らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1011

激戦地 三河へ進軍中④  

◆信濃の山猿道中④◆

この先リストラされない限りは、まとまった休みなど取れないので他の観光名所でも訪れれば良さそうなのだが、全くスケジュールには無い(笑)
それどころか追加している有り様である…(汗)

この日は、念願叶えるために長篠設楽原古戦場訪問がメインでした。

浜松城 (18)
浜名湖の弁天島のホテルからみた景色。何故か和室にベッドのある和洋折衷の部屋でしたが・・・・。


「ええい、この際見れる場所は見ておくのだ! 者ども、馬曳けい!!」(ってか車でしょ 部下いないし・・)

スケジュールに吉田城、亀山城(奥三河)を強引に追加しての強行軍。(いつもの思いつき 悪いクセだ)

吉田城⇒亀山城⇒長篠城⇒武田勝頼本陣周回コース⇒設楽原古戦場⇒野田城

相変わらず無謀なルートである(爆)

吉田城(三河) (19)
新旧の石垣の対比を見たかったので突撃した吉田城(笑)


亀山城(三河) (58)
奥平貞昌(信昌)のルーツである亀山城。新城市の遥か北の山の中にある。


長篠城 (6)
こんな狭い城でよく持ちこたえたと感心しきりの長篠城。


長篠城 (43)
馬場さん、内藤さん、土屋さん、山県さんらが別れの水杯を交わしたという大通寺杯井。悲しすぎた・・。


設楽原古戦場 (52)
こんな狭い戦場で両軍合わせて16,000人が死んだと伝わる設楽原古戦場。引くも攻めるも地獄だったのだろうか。


野田城(三河) (13)
野田城にある信玄公に向けた狙撃場所。スコープライフルだって難しいのに火縄銃で??まさかねえ。


武田にとってターニングポイントとなった地点を廻った一日でした。

この日だけは鳳来寺の近くにある湯谷温泉で贅沢な最後の夜を過ごしました。

次の日は真面目に帰ったかって??

明日ブログが更新されてたら、きっと道草したと思って下さいませ・・・(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/11 Thu. 17:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top