らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0914

中塔城④ (松本市梓川 リベンジ)  

◆時代遅れの男達、そして尾根を刻み続けた不落の城 D地区編◆

いよいよ最終章である。 毎日の更新はしんどいし、テキトー縄張図も書き飽きた(笑)

中塔城区画


さて、居住区を制圧したキラネーム同迷軍は「殿様水」を探しに西尾根を探索する。

こんな山奥に水の手があったのだろうか? 尾根の沢筋に人工的な天水溜めを二か所発見したのである。

中塔城 (67)
窪地の周りには石積みらしき破片が散乱し、中央には水の染みらしき跡が確認出来る。

付近をくまなく探索したが、それらしきものはこの場所ぐらいである。

いよいよ迷走のラストは、D地区。

複雑な段郭と塹壕、堀切の組合せは、この山城が長い年月をかけて補強されたことが良く分かる遺構であった。

中塔城D地区
相変わらず縮尺テキトー(笑) 縄張図は宮坂氏の作図を参照しています。


中塔城 (93)

塹壕の北側の尾根筋は、複雑に段郭を刻むように配置している。

中塔城 (96)
堀切㋑。郭の位置を段違いに加工して間に入れ技巧度は高い。


中塔城 (98)
南側から見ると複雑に折れる構造なのが見て取れる。

当初は単純な稜線に段郭を配置しただけと思われるが、風雲急を告げる戦国時代に入り加工したのであろうか?


中塔城 (100)
最も広い堀切㋐(南側)。背後というより前衛基地が崩れた場合に備えたものであろうか。


中塔城 (101)
22×6の郭。この背後に堀切㋐がある。


中塔城 (105)
尾根道に残る小さな堀切跡。


想像していたよりもかなりの高低差があり、それをうまく利用した防御への苦心の跡が見られる。

武田軍はこのあたりまで押し寄せて激しい抵抗に逢い死傷者を多く出したというが、まんざら嘘でもないだろう。

中塔城 (108)
段郭を変幻自在に組み合わせた古めかしい防御だが高地だからこそ機能したのであろう。


【二木家の辛苦】

小笠原長時は、城を立ち去るに当たり中塔城主の二木重高に武田に降るよう言い残したと云う。

後詰も無く、武田への内通者が城に放火を企てる有り様であった二木氏は籠城を断念、開城し武田に降る。

その後、甲府の府中への出頭を命じられ先に小笠原を見限った三村長親とともに晴信による詮議を受けたと云う。

三村氏は死罪を申しつけられたが、二木氏は赦されて故郷へ帰る事が出来た。

最後まで主君に忠節を誓い守り通した忠義を晴信が認めたのであろう。

武田が滅び小笠原貞慶が旧領を回復すると、二木氏は貞慶に従い貢献し、最終的には小倉藩小笠原氏の重臣として明治維新まで家を存続させている。

小笠原長時を見限り裏切った豪族が貞慶により悉く滅亡させられた中で家名を存続できたのは、中塔城で長時を守り続けた忠誠心だったのかもしれない。

時代遅れの男たちは、その実直さゆえに戦乱の世を生き延びたのである。

中塔城 201209
中塔地区から見た中塔城。

鉄塔から転がり落ちるように北尾根を下り、無事林道に降り立った時に夕立の洗礼を受ける。

一つの山城に5時間近くも要したのは初めてである。

縄張りも防御も平凡かもしれない。居住地なども自然地形に若干の手を加えただけである。

でもね、その場所を訪れてみて初めて分かる事や気づく事も多い。

「城と古戦場」のマサハレ殿、「埋もれた古城」のウモ殿、「信玄を捜す旅」のシゲル殿・・・尊敬して止まない方と同じ場所に小生もていぴす殿も辿りつく事が出来ました。

「長時さんの鼓動や息遣いを感じる・・・」それもまた城巡りの楽しみなんだと改めて思いました。

辛い攻城戦を共に戦った「ていぴす」さんには心よりお礼申し上げます。


中塔城 (116)
梓川ふるさと公園から見た中塔城全景。


≪中塔城≫ (なかとうじょう 小室山古城、中洞小屋) 

標高:1248m 比高440m
築城年代:不明
築城・居住者:二木氏
場所:松本市梓川(安曇野市三郷)
攻城日:2012年9月8日 
見どころ:武田軍も呆れて攻めるのを断念した難攻不落の城を堪能すべし。
お勧め度:★★★★★(最も過酷な攻城戦に満点)
城跡までの所要時間:90分~120分
注意:日帰り登山なのでそれなりの装備は必要。クーさんの痕跡は無いが、対策グッズは必須。
付近の見どころ:そんな体力残ってませんわー(笑)
参考文献:「図解山城探訪 第六集 安曇史料編 宮坂武男著」「信州の城と古戦場 南原公平著」

スポンサーサイト

Posted on 2012/09/14 Fri. 22:29 [edit]

CM: 10
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top