らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0501

高城(麻績村)  

◆戦国末期まで改修されて筑摩郡で最も重要視された城◆

平地の城館記事など書いている場合では無く、秘境の城攻めにこそこのブログの価値があるのでは・・・・

お叱りの声は多い(汗) ごもっともなご意見ではある(笑)

然らば、前回撤収した麻績村の高城を攻めて名誉挽回と思いつく。

しかし比高220mは思いのほかキツかったのである(爆)

高城 011
高城入口。1/7訪問時には積雪が酷く諦めて撤収した。今回も雷鳴轟く小雨の中の進軍となった(汗)


高村番所の記事をご覧になった方はご承知であろうが、この場所は大岡口と麻績の境に位置し、中信濃から川中島四郡に通じる通路としては戦略的にも重要な拠点であった。


高城入り口の標柱を登り墓地の西側を迂回するのだが、その先で道が不明になる。林道に出て東へ向かうが道が消滅する。

林道を戻ると崩れかけた路肩の先に登山道を発見し何とかへばり着いた(汗)

高城 048
墓地を抜けて作業道に着いたら左へ進み、崖の上に道があるのが分かると思う。


訪れる人も絶えた城跡への道は、「ひれづき」と呼ばれる平地と湧水の場所で完全に消滅する。


高城 046
湧水が流れ出ている。この城の水の手だったと思われる。


宮坂先生も、残念ながら故人となってしまわれた「blogやまのてっぺん」の管理人さんのおっしゃる通り、あとはテキトーに登るしかないのだ。

しかも斜面には棘科の植物が群生し、タラの木の恐ろしい牙が容赦なく服を切り刻む。

仕方が無いので東斜面に迂回し頂上を目指す。

途中、イノシシ捕獲用の罠に挟まれて死亡したカモシカの白骨死体に遭遇するのだが、通り過ぎてから気が付き「ギョッとした」のである(笑)

高城 012
攻城開始から40分かけて到達する。本郭に佇む標柱。


高城概略図
宮坂武男氏の縄張図を参考に概略図を作成。麻績城に良く似ている事に気がつく。


図に示された数字が理解出来る方は、戦国時代検定(そんなものあるんかい?)一級である。

小生も最初は宮坂先生が数字に固執した意味が理解出来なかった。

「火縄銃の有効射程距離」・・・・このことである。

54mは銃撃である程度殺傷出来る射程で、27mは鎧を完全に貫通する「即死」の射程だという。

高城 038 (2)
背後に窪みを付けて等高線状に展開している。一撃必殺の防御ラインだ。


高城 042
中間地点のBも左右に展開が可能である。ここから地点Aに向けて攻城兵に一斉射撃を加える。


高城 044
地点BからAまでの斜面。ここで敵を半減する事が意図されているようだ。

この改修は恐らく天正年間で、武田氏の滅亡後に上杉と小笠原氏の間で壮絶な陣取り合戦が行われた時のものであろう。
大岡口に位置するこの城がいかに重要視されていたのかを垣間見る事が出来る証拠だという。


高城 027
17×20の本郭。周囲は土塁に囲まれていた跡が確認出来る。


高城 032
主郭手前の堀切。向こう側に生坂村の京ヶ倉と大城が見える。標高1149mの高城は990mの京ヶ倉を見下ろせる。


高城 022
主郭背後の堀切。二重になっているのが分かる。


この山は独立峰なので、背後の防御は不要。唯一城の南側のみが緩やかな斜面になっているので、守る側は南斜面に防御を施せば良いわけで、段郭を配置しているのも頷ける縄張である。

高城 024
主郭の北側は二重堀切の先に腰郭が一つあるが、その先は深い傾斜となり攻めようが無い。

高城 033
30×22の二の郭。小屋掛けが出来る広さがある。


高城 034
二の郭東側の高土塁。防御というよりは独立峰ゆえの風除けであろう。


例の如く写真をツラツラと並べてしまった(笑)


武田氏統治時代は、筑摩の深志城から大岡を越えて川中島へ進出するための中継地点として重要視された。
この先にある大岡城(砦山城)には城番として家臣が交替で詰めた記録もある。

また、武田滅亡後の上杉VS小笠原の攻防では、筑北地方は壮絶な戦いの舞台となっている。

小笠原貞慶にしてみれば、大岡を越えて猿ヶ馬場峠を抑え川中島に進出するための起点であったし、上杉景勝にしてみれば、この地を確保することで筑摩方面への前進基地としたかった思惑がある。

残念ながら城跡からの景色はままならないが、雑木林の間からは青柳城を中心とした筑北地域の諸城は全て網羅出来るし、生坂村の城や大岡の笹久砦も抑える事が出来る。

文献にはほとんど登場しない高城であるが、戦国末期まで実戦を想定されて改修され続けた最終形は、中世城郭に興味のある輩には是非とも訪れて頂きたいマニアの城には違いない。


高城 052
大岡口より見た高城。


≪高城≫ (たかじょう 日向城、境木山城)

標高:1148.5m 比高220m
築城年代:不明
築城・居住者:高野氏
場所:麻績村大字日向字高
攻城日:2012年4月30日 
お勧め度:★★★★☆☆
城跡までの所要時間:高村番所跡より40分
見どころ:堀切、土塁、火縄銃用の三段構え。
参考文献:「図解山城探訪 第五集 松塩筑史料編 宮坂武男著」



















スポンサーサイト

Posted on 2012/05/01 Tue. 22:12 [edit]

CM: 9
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top