らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0803

松原諏方神社 (南佐久郡小海町)  

◆よその寺から盗んだ鐘がもたらす災いの恐ろしさ◆

前回ご紹介した松原城のある小海町松原(旧豊里村)を訪れた目的はもう一つあった。

松原諏方神社(まつばらすわじんじゃ)の上社にある「野ざらしの鐘」を確かめる事だった。

松原城 (8)小生のブログの扉写真のうち約三割は鳥居か神社であろう・・(汗)写真は上社の鳥居。


松原諏方神社は、猪名湖の南側に上社、対岸の北側に下社がある。

祭神は「建御名方命(たてみなかたのみこと)」「事代主命(ことしろぬしのみこと)」「下照比売命(しもてるひめのみこと)」の三神だという。神道に興味の無い小生にはさっぱり分からない・・・(笑)

鎌倉時代の永仁元年(1293)の創設とされ、甲斐武田氏の信仰が厚かったという。

松原城 (2)湖側から見た上社の社殿。

何度か火災に遭い、現在の上社の社殿は明和八年(1771)の建築で下社も三年後の建築らしい。

松原城 (3)

神社仏閣ブログでは無いので、建築様式や宮大工が誰だとかはご勘弁いただきたい・・(汗)

さて、本題の「野ざらしの鐘」(国重要文化財)は上社本殿の横にあった。

松原城 (9)さすがに重要文化財なので野ざらしには出来ませんネ。屋根が付いてました。


何でこんなお寺の鐘にこだわるのかって?

実はこの「野ざらしの鐘」は、以前に掲載した落合城の城下に大井氏が建立した新善光寺から武田軍が略奪し、松原諏方社に奉納したものだと伝わる所以である。

落合城 (42)落合集落の時宗寺はかつての新善光寺の跡に建てられたと伝わる。

ネット上の色々な説明文を見ると、武田信玄が新善光寺から略奪して寄進したように書いている記事もあるが、事実はチョッと違うようで、武田信玄の曾祖父の武田信昌が前年に伴野政朝(大井政朝とも)が甲斐侵入を企てた仕返しとして佐久の大井荘へ侵入し、光長(のちの岩尾大井氏の祖)が建立した新善光寺の梵鐘を略奪したというのが真相のようである。

長野県最古の在銘梵鐘という事で重要文化財に指定されているが、鐘にも金にも縁の無い小生にはさっぱりわからん・・・(笑)

松原城 (4)興味のある方は説明板を一読願う。

まあね、よその寺から盗んできた鐘を据え付けたら神様もお怒りになるのは必然らしく、幾度となく神社は羅災し江戸時代に幕府の庇護を受けても燃えに燃えたらしい・・(汗)

その上、神社に大事に保管されていた武田氏の願書および結城秀康の寄進状も安政三年に盗難され紛失してしまったというから祟りは異様な有り様である。(長野県町村誌より抜粋 幸い文章の写しは残っているらしい)

松原城 (7)いわくつきの「野ざらしの鐘」

宗教との結びつきが政治や戦争、統治に色濃く反映していた戦国時代は、神の祟りよりも威厳を持つ梵鐘を寄進することで己の力を誇示し民衆への絶対服従を強要したのであろう。

火事になっても梵鐘は「燃えないゴミ」なので、社殿を何度建て替えようがお構いなしだったのだろうか?(笑)


ここ松原湖には他にも不思議な伝説が残っている。

松原城 (84)

畠山重忠といえば源頼朝を支えた重要な有力御家人で、無実の罪を着せられ執権北条時政に謀殺された悲劇の人であることを知る人は、よほどのマニアであろう。

その母ちゃんの墓は何故佐久の山奥にある?しかも何で湖の底にある?

また一説には松原城主だった松原定時の父ちゃんの墓とも伝わるらしい(長野県町村誌)

わざわざ湖に沈める意味が不明である。悪霊となったので封印したのであろうか・・・(汗)あり得る(爆)

松原城 (85)あの辺の湖底にあるらしいが、誰も調査していないようだ。

松原湖も諏訪湖と同じように「おみ渡り」の儀式が行われるらしい。

高原の湖は天然のスケートリンクとして国際大会も行われ、我が国のスピードスケーターを量産したメッカでもあった。

それにしても武田晴信が佐久遠征の際に、こんな鄙びた湖で願掛けをしていたとは意外であった。

松原城 (82)松原湖周辺の七不思議。謎解きはディナーの後では無くとも今すぐお出掛け下さい(笑)

松原城 (79)下社と背後の松原城の本郭。


≪松原諏方神社≫ (まつばらすわじんじゃ)

標高:1123.0m 比高:-
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:南佐久郡小海町松原
攻城日:2013年7月28日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:町営駐車場
見どころ:「野ざらしの鐘」
注意事項:特に無し
参考文献:「信州の山城と館➊佐久編 宮坂武男著 2012年」「長野県町村誌 豊里村編」
付近の城址:松原城、海ノ口城、海尻城など



スポンサーサイト

Posted on 2013/08/03 Sat. 21:30 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top