らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0512

千鹿頭神社の砦(松本市 推定)  

◆謎多き千鹿頭神社◆

林大城、林小城の南西の鉢伏山の尾根先に千鹿頭神社(ちかとうじんじゃ)がある。

「図解山城探訪」の宮坂氏によれば、この砦についての史料や伝承は全く無いが、立地条件や地形、尾根に一条のみ残る堀切から砦があったのだろうと推定されている。

千鹿頭神社の砦 (1)


塩尻方面からの侵入を見張る場所としては最適であり、比高が低い割には見晴らしが良い。


千鹿頭神社の砦 (3)
西に張り出した最終の尾根。防御施設は見当たらない。


千鹿頭山は、標高は低くても立派な山頂として国土地理院の地図に記載され三角点もあるのだ。

千鹿頭神社の砦 (7)
物見砦(?)として機能したと思われる郭と東屋手前の三角点。


代々信濃守護として君臨した小笠原氏の居城である林大城の見張り砦としては絶好の位置にある。

千鹿頭神社砦見取図②
見取図。


千鹿頭神社の砦 (6)
物見としての視界は良好である。


小生もこの尾根をくまなく探索したのだが、神社の設営にあたり改変されたらしくこれといった遺構は見つける事が出来なかった(汗)


千鹿頭神社の砦 (9)
80×20の郭跡。


現在、千鹿頭神社の建つ場所も郭らしき痕跡を残している。

千鹿頭神社の砦 (12)

千鹿頭山の郭から千鹿頭神社のある郭との間にも堀切がありそうだったが、何もなかった。

では、何を根拠にここが砦跡とするのであろうか。

何処にでもありそうな小高い丘・・・・。

千鹿頭神社の砦 (14)


答えは神社の背後の尾根にあった。堀切である。

が、見晴らし台に続く尾根を登っても他には無かった。

延暦年間に勧請されたという千鹿頭神社は最初は山頂にあったが中世の戦乱で焼失し江戸時代初期に松本藩により現在の場所に再建されたという。

神社仏閣を巡る趣味にはまだ到達していないが(笑)、この神社、若干形の違う社殿が並列に立っている。

千鹿頭神社の砦 (18)
右の神田側の社殿は高島藩が建て、左の大嵩崎側の社殿は松本藩の造営だという。

元和4年(1618年)に現在の神社のある丘陵が高島藩に転入されたためW社殿となったらしい。

お抱え大工さんが双方の藩では違うので、建築様式も微妙に違うのが面白い。

千鹿頭神社の砦 (19)


おお、いかん、地域の観光ブログになってしまった・・・・(汗)

何の根拠も伝承も無いが、堀切はあった。

小笠原時代には焼失した神社跡を物見台として利用し櫓があったのかもしれない。


≪千鹿頭神社の砦≫ (ちかとうじんじゃのとりで)

標高:657.2m 比高46m
築城年代:不明
築城・居住者:小笠原氏(?)
場所:松本市神田千鹿頭山
攻城日:2012年5月4日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:5分
見どころ:堀切、郭跡
参考文献:「図解山城探訪 第五集 松塩筑史料編 宮坂武男著」

千鹿頭神社の砦 (22)
千鹿頭神社の砦の遠景。確かに見張り台としては絶好の位置にあることが分かる。












スポンサーサイト

Posted on 2012/05/12 Sat. 06:49 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top