らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0818

東沢城/丸山(小諸市甲)  

◆二枚抜きは禁じ手なのだが・・◆

一城(または館)一記事と決めて掲載してきた。

その前提はまともに調査する事なのだが、中には諸般の事情や、藪茫々で取材すら出来ない場所もある。

今回は二枚抜きの禁じ手を使うがご容赦願いたい・・・(汗)

宇当坂館周辺地図

【丸山】

松井愛宕山城と同じく、宇当坂の館(御所平)の背後の物見の一つだろう。

城主城歴は不明だが、描いて字のごとくの小山で往時は展望がかなり良かったと思われる。

酷い藪に覆われていて、何が出るか分からないので突入を断念した。蛇は嫌いである・・(笑)

丸山(小諸市) (1)北側から見た丸山。突入前にヤメた(汗)

丸山(小諸市) (2)高津屋城との関連も不明だ。

丸山(小諸市) (3)富士見城も視野に入るが、丸山よりもかなり後の時代の築城なので繋がりは薄いかもしれない。


【東沢城】

以前に「ご神水」に関わる件で全国紙に掲載された大和神社の上の丘陵の山でに位置する。

現在、個人の住宅の裏山ということで立ち入り禁止。

全山耕作で改変されてしまったらしいが、展望は良好らしい。

東沢城(小諸市) (2)尾根の分岐点。ここから先に見張り台の先端があるのだが、侵入禁止だ。

東沢城(小諸市) (8)山麓の私有地。嘗ては庭園があったという。


大井宗家滅亡から派生した弱小の小諸大井氏が、物見城三箇所(長張城を入れれば四箇所)と詰めの城である高津屋城を維持できたのか?という疑問が沸く。

逃げ込み城にしては目立ちすぎるしキャパも狭いので、やはり物見のたぐいであろう。

武田領有時代に活用されたのは松井愛宕山城ぐらいで、あとは放置されたのかもしれない。

東沢城(小諸市) (13)

≪丸山/東沢城≫ (まるやま/ひがしさわじょう)

標高:846.0m(丸山) 794.0m(東沢城) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:小諸市甲
攻城日:2013年7月15日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:0分 駐車場:路駐
見どころ:-
注意事項:-
参考文献:「信濃の山城と館①佐久編 宮坂武男著」
付近の城址:松井愛宕山城、高津城、宇当坂の館など

東沢城・丸山見取図①

丸山城↓



東沢城↓




スポンサーサイト

Posted on 2013/08/18 Sun. 20:41 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top