らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0727

雨男は誰か?  

◆お天道様の気まぐれに撃沈した信濃先方衆の哀れ◆

ひょんなことからヤブレンジャーの余湖さんをアテンドさせていただく事となり、どうせなら道中は人数が多いのが楽しいだろうと信濃先方衆の「ていぴす」さんも同行して北信濃攻城戦を開始する。

若槻山城1久々の若槻山城本郭。懐かしい・・。

最初の目的地は「若槻山城」。

アテンドなどと格好の良い事を云っていたが、番所(ばんどこ)へ登る途中で小生のみリタイヤを余儀なくされる(汗)

最近は平地の城館ばかりで体が鈍ってしまい、体が錆びてしまったようだ。

信濃先方衆とは名ばかりで先が思いやられる始末・・・・(笑)

堂沢出城1新設された堂沢出城の説明板。

若槻山城をスケッチしながら道無き段郭群の藪を下る姿は「百戦錬磨の兵」でしょうか。
なかなか真似の出来るものではありません。

若槻山城と堂沢出城を攻め落として、午後は予定通り髻山城へ。

motodori01 (20)

午前中の蒸し暑いピーカン天気が、午後は一転して雲が多くなる。

髻山城の登城口に着いた頃は風が強く吹きいつ雨が降り出してもおかしくない天候となる。

「ええい、降ったら降った時までの事。突撃っー」(爆)

小生が生意気こいてヤブレンジャーの奥義を発動させていただく・・(笑)


髻山城①相変わらず見事な虎口の石積み。

髻山城②カメラで撮影するていぴすさんと傘を持ちサッサと移動する余湖さん(?)

迫りくる雷雨を前に、我々はビデオの4倍速程度のスピードで城跡を巡回しトットと下りた・・(汗)

城址を後に車に乗り込み、慌てて走りだして数分後、猛烈なライトニング(稲妻)の洗礼を受ける。

間一髪とはこの事であろう・・・・。

「ふん、謙信さんよ、おとといきやがれ!!」と誰が言ったかは定かでない(笑)

止む事の無いゲリラ豪雨である。長野でも久々で、こんな異様な降り方は無かったと記憶している。

この後、何か所か攻城を予定していたのだが雨は止む気配も無く「万事休す」・・・・・

比高が低くて多少の雨でも登れる松代周辺の山城があれば・・・。

「そう、それなら霞城だ!!」 信濃先方衆の意見は一致する。

霞城①雨でかすむ霞城の石積み。

止みかけた雨だったが、城址に着いた途端にまたもや土砂降りの雨。

「誰だろう、雨男は???????」

もはや言うまい・・・(汗)

霞城②美しき霞城の石積み。

「川中島城館群」という極めて抽象的な信濃の城郭をまとめた表現がある。

それは松代城を取り囲む幾多の城の集合体であり、比高差の最高は清滝城であろうか。

今回の雨中を強行突破した我ら信濃先方衆の手柄はきっと評価されるに違いない・・・(爆)

霞城③


次回ご訪問の際は「雨雲」はもちろん「雪雲」も同伴禁止であることを切にご了承願いたい・・・・・・(笑)


冗談はさておき、ご活躍を祈念しておりまする。

スポンサーサイト

Posted on 2013/07/27 Sat. 21:18 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top