀の郷の城郭、遠くは子檀嶺岳(こまゆみだけ)が良く見える。

竹把城② 026
塩田城からもここの狼煙は見えたであろう。

竹把城② 030
坂城の村上義清にとって、室賀氏の所有するこの砦は小県郡を保持するための生命線だったのだ。


さて、パノラマビューをご堪能頂けたでしょうか?

晩秋から初春の季節しか見れない貴重な風景でございます(笑)

目立たない山ですが、北の尾根と東側の斜面以外は急峻なので、頂上以外に曲輪を設置するのは難しかったらしく、南に小さな郭を二つ、東に一つしかない。

竹把城縄張図②
縄張図。郭よりもモグラの通り道のような堀の組合せが素晴らしい。(宮坂武男氏の縄張図参照にて作図)


竹把城② 036
②の郭(8×5)

竹把城② 038
③の郭(6×3)この先は岩場となり急坂を経て麓へ続く。


ここまでなら何処にでもありそうな砦(狼煙台)なのだが、堀切と東斜面に展開する竪掘が凄いのだ。

竹把城② 016
主郭背後の堀切㋐。上巾9m高さ9m。

この堀切は東斜面に向けて竪掘となる。

竹把城② 044
盛土して迫り上げているのが見て取れる。


竹把城② 046
㋐の堀切は④の郭で直角に曲げられて㋔の横堀となり沢へ落ちる。


竹把城② 049
④の郭から本郭方面を見上げる。落差のある深い竪掘だ。

竹把城② 051
直角に曲げられた㋐の堀切だが、段差を作り新たな竪掘㋕として直線方向の東の沢へ落ち込む。

竹把城② 053
堀切㋖は尾根伝いに下がっていく。

竹把城② 057
最大の幅を誇る主郭から二番目の堀切。やはり東へ続いて竪掘となり他の堀切と接続する。


この砦の唯一のウィークポイントは東側の斜面であり、そこをカバーするために堀切・竪掘・横堀を組合せて塹壕のような防御に仕上げている。

素晴らしい。

室賀氏独自の技術であろうか。笹洞城に見られる高度な石積み技術があるので、案外そうかもしれない。

竹把城② 060

竹把城② 066
北尾根の城域入り口の堀切㋓。かなり埋まっているが東へ伸びて堀切㋒と合流する。


リバイスしてみて分かったのだが、まさしく室賀氏の要塞である。

室賀郷の人々が交替で詰めて、自分たちの土地に侵入して来るよそ者を監視したと思われる。


やはりこの砦も、室賀峠を越えて上田原合戦に向かった村上義清の軍勢や、室賀氏が武田氏に降りたのちは川中島四郡へ出征していく武田軍を見守ったのであろう。

春風に吹かれながら、五百年の遠き時代に思いを馳せてみるには、良き城跡である。

竹把城② 074
笹洞城の登り口(ささらの湯)から見る竹把城遠景。



≪竹把城≫ (たけたばじょう 伊勢崎城 三頭城)

標高:880.8m 比高:315m
築城年代:不明
築城・居住者:室賀氏
場所:上田市上室賀三ツ頭摺鉢山(みつがしらすりばちやま)
攻城日:2012年4月15日 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:30分
見どころ:主郭周囲の石積み、大堀切、竪掘、横堀
その他:室賀峠からのトレッキングコースが整備されていて分かりやすい。
参考文献:「図解山城探訪 第三集 上田小県資料編 宮坂武男著」(縄張図)















スポンサーサイト

Posted on 2012/04/15 Sun. 17:47 [edit]

CM: 20
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top