らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0110

出浦城2 (埴科郡坂城町上平 リテイク)  

◆東筑摩郡からの侵入に備え改修され続けた独立峰の要害◆

「信濃の山城と城館②(更埴・長野編)」が先月届いた。

この地域の山城は甲越合戦の主戦場になった場所なので、堅固な縄張りの城が多い。

信濃の山城と館②
表紙が若槻山城だと分かった方は猛者であろう(笑)一冊7,800円は絶対にお買い得だ。


信州の山城に興味のある方は是非全巻ご購入頂き、宮坂教の洗礼を受けて頂きたいものである。


さて、今年最初の城攻めは、どうしても5年前の恥ずかしい記事の再編集をしたかったので出浦城と決まっていた。

出浦城② (111)上山田町新山方面から見た出浦城と新山林道経由での攻城ルート。軽自動車の4WDなら標高570m地点まで登れる。

今回は南西方面の大林山へ繋がる尾根の大手口からの攻城を目指したのだが、林道が狭いうえに雪で凍結しており2WDでは危険極まりなく断念する・・(汗)

仕方が無いので前回と同じ400mの比高差を登る南東の自在神社(じざいじんじゃ)経由でのトライとなる・・・(涙)

出浦城② (3)山頂手前から南東方面に見える三水城と孤落城。堀切までハッキリ見える距離にあるのがわかる。

「こんなに登りキツかったっけ?」

5年の歳月は、おのれの老化が進行している事の証明でもあった・・・(笑)

出浦城② (9)主郭手前の最後の難関にはロープがある。

さて、正月の不摂生を嘲り笑うような城跡に息絶え絶えで辿りついた。

お楽しみはこれからであろうか・・。

出浦城見取図①西の尾根が大手で東が搦め手か?

今回の攻城戦から「巻き尺」が新たな兵器(?)として登場する。

神の偉業を疑う為でなく、「玄人っぽく見えそうだから」 それだけの理由で購入したのである(爆)

出浦城② (22)郭1は実測値28×20。天水溜の窪地は3×3で2箇所。

郭1は周囲を巾3m、高さ1.5m~2.0mの土塁が囲み虎口は東側に開いている。西側は盾のように高く盛土されているのが特徴だ。

縄張図で分かる通り、郭1の西半分は落差のある巾の広い横堀と北側に向けた二重堀切の組合せが強固で、更に南北に竪掘を繋げているのが凄い。

出浦城② (34)堀切㋐。堀底を土塁で盛土して二重横堀としている。

出浦城② (35)横堀㋒は上巾10mで落差がある。かなり厳しい防御体制を敷いている。

出浦城② (47)こうもややこしい堀切構造は村上さんでは無理で、その後の強大な勢力の改修であろう。

誰も訪れる事の無い城跡で巻き尺と戯れている姿など傍から見れば「キジルシ」だろう・・・(笑)

西の大林山に続く稜線以外は、尾根など無い独立峰なので、設置出来る郭も僅かであった。

出浦城② (53)見事な切岸と横堀のコントラスト。

出浦城② (57)郭2は微妙な広さ。

出浦城については何人かの方が意見を述べていますが、烽火台の域を否定していたのはアテンザ23Zさんぐらいかしら。

塹壕のような「コの字竪掘」と大手郭3にその秘密があるような気がします。

出浦城② (63)郭3から見下ろした堀切㋓。登城口を兼ねた塹壕堀であろうか。

出浦城② (62)塹壕の登り口を抑える郭3。

周囲を10本の放射状の竪掘が巡る烽火台なんて聞いた事がない(汗)

千曲川左岸を抑えて小県への境目を監視するには絶好の位置にあり、武田滅亡後は麻績地方の争奪戦に際して重要な役割を演じたものと推定される。

出浦城② (64)北斜面を刻む竪掘㋔。


塹壕㋓を比高差20mほど西尾根に向かって下りると、二人組の鉄砲隊(ハンター)と遭遇する。

聞けば、狩猟でニホンシカを北の斜面に追い込んだので、北側の斜面には下りないようにとの警告であった。

小生も斜面に用は無いし撃たれても洒落にならないので、あと尾根の二ヶ所を調査したら引き揚げる事をお話して了解を取り付けた。

出浦城② (73)西尾根から見た塹壕㋓。

しばらくすると「ターーーーーーーーン」という乾いた銃声が山中に響く・・・・(汗)

世界中の国の中で銃規制が一番厳しい日本。

狩猟もルールと法律を守れる者だけが許される期間限定のスポーツである。

出浦城② (79)門があったような削平地と堀切㋗。

本当は尾根の大手口にあたる堀切㋐まで下りて調査したかったのだが、狩猟の邪魔をしても討死しても笑われるので出浦城最大の堀切㋘と㋙を調べて終わる事にした。

出浦城② (88)上巾14m(実測値)の素晴らしい堀切㋘。

出浦城② (94)南斜面を恐ろしく長い竪掘りとなり落ちていく。

出浦城② (84)北側の斜面のみに掘られた竪掘㋙。

今回は残念ながら大手口と云われる旧上山田町の新山方面からの検証が出来なかったのだが、この城の大手は大林山と繋がる尾根だったと思われる。

出浦城② (90)尾根筋は二重堀切を意図したような連続堀で構成され防御性は高い。

五年ぶりの出浦城は、当時の自分がいかに未熟だったかを思い知らされるような素晴らしい遺構が残っています。

でもね、この最終形の縄張りを見ると、筑摩郡に展開する貞慶さん系の城に多く見られる縄張りと共通してるのよ。天正末期のトレンドでしょうか?(笑)

天正壬午の乱で麻績城と青柳城を制圧した時期に峰続きで出浦城を落としても不思議は無いわけで・・・。

妄想はともかく、最後まで改修され続けた山城なんでしょうね。

出浦城② (95)主郭から見た村上氏居館跡(満泉寺)方面。

「唐傘山(からかさやま)」と呼ばれる美しい円錐形の山に、こんなゴッツイ城跡があるなんて驚きですよ(笑)


≪出浦城≫ (でうらじょう いでうらじょう 自在山烽火台) 

標高:793m 比高400m
築城年代:不明
築城・居住者:出浦氏、村上氏、武田氏など
場所:埴科郡坂城町上平(千曲市新山)
攻城日:2013年1月06日 
見どころ:郭、石積み、堀切、土塁など
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:50分
注意:秋は止め山(松茸山)なので入山は不可。
付近の見どころ:三水城、狐落城、新山城など
参考文献:「信濃の山城と館② 宮坂武男著」

IMGP0410.jpg荒砥城から見た出浦城。




















スポンサーサイト

Posted on 2013/01/10 Thu. 21:47 [edit]

CM: 10
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top