らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0520

荒砥小城・若宮入山城(千曲市)  

◆尾根伝いに張り巡らされた外郭の砦群◆

荒砥城の支城群を攻略したあとは、ビデオ観賞券300円を払って荒砥本城へ登城した。

何と二の郭にある掘立小屋映画館での上映を、貸切で8分間ビデオを観賞することが出来たのだ。

初心に帰ることが出来て、とても勉強になった・・(笑)

荒砥城ビデオ

まあ、おバカな体験談はこれくらいにして本題に入りますか・・・・・(汗)

三つの砦の位置は以下である。

荒砥城砦群地図

意図した訳では無いだろうが、きれいに西方向へ直線で並んでいる。

烽火台と伝わる證城(しょうじょう)は、遺跡分布図によれば893mの地点とあるが、小生の訪問調査では手前の尾根に展開していて、ピークには遺構が認められなかった。

松尾城の遠見番所と同じ理屈だろうか?


荒砥城を落とすには、城の腰と呼ばれる南側の居館のある緩い傾斜地を制圧して山裾から攻め上がるか、北の「八王子」と呼ばれる古道から正城山へ登り證城を落とし荒砥城のある峰へ下るルートであろう。


【荒砥小城】

荒砥城の管理棟(料金所)手前の作業道を左に進むと朽ち果てた神社がある。

※お金を払って荒砥城に入ってしまうと逆茂木を超えるハメになるので注意。

荒砥小城 (3)
まあ、乗り越えようと思えば行けるかもしれない。


荒砥小城 (7)
神社(菅原天満宮)を造るためにかなり改変されているので、郭だったとは判断し難い。

神社の西側が「荒砥小城」と呼ばれる領域で、50×20の細長い郭が確認出来る。

荒砥小城見取図

林業のための作業道が郭の下から尾根にかけて掘られているが、北側の土塁は往時ものもと見ても間違いはないだろう。

荒砥小城 (12)


荒砥小城 (13)
北側斜面に土塁を築いている。

基本的には単郭であったらしいが、荒砥城の近代化への普請(?)と神社造成による改変で、どういう連携の仕方がされたのかは不明である。


荒砥小城 (15)
郭の西端には堀切らしき跡がある(推定)

増援部隊を伏兵として詰めさせたのであろうか?

二の郭まで敵が攻め入っても、ここから出撃すれば挟撃が可能だったと思われる。


【若宮入山城】

小城からしばらく尾根伝いに登ると沢を利用した堀切となる。ここから「若宮入山城」(わかみやいりやまじょう)の城域となる。

若宮入山城 (4)

北側の深い沢と南へ落ちる沢が合流する場所の上にある平削地が郭であろう。

入り口部分を堀切・土橋と見るには疑問が残るが、南側は人工的な手が加えられている。


若宮入山城見取図
堀切㋐

若宮入山城 (6)
かなり埋まっているが堀切㋑も確認出来る。


主郭ともいうべき尾根上の平削地に南へ段郭を数段構築した砦である。

若宮入山城 (11)
南側に展開する腰郭。

若宮入山城 (14)
主郭の北側は天然の石塁を利用した防御である。


荒砥城の搦め手にあたるこの城は増援用というよりも緊急時の逃げ込み砦だったと推定される。
最後の砦である證城へ落ちるための時間稼ぎは出来そうだ。

若宮入山城 (15)
㋒の堀切(推定)


ここから證城へのルートは途中で道が消えるので、テキトーに急斜面を直登するしかない(汗)

鬱そうとした薄暗い林の中の進軍は慣れているといっても、目的地に辿り着けるのか不安が先走る(笑)

で、次回は今もって描けない證城の縄張図を基にその謎を考察してみたいと思っています・・・(爆)

若宮入山城 (17)
若宮入山城から見た北側の千曲川とその周辺(ズーム7倍)


≪荒砥小城・若宮入山城≫ (あらとこじょう・わかみやいりやまじょう)

荒砥小城  標高:612m 比高:232m(山麓の城山交差点より)
若宮入山城 標高:675m 比高:63m (荒砥小城より)
築城年代:不明
築城・居住者:山田氏、屋代氏
場所:千曲市上山田温泉若宮
攻城日:2012年5月17日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:20分(荒砥城駐車場より)
見どころ:堀切、土塁など
その他:
参考文献:













スポンサーサイト

Posted on 2012/05/20 Sun. 07:33 [edit]

CM: 12
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top