らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0223

冬の山城の風景  

◆雪に閉ざされた山城群を眺めるのもマニアの証しでしょうか?◆

写真がメインの山城ブログなのだが、デジカメはしょっちゅう落として傷だらけ・・(笑)

初代のエクシリムは甲府の新府城で落下して破損。修復不能。

武田氏の怨念とも噂された・・・(汗)

二代目ペンタックスは家人の高額なリース料で早期返却(爆)

三代目のニコンは何度か落下させてしまいレンズが収納出来ないトラブルに見舞われ寿命寸前・・。

xp1502.jpg

「アウトドア用のデジカメ欲しいなあー」 探せば驚く値段で見つかるものである。

・耐衝撃(2mの落下)
・耐低温(マイナス10℃)
・耐防水(水深10m)
・GPS機能

既に生産終了なので「叩ける!!」と思い、某家電量販店の展示品を値切り倒して手に入れた(笑)

以下はそのデビュー作品である。


【長野自動車道 姨捨(おばすて)PAからの画像】

ここのパーキングエリアからの眺めは素晴らしく、更埴・長野方面の城跡を踏破した方には是非お寄り頂きたい絶景の場所です。

山城群①

山城群②

山城群③

山城群④


【長野自動車道 筑北PA】

もう少し風景が見えそうな場所だが、意外と見晴らしは良くなくて二ヶ所の城跡のみ。

山城群⑤

山城群⑥

【中央自動車道 梓川SA】

ここのサービスエリアで北アルプス以外を撮影する人は小生のみであったという・・・(笑)

山城群⑦

山城群⑧


【麻績インターを降りた場所】

麻績も筑北も、心血注いだ攻城記で記憶に残る場所である。

こんな鄙びた田舎が、戦国時代には川中島と並び信濃で争奪戦が繰り返された重要な場所だったとは、知る人も少ない。

山城群⑨

山城群⑩郭や堀切までも見える麻績新城(ズーム5倍)


山城群⑪昨年議論を巻き起こした麻績村の山崎砦。


たまたま本日は仕事で松本市へ行ったので、山城群を高速道路沿いから撮影してみました。

今度のデジカメはGPS機能も搭載しているので、今後のブログでは位置も正確にお伝え出来ると思います。

でもねえ、連日の雪と記録的な低温で、信州では城跡巡りなんぞ出来る状態ではありませんねえ~(汗)

スポンサーサイト

Posted on 2013/02/23 Sat. 22:50 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top