らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0316

牧城 (長野市信州新町)  

◆香坂氏が本拠地とした牧之島城の前身◆

先月の2月2日、四年ぶりに牧之島城を訪れた。

「三日月堀?丸馬出し?」「千人桝形?」

当時はちんぷんかんぷんであったが、知ったかぶりで解説している自分のページには恐れ多い・・・(笑)

牧之島城② (4)牧之島城の三日月堀と丸馬出し。

甲州流の築城技術として必ず出てくるのが「三日月堀と丸馬出し」であるが、純粋に武田時代のものが現存されているのは大島城ぐらいで、俗世間で言われているものは徳川により加工された馬出しが多いという。

現存する牧之島城の馬出しと三日月堀も武田時代の遺構として紹介されているケースが多いが、松代藩真田時代に大幅に手を加えられたらしく、往時の地図には二連の丸馬出しが描かれている。

まあ、その辺の事情は次回に記載するとして、今回のご紹介は牧之島城の前身である牧城。

牧城 (1)牧之島城から東へ300m先に普光寺があり、その場所が牧城(香坂居館跡)と伝わる。

【香坂氏の出自】

香坂氏は東信濃に覇を唱えた滋野一族とされ、佐久の閼伽流山城あかるさんじょう)を拠点としていたが、承久の乱(1221)において執権北条に与して戦功を挙げた功績により、新補地頭として牧野島(牧之島)を賜り移り住んだという。

牧城 (3)山門脇に建つ牧城跡の碑。

もともと滋野一族は信濃国において、良質な馬を飼育献上する牧監としての手腕を高く買われていたので、鎌倉幕府も私牧経営のエキスパートとして香坂氏を牧野島~大岡の領主として据えたのであろう。

牧城見取図①

鎌倉幕府滅亡後の建武三年(1336)南北朝の争乱では、香坂心覚は南朝方として北朝方守護を牧城に迎え撃ち、退けたと伝わる。

その後、応永六年(1399)に勃発した大文字一揆(大塔合戦)では、香坂宗継が一揆方として奮戦し守護の小笠原長秀を京都に追い返し、犀川中流域の香坂氏の覇権を確立したという。

牧城 (5)道路南側から見た普光寺(居館跡 郭1)

守護の小笠原氏と対立した香坂氏だが、文明年間(1469~1486)には小笠原家の内紛で伊那の小笠原家に深志を追われた小笠原長朝を牧城に匿い庇護したともいう。

香坂氏は義の人でもあったのだ。

牧城 (6)

牧城 (7)

こののち香坂氏の記録は一時絶えてしまい、武田晴信の信濃侵攻の際には武田に降りたという。

当主の香坂宗重は所領を松代へ移され、牧之島領には晴信の譜代の家臣馬場春房が入り、永禄九年(1566)には牧城と隣接する牧野島に新たな城を縄張りし牧城はその役目を終えたという。

牧城 (13)北側の墓地付近の堀切㋐

牧城 (15)犀川への崖淵への堀切㋑

滋野系祢津氏の血統である名門香坂氏の幕切れは突然やって来た。

第4次川中島の戦いの直前の永禄4年(1561年)5月には上杉との密通の嫌疑で香坂宗重が海津城で誅される。これにより香坂嫡流は途絶え、後に香坂氏の娘を娶った関係で春日虎綱が名跡を継承し、虎綱は海津城代として北信の川中島衆を率いている。
(虎綱は永禄9年9月までには春日姓に複姓しているが、春日虎綱が一般には高坂弾正忠として知られる様になるのは、この事に起因している)

牧城 (2)道路の南側に展開する広大な郭4。

信濃の名門である氏族は悉く滅亡に追いやられている。

戦国の世の習いとしては至極当然の事であり、武田晴信がこの事で悪者になる理由など無い。

香坂氏が万が一家名を存続したとしても、西牧氏のように貞慶さんに滅ぼされたかもしれない。

牧城 (19)城域西側から見た普光寺方面。

牧野島が往時の川中島四郡を抑える重要な足懸かりで、大岡と共に武田晴信が戦略上において重きを置いた事は牧之島城の築城に至る経緯を調べれば分かる事である。

小生にはどうしても解きたいもう一つの謎がある。

それは、高白斎記に記載のある在番制を命ぜられた「大岡城が何処か?」

懸命な諸氏であれば「砦山城」では無い事は承知しているかと思われます・・・・・・・。

この謎を解くまでは信濃の諸城の探訪は続くのでしょうね・・・・・・(笑)


≪牧城≫ (まきじょう) 

標高:486m 比高60m
築城年代:不明
築城・居住者:香坂氏
場所:長野市信州新町牧野島
攻城日:2013年2月2日 
見どころ:堀切、郭など
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:-分
注意:お寺なのでお賽銭入れてくれ! お墓は荒らさないで下さい。
付近の見どころ:牧之島城
参考文献:「信濃の山城と館② 宮坂武男著」

牧城 (21)

















スポンサーサイト

Posted on 2013/03/16 Sat. 22:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top