らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0220

沼ノ城 (下伊那郡松川町古町)  

◆大島城の西の支城か?◆

先週末から居座った冬将軍の置き土産の処理で肉体疲労寺の荒修行はピークである・・(汗)

いつもなら平均20分程度の会社までの通勤時間が90分にも達する修羅場になっている。

行き場(捨て場)の無い残雪は道幅を狭くして車のすれ違いにも苦労する有り様である。

まあ、ボヤッキーはそれぐらいにして今回から舞台は高森町のお隣の松川町へ移ります。

沼ノ城 (1)
ここが城跡といわれても「????」と困惑する。

今回ご案内するのは、その遺構が全く確認出来ない「沼ノ城」(ぬまのじょう)

確かに分かるのは立地条件の重要性と往時の見晴らしの良さであろうか。

沼ノ城見取図①

【立地】

国道153号線と県道226号線の交わる山吹交差点の東側段丘上に立地する。東200mに大島城があり、天竜川に突き出す台地となっている。北側の崖下を唐沢川が流れ西側は天竜川の氾濫原で削られた要害の地である。

沼ノ城 (2)
電波塔と墓地周辺が城跡らしいが耕地化により見る影も無い。


【城歴】

昭和53年(1983)にまとめられた「長野県の中世城館跡」の調査報告によると大島村誌に記録があり、天文から天正年間に大島城の支城であったとされる。
報告書には150m×150mの方形館跡として記載されているが、現地を見る限り方形なのかは判断できないし150mのスクエアというのも裏付け根拠を見つけだすことは出来なかった。

沼ノ城 (10)
東側から見た城域。

この地は平安末期に片切氏から名子氏、大島氏が分割統治していたらしいが、沼ノ城については記載が無く城歴もハッキリした事が分からない。
ただ、西の大沢川を挟んで名子氏が原ノ城の龍ノ口氏と境を接していたので、隣接する大島氏の見張り砦やそれに類する城館があったとしても不思議ではないと思われる。

沼ノ城 (4)
唐沢川側の縁は堀のような跡に見える後世の整地で全く関係が無い。

宮坂武男氏によれば、唐沢川側の斜面に三本の竪土塁があるようだが、竹藪の中に突入しても空しさだけ残った(笑)

沼ノ城 (9)
松尾氏の墓があるが、代々の城守りだったのだろうか?


【城跡】

耕地整理により全く痕跡など無い。電波塔と松尾家の墓地周辺に方形の居館があったらしいが何の根拠資料もないという。
雑木林と竹林が邪魔してロケーションの素晴らしさも感じることが出来なかった。
すぐ隣は大島城であり、この場所に物見砦が置かれたであろう事は充分考えられる。
武田の大島城改修以前にどのような形で城館が置かれたのかは知る術も無い。

沼ノ城 (8)
墓地から見た城域北側。


≪沼ノ城≫ (ぬまのじょう)

標高:494m 比高:45m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡松川町古町
攻城日:2014年2月1日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:無し、路駐
見どころ:無し
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑥諏訪・下伊那編 宮坂武男著」
付近の城址:大島城

沼ノ城 (17)
南西の高森消防署付近から見た沼ノ城遠景。段丘上の城であることが分かる。

Posted on 2014/02/20 Thu. 21:17 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top