らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0503

染屋城(上田市)  

◆愛着のある名前なので載せてみた◆


「ええい、またもや平地の城館など掲載しおって!!」


お叱りの声が聞こえそうである(笑)


小生の出身高校の名前を冠しているので載せただけである。読みは「そめや」だが高校名は「染谷丘」になっている。

もとは現在の上田合同庁舎のあたりに高校があったので地名の染屋が命名の由来かもしれない。

染屋城 (1)
主郭跡に佇む豊染英神社。


上田市街地の東部の染屋台という崖状台地の上に立地し国道18号線(通称:産業道路)の東側にある。

城主・城歴は全く不明で小県郡誌にも記載がない。

地元の方はこの場所を「大熊屋敷」と呼んでいるらしく、真田昌幸の家臣大熊氏や上田合戦にも関わりがあるらしいが伝承は無く不明である。

染屋城推定図


染屋城 (2)
神社の敷地と合わせると70×45程度の広大な主郭跡。


堀切㋐には土橋が掛けられ本郭への入り口だったと想定される。


染屋城 (6)
西側の堀切は一部埋められ住宅地になっている。7

東側の沢に落ちる堀切㋐は、「染屋台グリーンベルト(緑地帯)」として里山整備事業により現在は付近の住民の皆さんの遊歩道となっている。

染屋城 (8)
んーん、そろそろ笹を刈らないと蛇が出そうだ…(汗)

染屋城 (3)
神社の背後には高土塁がある。土橋付近まで連続していたものと思われる。


二の郭は改変がひどく現状を留めない。㋑の堀切はおそらく北側の火の見櫓の横の道路に繋がっていたものであろう。

染屋城 (15)
堀切㋑。東側に一部残存している。


ここから南東1.5kmに岩門城が似たような立地条件にある。

恐らく同一時期に造られた中世の城館だと推定される。


≪染屋城≫ (そめやじょう)

標高:501m 比高:21m(下の台地より)
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市大字古里字英
攻城日:2012年4月22日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:-
見どころ:堀切、土塁
その他:近くに岩門城がある。
参考文献:「図解山城探訪 第三集 上田小県資料編 宮坂武男著」


スポンサーサイト

Posted on 2012/05/03 Thu. 10:46 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top