らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0828

北熊井城 (塩尻市片丘北熊井)  

◆河岸段丘に浮かぶ巨大な航空母艦◆

南熊井城を掲載したら避けて通れないのが北東1km先にある北熊井城。

信濃でも有数の巨大な城館跡ってのは充分承知していたが、見ると聞くとでは大違いだった・・・(汗)

南北朝の古い方形館が、戦国時代の動乱の最中に軍事要塞として進化した最終形は、不沈空母そのもである。

北熊井城 (2)

広大な敷地面積を誇る城跡は、地権者の方や地元の保存会の方々の熱意により往時の原形を留めている。
手作りの説明文には平山城と記載されているが、比高差だけ見れば平城であり、最終の縄張りに関して言えば、武田軍による改修の跡が色濃く反映されているようだ。

北熊井城 (3)
大手門跡に建つ鳥瞰図を示した説明板。宮坂先生の鳥瞰図が原形であろう。

こんなにデカい平地の城跡に匹敵するのは東信濃の小諸にある耳取城と御代田町の小田井城、伊那の福与城、松岡城、飯田の松尾城ぐらいかもしれない。

でもね、この城が特異体質なのは方形の単郭の進化系って事だと思う。

大は小を兼ねるというが、福与城以外はデカ過ぎて落城の憂き目に逢ってしまったが・・(汗)

北熊井城 (8)
大手口から比高20mで本城へ。虎口が確認出来る。

北熊井城 (9)
80×72はある本城。

膝上まで生い茂る雑草を掻き分けて一周する。西を除いた三方に土塁を築いている。
西は上巾25m、東と南は三重の連続する堀切で仕切っているので、もともとは独立した単郭の方形城館と見るべきであろうか。

北熊井城 見取図
yahooMAPの地形図から起こした縄張図。居館と侍屋敷は推定だが表示してみた。


諏訪から府中へ抜ける五千石街道の要衝に位置する事から、街道側の南へ「中の城」「下の城」と拡張し、西と東の両サイドの郭は武田統治下あるいは小笠原貞慶による天正年間の増設かもしれない。

北熊井城 (12)
本城北縁より五千石街道方面。比高20mの切岸加工で堀切は無い。

北熊井城 (11)
本城西縁より見た中の城方面。あの生い茂る恐ろしい藪に突入する勇気などあるはずも無く・・・(汗)

北熊井城 (24)
中の城の東隅には神社がある。除草剤により辛うじて通路は確保されているが、一面夏草の生い茂り調査不能。

平時の居館は城の西側の「町村」の大東地籍にあったと推定されていて60×50の平地跡が残り、武家屋敷(?)は隣接し町割りの跡が残る。

北熊井城 (30)
北側から見た本城及び中の城。

北熊井城 (32)
同じく北側から見た中の城、下の城、西一の曲輪。樹木が成長し過ぎて外観の高低差が逆転している??


この城の縄張りに良く似ているのが小諸市和田にある鷺林城である。スケールは比較しようも無いが、武田軍が改修したという前提で考えると共通点が多い。

北熊井城 (35)
地元の方が整備してくれた堀切㋑。往時は郭と郭の間の軍用道路も兼ねていたのであろうか。


圧巻なのはこの城の南側の東西を走る二重堀切の防除施設であろうか。

平時は軍用道路として利用し、戦時は川を堰き止めて水掘にしたというが、あながち嘘でも無いだろう。
堀底をW型の土塁で迫り上げた二重堀切は約250mで万里の長城並みである(言い過ぎか?)


北熊井城 (38)
堀切㋑の南出口は東西を仕切る二重堀切㋒と合流し小川の流れる外堀へ続く。

北熊井城 (5)
大手口付近では豪快な二重堀切と堀底を隔てる高土塁を満喫出来る。

このカンカン照りの猛暑の中、熱中して巡回していたら熱中症寸前だった・・・(汗)

北熊井城 (54)
お気に入りのアングルで撮影出来ました(笑)


北熊井城の特徴は本城と東一の曲輪との間の三重堀切ですが、藪が酷くて写真撮影もままならない。

真ん中の堀は「金池」と呼ばれ水を湛えていたというが、雑草ばかりで何の面影も無い・・・(爆)

北熊井城 (58)
雰囲気だけでも・・。

北熊井城 (63)


「熊井城」は「高白斎記」の二か所に登場する。「熊野井ノ城自落」(天文十四年)と「熊野井ノ城鍬立」(天文二十一年)えある。武田軍に攻め落とされたあと、武田流の城に改修された。従って現在のような大規模な城になったのは武田氏占領以後の事であろう。
武田が滅び小笠原貞慶が府中を回復するや、貞慶は溝口美作守に北熊井に二百貫文の地を宛行い、熊井城の経営に当たらせたという。

北熊井城 (64)
竹の花と伝わる郭は、南北朝時代の居館が北東にあったので「館の鼻」と伝わるらしい(常光寺跡とも)


こんな城、全国でも珍しい部類に入るのではないだろうか。

幸い地元の方が一生懸命整備をしています。頭が下がる思いです。

≪北熊井城≫ (きたくまいじょう 熊野井城) 

標高:754.9m 比高20.0m
築城年代:不明
築城・居住者:小笠原氏、武田氏
場所:塩尻市片丘北熊井
攻城日:2012年8月25日 
見どころ:堀切跡、切岸、土塁、二重堀切
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:-
注意:藪だらけなので散策注意
付近の見どころ:南熊井城、赤城北城、赤木南城など
参考文献:「図解山城探訪 第五集 松塩筑史料編 宮坂武男著」「探訪 信州の古城  湯本軍一監修」

北熊井城 (66)
竹の花からみた北熊井城方面。





スポンサーサイト

Posted on 2012/08/28 Tue. 21:18 [edit]

CM: 5
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top