らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0314

向城 (佐久市中小田切)  

◆雁峰城を守る対の城◆

異様に高い比高差を目的地まで黙々と登るのが山城巡りの醍醐味であろうか????

そんな修験者のような体育会系の趣味だったら、潔く捨てていただろう・・(爆)

小生は登山が趣味では無いので、ならば楽して目的地に行きたいし、「どこでもドア」が購入出来るなら真っ先に買って体力を使わず城跡に着きたいと思っている・・(笑)

残念ながらそれが出来ないので、「面倒くせえなあー」と思いつつ、山の中を迷いながら必死の思いで城後にへばりついている・・・(汗)傍からみたら意味不明の行動ではあるが・・・(笑)

で、今回ご紹介するのは、ものの5分も丘を登ると、背後のデカイ堀切と切岸の見事な段郭群を見学出来る「向城(むかいじょう)」

向城(佐久市) (40)対岸の雁峰城(がんぽうじょう)


佐久地方が甲斐武田氏の侵略の矛先となった原因は、南佐久の伴野氏と北佐久の大井氏の勢力争いであり伴野氏が武田信虎に援軍要請をした事は以前にも記述してきた。

そこへきて、北信濃の村上氏が勢力拡大の為に佐久岩村田の王城に攻め入り大井氏本家を滅亡させてしまったのだから、虎視眈眈と信濃へ進出する機会を狙っていた武田信虎に引導を渡したようなものである・・(汗)

向城(佐久市) (1)城域の東の裾野から見た向城。

雁峰城の城主はこの地方を治めていた小田切駿河守幸長であったが、村上氏の侵入以降は村上氏に従って北信濃の小市(現在の長野市安茂里)へ移り、代わりに草間氏が城主になったという。

※小田切氏については小田切館を参照

向城見取図①

武田晴信の佐久制圧時に雁峰城の草間氏は抵抗虚しく落城するが、雁峰城の包囲戦で陣城として向城が普請されたという伝承もある。

内山城、志賀城クラスの規模の山城が抵抗するなら難攻も予想されるだろうが、比高50mも満たない小規模の雁峰城にわざわざ陣城を作るはずも無く、元々あった支城を先に落としてそこに陣を構えたというのが正論のような気がする。

向城(佐久市) (5)背後の北西尾根から見た削平地Aと堀切。

大手は南東で道が付いていたようだが、現在は民家の脇の私有地を通る事になる。不審者扱いを覚悟で突入するが、道が無くなり藪に阻まれ撤収・・・(汗)

面倒だったが、西の尾根に登る細い道を辿り途中から竹林を強引に潜って主郭背後へ登る強硬策を取る。

向城(佐久市) (8)郭Aの切岸と巨大な堀切(上巾16m)

向城(佐久市) (13)主郭背後と堀切。堀底も7mはある。

西に続く尾根に遺構があったのかは不明で、宮坂氏は三角点のある付近も郭と推測しているが、全山耕作されたようなので何とも言えない。

向城(佐久市) (23)主郭(32×19)

主郭は広いが周囲には土塁が無い。近世の耕作に伴い破壊されたのだろうか?
荒れ放題なので写真撮影も酷い。夏は藪い覆われて見る影も無いだろう。

向城(佐久市) (26)主郭の下の郭2。切岸の処理が垂直に近いのは驚きであった。

平野部に突き出た段丘を段郭で処理する方法は信濃の山城の特徴であり、佐久地方では特に顕著でトレンディ(?)だったようだ。

向城(佐久市) (28)あまりにも整地され過ぎていて不自然な印象もある・・・(汗)

向城(佐久市) (35)郭4.

向城(佐久市) (36)郭4から主郭方面を見上げると綺麗に段々になっているのが分かる。

雁峰城(小田切城)の支城としては、前回ご紹介した領地の北を守る湯原城、西を守る上小田切城、そして後詰めの兵補給駐屯地として対面に築いた向城の四つとされる。

向城(佐久市) (39)大堀切から切原小学校校庭方面。

防御構造を持たない向城を落とすのは容易く、ここを占拠すれば雁峰城の攻略など時間の問題だったであろう。

向城(佐久市) (19)本郭から見る上小田切城。


佐久出身の小田切氏が川中島に居館を構え、村上氏が越後に逃亡後も武田に抵抗し葛城の落合氏と共に散ったのは佐久土豪の反骨精神を受け継いでのものであろうか?

故郷が武田軍に蹂躪される報を聞くたびに、小田切氏は「武田憎し」という憎悪の念に駆られたのかもしれない


≪向城≫ (むかいじょう)

標高:779.5m 比高32m 
築城年代:不明
築城・居住者:小田切氏、草間氏
場所:佐久市中小田切
攻城日:2013年3月10日 
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間5分 駐車場:切原小学校または付近のJA切原支所(「路駐不可)
見どころ:堀切、郭など。付近には医王寺城、雁峰城、向城、上の城、上小田切城など
注意事項:小学校での撮影は禁止(通報されます)。平日は校庭付近からの登城も不可。
参考文献:「信州の山城と館① 佐久編 宮坂武男著」



スポンサーサイト

Posted on 2013/03/14 Thu. 20:43 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top