らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0714

龍王城(千曲市 桑原)  

◆本当に城跡なんだろうか?◆

鬱蒼と茂る杉林の平坦地で城の遺構など何も無い。

尾根の東に張り出した場所で、説明板が無ければそのまま通り過ぎてしまうところであった(笑)

龍王城 (14)
佐野集落から大田原マレットパークへの林道の入り口。久々に目にしたクーさんの看板。


「乗用車で行かれるんかいなあー」

千曲市を巡回しているマイクロバスが通るらしいので突撃を敢行する。

林道といっても舗装路なので小型乗用車なら充分問題ないようだ。


龍王城 (5)


ガンガン登って5分もすると大きく左カーブになる場所が城址らしいので道路脇に車を捨てる。


龍王城 (2)
看板が無ければ城跡だとは気がつかない杉林。


説明板には「竜王城の合戦」について記載されている。
しかし、この戦については裏付けが取れていないのでイマイチ信憑性に欠けているらしい。


龍王城 (26)
このような縄張図など書きとうはなかった・・・・(笑)



切岸が所々見られるが、天然の要害である故に造作など不要だったのであろうか。

この城における仔細な伝承は無い。「定納員数目録」に見える猿ヶ馬場峠留守役の清野助次郎・同与平次・平田尾張守の拠った所は、峠では無くこの城だったかもしれないという推察だけなのである。


「猿ヶ馬場峠ノ麓竜王城、如前々清野左衛門尉ニ被預下、附清寿軒ハ其此隠居江也。」(管窺武鑑)

この頃城主清野左衛門尉信昌は景勝に従い芝田へ出陣にて、父寿軒留守し、櫐兵わずか四十騎なりしも清寿軒老功の将なれば、急を長沼に報ずるとともに擬兵を山上に張り、且小笠原の先鋒を撃破す、小笠原方は又々長沼より援兵の来るを偵知し、貞慶志を得ずそこを引き返せり。(上杉記)


龍王城 (3)
道路より東側に出張る場所には切岸が確認出来る。


「更科郡誌」は「藩翰譜」を引用して「同じき九月(天正十年)貞慶三千余人を率ゐて、川中島に打ち出て、竜王の城を襲うて上杉大将清野入道清就軒が為に破られて、塩尻に引き返す」とある。

この城と合戦には不明な点が多いと指摘されている。

この時の清野入道の籠る城を「稲荷山城」とする説もあるが、古文書研究では稲荷山城は築城されていない時期としているし、清野氏は八月に荒砥城番を命じられその後屋代秀正討伐を命じられているので、竜王城の合戦そのものも裏付けが無いのである。

龍王城 (6)
林道東脇の郭。雑木林が無ければかなりの見晴らしのきく台地である。


「定納員数目録」では、猿ヶ馬場峠留守居役の清野氏には士卒250人と記されているのが、狭い峠には到底収容出来る人数ではなく、かといって佐野城(または佐野山城)や小坂城は狭く全員の常駐は不可能であった。

そこで登場するのが竜王城であり、この平削地であれば一時的に二百名の収納も可能ったと思われる。

しかし、何も無いのである・・・(汗)

一時的な駐屯地としての利用は可能であろうが、果たしてここだったのかは疑問が残る。

龍王城 (8)

さりとて、この場所は守るに易く攻め手には要害の地にある。

標高780m、北高130m。佐野部落舞台沖からの直登は容易に敵を近づけず、南は古家沢・北は柄木沢の急崖からなっている。

堀切跡も郭も全く無い。

龍王城 (4)
城の大手口であろう南の林道方面。


こんな山の中の砦で「竜王」って名前の由来??不思議ですよね。

城の東北に常に湧水を称える池があります。

傍らにアララギ(いちい)の大木と水神の竜王社が祀られ、昇天が続くと神酒を供えて雨乞いが行われた。
その竜王の名から付けられたというのが伝承らしい。


差し当たり、貞慶さんは竜神に盾突く無法者という段取りでしょうか・・・(笑)


龍王城 (19)
竜王城登り口から見る猿ヶ馬場峠。



佐野城、小坂城、竜王城という魔のバミューダトライアングルで貞慶さんを迎え撃つ布陣を施した景勝さん。

それにしても猿ヶ馬場峠の守備隊の本拠地は何処にあったのかは、今もって謎です。

答えは「藪の中」にあるのかもしれません・・・・・・・・(爆)


≪龍王城≫ (りゅうおうじょう)

標高:768m  比高:270m(長野自動車道より)
築城年代:不明
築城・居住者:清野氏?
場所:千曲市桑原佐野
攻城日:2012年7月吉日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:-
見どころ:切岸のみ、広大な平坦地。
その他:佐野城は林道入口より1km西にある。
参考文献:「長野郷土史研究会機関誌 長野 第97号」

龍王城 (18)
佐野薬師寺から見た竜王城。








スポンサーサイト

Posted on 2012/07/14 Sat. 21:14 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top