らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0205

古城山城 (長野市若穂川田)  

◆最近までマジで存在を知らなかった武田系の山城◆

古城(ふるじょう)?何それ(笑)

オーソドックスな名前ですが聞いた事無いっスねえ。 別名「古城山城ふるじょうやまじょう)」良く分かんない・・(汗)

霞城の北隣の尾根にも山城があったなんて知らなかったのである。

古城山城 (1)国道403号線関崎橋東詰信号機付近には松代藩時代の「関崎の渡し」址がある。ここに突き出ている尾根が城跡である。


そういえば清水長久氏の著書で「続・山城紀行」に川田城なる記載があった事を思い出した。

海津城周辺の目ぼしい山城はほとんど制したつもりだったが、「抜けておったか・・」この事であった(笑)


町川田神社を100mほど東へ歩くと城跡への道標があるので迷う事は無い。少し登ると小さな北向観音堂があったので、城攻めの無事を祈願する。

古城山城 (4)道路脇の道標。

古城山城 (6)北向観音堂。

気温がだいぶ緩んだとはいえ、雪はまだかなり残っている。

この時期の楽しみは雪道の動物の足跡なのだが、さすがにクーさんのは見たくない・・・・(汗)

10分ほど坂を登ると尾根に出る。この辺は「大室古墳群」と呼ばれあちらこちらに「○号古墳」という標識があるが、石室が露出している訳では無いのでなんとなく分かりづらい。

古城山城 (20)何となく郭っぽいんだけど古墳址です(笑)

古城山城 (15)千曲川に突き出た段丘から南側の城砦。

ここから南の尾根伝いに更に10分ほど登ると城域に入る。

古城山城 (24)上巾5mの堀切㋐。土塁付き。

北に堀切㋐を穿った郭10が最初に現れる。主郭群からはちょっと離れているので物見砦という位置づけだろうか。

古城山城 (28)郭10

古城見取図①

そういえば、この縄張りに良く似た城があったっけ。
そうそう、荒神尾城の造りにどこか似ている。

古城山城 (32)郭9までの尾根上は特に防御施設などない。

古城山城 (34)堀切㋑と郭9の段郭。

この尾根には㋐~㋓まで四本の堀切が入っているが、どれも長く美しい竪掘となって斜面を落ちている。

武田による改修であろう。

古城山城 (39)堀切㋑の美しい曲線R構造。

郭9から本郭への尾根はきれいに平削されており、㋒と㋓の段差を持つ二重堀切の防御ラインの精度は高い。

古城山城 (46)見事な二重堀。ワクワクします。

古城山城 (47)堀切㋒。

古城山城 (55)北の沢に竪掘となる堀切㋓。

【城主・城歴】

一説には川田小学校の場所に居館を構えていた川田対馬守の居城と伝えられるがハッキリしない。

天文年間に武田軍の築いた城との言い伝えもあるので海津城の北の備えとして武田が改修したというのは間違いの無いところであろうか。

古城山城 (62)主郭手前の郭8。尾根伝いの敵を迎撃するには絶好の位置にある。

古城山城 (65)主郭(23×10)。東に虎口が確認出来る。

古城山城 (67)主郭背後は土塁で迫り上げていたらしい。

面白い事に、本郭のピークは三角点より10m低い北側にある。

いきなり背後を四重の堀切とせずに郭2を後方に置いているのが特徴で、この処理は塩崎城の背後の処理に共通しているようだ。

古城山城 (68)本郭1から見下ろした郭2。(7×11)

奇妙山(1099.5m)へ続く南の尾根はセオリー通りに四連の堀切で遮断している。

古城山城 (70)

古城山城 (84)上巾8.5mの実測値だった堀切㋘。主郭背後の切岸の処理も見事である。

古城山城 (80)南端の堀切㋙から見た四連続の堀切。

まあ、これだけだったら貧相な砦の部類だろうが、北東に張り出した段郭は重厚感のある仕上がりだった。
しかしこの方面に大手があったのか?という推定は無理があるかもしれない。

古城山城 (85)北側は保科・川田集落を越えて「綿内要害」と呼ばれた春山城、総石積みの謎の城霜台城がある。

北東の尾根は合計五段の段郭を持つ。

麓から見た場合の威厳も考慮した造りだったと思われる。

古城山城 (88)郭3(31×7)

古城山城 (91)郭3には虚空蔵菩薩の祠がある。

古城山城 (92)郭4。

古城山城 (93)郭5(21×7)

古城山城 (101)郭6。連続する段郭群の中では最大の面積を誇る。

チョッと古い様式のような気もするが、各郭は丁寧に削平してあり土木技術の水準は高いような気がする。

おまけに北の沢に向けて三本の竪掘を長大に穿っている。

古城山城 (100)竪掘㋖。

古城山城 (111)堀切㋔。

もともと北東尾根に段郭主体の古い砦があったものを、武田軍が北西尾根を新たに付け加えて改修し大手も変更したと見るのが良さそうな気がします。

ここからのロケーションは素晴らしく、武田軍が飯山口への備えとしてこの城を拡充したのが位置的にも理解出来ますね。

古城山城 (109)

≪古城山城≫ (ふるじょうやまじょう 古城) 

標高:533m 比高188m
築城年代:不明
築城・居住者:川田氏(?)、武田氏
場所:長野市若穂川田
攻城日:2013年2月3日 
見どころ:堀切、竪掘、郭、土塁、石積など
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:20分
注意:駐車場所は近くに無いので注意。
付近の見どころ:霞城など
参考文献:「信濃の山城と館② 宮坂武男著」

古城山城 (116)長野電鉄旧松代線若穂川田駅より見た古城山城遠景。







スポンサーサイト

Posted on 2013/02/05 Tue. 22:42 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top