らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0817

長張城 (小諸市柏木)  

◆へんてこりんな縄張図で報告された実態不明の城◆

昨日紹介したの西約1km、石峠集落にあったとされるのが長張城である。

ここからの眺望は素晴らしく、北佐久地方・南佐久地方が見渡せる。

長張城 (2)現在の駒形神社にも郭があったらしい。

長野県の埋蔵文化調査報告書である「中世城館跡」にも掲載されているが、大まかな場所と略図のみ記載されているだけである。

城主・城歴についても全く不明で、長野県町村誌にも記載が無い。

長張城 (6)駒形神社の境内。

馬の神様を祀った駒形神社は城内や郭に勧進されるケースが多い事や、この神社のある場所が一段高く盛土され整形されているのを見れば、ここが長張城の郭だと見ても差し支えは無いと思う。

以下は長野県の中世城館に掲載された略測図である。

長張城略図

申し訳無いが、勝手に郭とオボシキ場所に数字を入れ、堀跡にも文字を入れてみた。

これを現在の場所の地図写真に置き換えてみると、こうなる。

長張城航空地図

専門家の先生たちが調査した略測図に文句など言える立場ではないが、こんな縄張りの城は初めて見た(汗)

駒形神社のある1を出城として切り離しても不自然な縄張りで、そうは変形していない地形からもかなり無理があるように思う。

宮坂武男氏も「城としての縄張りが見えてこない」と記述している。

長張城 (10)駒形神社の東側は石峠遊園地になっている。奥に見えるのは浅間山。

遊園地のある場所も造成による改変が考えられるが、郭と見れるような気がした。

まあ、それにしても北側の飛び地に郭と堀切を想定するのは無理がありそうだ。

長張城 (13)社殿の背後は土塁が囲んでいるが往時のものだとは言えない。

長張城 (14)神社より北側方面。

いずれにしても、小諸大井氏時代には境目の城として物見が置かれたように思えるが、どうであろうか。

長張城 (24)御代田町・南佐久まで一望出来る。

≪長張城≫ (ながはりじょう)

標高:846.0m 比高:-m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:小諸市柏木石峠
攻城日:2013年7月15日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:0分 駐車場:路駐
見どころ:郭跡、景色
注意事項:特に無し
参考文献:「長野県中世城館調査報告書」「信濃の山城と館①佐久編 宮坂武男著」
付近の城址:松井愛宕山城、平原城など

長張城 (23)北佐久まで望めるロケーション。


スポンサーサイト

Posted on 2013/08/17 Sat. 22:05 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top