らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0802

長島の堀之内 (上田市 住吉)  

◆米山城の山麓にある小宮山氏の城館跡◆

改変著しい平地の城館跡に往時の遺構を見出すのは難しい事である。

しかし敢えてそれをご紹介していく地味な作業こそ「フランシスコ・らんまる・ザビエル」の布教活動なのである(笑)

米山城といえば砥石連郭城郭群の一端を担う城であるが、独立した単独の山城時代がありその城館も存在したのだ。


長島の堀之内 (1)


砥石城の城代屋敷や家臣の屋敷があった場所としては城郭群の東側に位置する金剛寺集落が有名だが、築城年代の古い米山城の城館は南側にある長島の堀之内地籍にあったと伝わる。


「小県郡誌」では詳細について記載が無く、「千曲真砂」によれば米山城とは「小宮山城」であり海野氏の配下である小宮山氏が長島堀之内に城館を構え詰の城としていたという。




長島の堀之内 見取図①
矢出沢川の断崖を利用した城館。


小宮山氏は海野氏の一族で海野氏と同族とされる。
その支配地は岩門から神科及び国分寺方面、伊勢崎城(虚空蔵山砦)に及んだというが、村上軍の侵攻により砥石城が築城されると、米山城は砥石城に組み込まれる。その後の小宮山氏の動向は不明である。


長島の堀之内 (4)
北側より城館の南側を見る。


館の跡地は全て耕作地となり改変されていまい今では見る影も無いが、矢出沢側の崖淵を利用した要害の地であったことが想像出来る。


長島の堀之内 (2)
城館跡から見た金剛寺集落・柏王城・米山城。


「砥石崩れ」で撤退する武田軍を追撃するための前進基地だったかもしれない。
そう妄想すると城館巡りも悪くない・・(笑)

≪長島の堀之内≫ (ながしまのほりのうち)
 
標高555m 比高10m(矢出沢川より)
築城年代:不明
築城・居城者:小宮山氏
場所:上田市住吉長島
攻城日:2012年4月22日
お勧め度:★☆☆☆☆
見どころ:何も無いのですが雰囲気だけでも・・・。
その他:付近には柏王城、砥石連郭城郭群、金剛寺武家屋敷跡、そして米山城。
参考文献:「図解 山城探訪 第三集 上田小県資料編」(宮坂武男著)



スポンサーサイト

Posted on 2012/08/02 Thu. 21:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top