らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1222

信濃の山城と館➑水内・高井・補遺編  

◆やはり「甲斐編」へ続くのである◆

いよいよラストとなる「信濃の山城と館➑」が昨日自宅に届いた。

この本が届く偶数月は緊急補正予算を何とか通して来たのだが、ようやく今月で終わるので安堵していた・・(笑)

しかし懸念していた噂が「甲斐編が出る事が決まったらしい・・」現実となる。嬉しいのだが複雑である(汗)

甲斐の山城と館PR

「ああ、獅子吼城だ。宮坂武男氏の描く獅子吼城を含めた甲斐の城が見たい・・・」

獅子吼城(北杜市) (36)
乱積みされた夥しい石積みに北条VS徳川の緊迫感を感じる獅子吼城。(そのうち掲載予定ということで・・)

きっとまた内緒で注文するんだろうなあー。ヘソクリ溜めれば間に合いそうだ・・(爆)

新府城②(韮崎市) (91)
新府城の三日月堀。

【ラストを飾るにふさわしい水内・高井・補遺編に収録されている名城をチョッとだけご紹介】

信濃の山城と館⑧
表紙の鳥瞰図は「割ヶ岳城」

●栄村

山中深く眠る謎の巨大城郭「仙当城」市河文書で有名な市河氏関連の山城で見どころ満載。

仙当城サンプル

●飯綱町

若宮城は在地土豪の芋川氏の居城らしいが、甲越戦争の時に大勢力により改修されたようだ。

若宮城サンプル
北へ向けた横堀の意味するところは?

●信濃町

割ヶ岳城は信越国境の野尻湖付近の城で、上杉VS武田の壮絶な争奪戦の舞台となった城である。両軍の築城技術による改修が著しい奇特な城だ。

warigatake08.jpg
割ヶ岳城の主郭。この城の記事はいつか書き直したいと切に思っている(汗)


●飯山市

飯山市も甲越紛争における境目の場所として山口城(小生のブログでは未掲載)など臨戦態勢を敷いた素晴らしい山城が多く存在する。

山口城 (6)
山口城の御屋敷の馬場。土地の所有者から周囲を土塁に囲まれていたという貴重な証言を得る。

●小布施町

福島正則さんの居館跡が有名だが、彼の墓所の裏山の雁田城は川中島城館群を彷彿とさせる見事な石積みの城塞である。

雁田小城
攻城兵を威圧するには充分な石積みであろう。

小生の尊敬する西股氏は「見てくれで威圧する山城など存在しない」ような事をおっしゃるが、その説には心より異議申し立てをしたい(笑)

信濃の山城と館⑧2
本の後ろ表紙の縄張り図は若槻城である。

宮坂武男氏の踏査した山城は1800以上に及ぶという。

神の開拓した城跡をトレースして現在まで約600城。この三倍をやり抜いて全てWEBで紹介するのが本望だが、まだまだアマチュアに毛が生えた状態で情けない(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/22 Sun. 12:00 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top