らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1119

茨山城 (北安曇郡白馬村神城)  

◆仁科口の東の間道を抑えた砦◆

あっちこっちと場所が飛んでしまい節操の無い掲載を深くお詫び申し上げます・・・・(汗)

んで、長野市から今度は白馬村でございます。その昔掲載し忘れた城をチョコっとアップさせて下さいませ(笑)

茨山城 (6)城跡に建つ城峯神社(明治42年に建てられたという)

今回ご紹介するのは白馬村神城(かみしろ)にある茨山城(いばらやまじょう)。

神社の建立でかなり改変されてしまい見る影も無い・・(涙)

白馬周辺諸城配置図場所がイマイチという方は白馬神城ネットワークをご参照下さい。(仁科口と呼ばれる要衝の地なので砦や城が林立している)

【立地】

神城地区堀之内集落の東に突き出た小高い丘の上にあり屋敷地(居住地)としては良い物件だが、要害性は周辺の砦に比べると低い。
ここから東へ向かえば鬼無里や小川庄(現在の小川村)へ抜ける間道が通りその先は善光寺平に繋がる。また南は仁科郷・安曇野に通じる交通の要衝である。
茨山城の南800mには三日市場城がある。

茨山城見取図①

【城を取る】

問題は立地における要害性の低さを縄張りでどこまで防御性を上げていたのか?となるのだが、残念な事に主郭が改変されているので周辺のみの検証になる。

長野県町村誌には神社建立前に「回字形」という記載があるようなので、中心付近から二重の円郭式にして周囲を横堀が廻っていたように思える。(あくまで想像だが・・)

茨山城 (3)参道を登ると最初に出現する堀切㋐

茨山城 (8)主要部分の横堀だった可能性のある堀切㋑。

茨山城 (12)神社北側の土塁。

社殿の北側は切岸で円墳が連続で続いている。東側に土橋状の構築があるので円墳の周囲は堀か池だった可能性がある。善光寺周辺には古墳を取り込んだり、石室を利用した城跡を多く見かけるが、茨山城も北側の搦め手方面からの侵攻に対して遮蔽物として利用したのであろうか?

茨山城 (21)落書き多用(笑)最初の円墳。

周囲に横堀を穿つ技術は三日市場城に見られるので、恐らく同時期に改修を受けたものかもしれない。

茨山城 (23)北側の古墳。

三日市場城の支城(砦)という位置づけなので、いざとなったら本城に逃げ込めば良いのでこの程度の装備だったようだ。ただ、搦め手の北方面にも堀切があるようなので、弱点の改修は続けられたようだ。

茨山城 (24)社殿からみた南方面。失われた遺構はどのような構築物であったのだろうか。

【城歴】

小川村誌には大日方氏の堀之内の城として記載があり、飯田城と共に大日方氏の持ち城だったというが、確かな記録は無い。
沢渡氏の三日市場城の支城という説が近いのではないかと思う。いずれにしても三日市場城も茨山城も武田統治時代に改修を受け、戦国末期の天正壬午の乱では小笠原貞慶と上杉景勝の争奪戦の舞台となったので最後まで使われ続けた事が想定される。

茨山城(28)茨山城の登り口。

≪茨山城≫ (いばらやまじょう 城峰) 

標高:791.5m 比高40m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:北安曇郡白馬村神城
攻城日:2012年10月20日 
見どころ:土塁、堀切
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:5分
注意:特に無し
付近の見どころ:記事の地図を参照願います
参考文献:「図解山城探訪 第六集 安曇史料編 宮坂武男著」
Special Thanks:ていぴす様、馬念様

茨山城 (26)目と鼻の先には三日市場城がある。技巧的な縄張りは素晴らしいので必見の山城だ!


Posted on 2013/11/19 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top