らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0731

蟹原城(北佐久郡 立科町蟹原)  

◆推定⇒確定となる決めてに欠く伝説の城◆

やはり俗世のフェス記事など掲載するとアクセスは増えるがコメントは皆無のようだ・・・(笑)

餅屋は餅屋の記事だけ書けば良いということか・・・(爆)

で、気を取り直して(?)今回ご紹介するのは立科町シリーズ最終の蟹原城である。

蟹原城 (1)


「図解 山城探訪」の宮坂先生の調査記録を見ても位置がハッキリ特定出来ないという。

長野縣町村誌によると「蟹原小城、夕日長者屋敷、蟹原城、朝日長者屋敷」があるという。しかし口伝も廃れてしまい地元の方でも屋敷跡については知らないらしく、辛うじて蟹原城の場所だけは見取図に示す1の場所だという。

蟹原城推定見取図


背後には「番屋川」と呼ばれる河川があるので、番屋があった往時の名残だと思うが屋敷跡や小城はどこにあったのだろうか?


蟹原城 (5)
田切形の舌状台地の西端にある郭1の西側斜面(切岸)。郭は現在個人住宅裏の畑となり撮影出来なかった。


蟹原城は、滋野一族の蟹原四郎幸重が藤原氏を称して代々居住したという。

その他は全く史料が無いらしく戦国時代がどのように変遷したのかは知る由も無い。

郭1だけ見れば、佐久地方に多く見られる室町初期の城館様式に近似している。

東側に天然の沢を利用した空掘があるが、加工度は低い。


蟹原城 (8)
北側の蟹原川の沢筋から見た堀切跡。藪ばかりで何が何だか・・・(汗)


隣接する東側の台地を郭2として見れるかもしれないが、伝承も遺構も無い。


場所的には下之城館も近いし同族である事を考慮すると、滋野系望月氏の出先であった事も考えられる。

郭1が主郭であるとすれば、周辺には郭2が置かれていたと考えるがこれと云った目ぼしい証拠も無い。


「後究に待つ」宮坂先生の文章の決まり文句ではないが、謎の究明が待たれる城館であるようだ。


蟹原城 (2)
蟹原城遠景。


≪蟹原城≫ (かにはらじょう)
 
標高647m 比高12m
築城年代:不明
築城・居城者:蟹原氏
場所:北佐久郡立科町蟹原
攻城日:2012年7月22日
お勧め度:★☆☆☆☆
見どころ:この辺だろうというだけですが。
その他:付近には倉見城、芦田城、善正城
参考文献:「図解 山城探訪 第八集 佐久北部資料編」(宮坂武男著)






スポンサーサイト

Posted on 2012/07/31 Tue. 22:51 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top