らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0207

吉田南城 (下伊那郡高森町吉田)  

◆主郭と土塁の一部が残る砦跡◆

先日からニュースやワイドショーで取り上げられているゴーストバスターズゴーストライターの事件だが、当の本人の名前「○○河内守」を見て、思わず「○○かわちのかみ」とは変わった芸名だなあーと思ったのである・・(汗)

その後、「○○河内」が名字で「守」(まもる)が名前だと知って大笑い・・(笑)

世間を欺く欺瞞の人間には官位を名乗る資格などあろうはずもなかろう。

さて、今回ご紹介するのは「吉田南城」

吉田南城(高森町) (1)
公民館の脇の町道は堀切を潰して作られたと云う。

【立地】

吉田本城から南方400mほどの段丘先端部に「城」「南城」「東城」と云われる場所がある。南に袋ヶ洞の谷があり、北側には大角坊の谷があって、東側は段丘崖となる要害の地である。

吉田南城見取図①
郭1と郭2の周囲の堀は埋め立てられてしまった。

【城跡】

現在、城跡は開墾されて大部分が畑地または果樹園になっているが伝承によれば空堀を挟んで二つの郭が並ぶ城であったという。
東側先端部に主郭があり、北側には土塁が残されている。空堀を挟んで二郭があったが埋められてしまい、南側袋ヶ洞に面した所の空堀の一部も近年埋められて、郭の構造物は消失してしまった。

吉田南城(高森町) (2)
標柱はあるが具体的な城跡がどこなのか記載が無いのは残念だ。

吉田南城(高森町) (3)
主郭北側の堀跡。現在は何の痕跡も残っていない。

北側大角坊の谷間には空堀から続く100mほどの竪掘があったが、町道の改修びよって西側上方は破壊され、段丘崖下方には所々にその痕跡が残っている。

吉田南城(高森町) (5)
郭1の北側の土塁には小口らしきものがあるが往時のものかは判断できない。

吉田南城(高森町) (6)
ほぼ方形の郭1(55×49)サイズも形も堀の処理も吉田古城にソックリなので、築城時期は同じと見てイイと思う。

吉田南城(高森町) (7)
西側方面の処理。

実はこの日、高森町に住む徘徊癖のある86歳のお婆さんが前の日から行方不明になったようで、警察官と消防団員がウヨウヨ(汗)そうでなくとも怪しい趣味の小生は白い目で見られて苦難を強いられる・・(笑)

それでも城跡に遺体が無かったのは幸いでした。見つけようものなら「第一発見者は怪しい・・」ヤバイ・・(爆)

吉田南城(高森町) (11)
民家と果樹園が混在する郭2。

吉田地籍の台地の南側を守備するために築かれた砦であり、主に沢から攻め入る敵を想定した縄張りである。

堀切が埋められてしまった現状では往時の姿を想像するのも難しいが、本城・古城と連携していたのは間違いないと思われる。

≪吉田南城≫ (よしだみなみじょう よしだなんじょう 城・東城)

標高:506m 比高:78m
築城年代:不明
築城・居住者:吉田氏?
場所:下伊那郡高森町吉田
攻城日:2014年2月1日 
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:無し。公民館脇に路駐。
見どころ:土塁、郭
注意事項:耕作地、民間の住宅地なので注意。
参考文献:「信濃の山城と館⑥諏訪・下伊那編 宮坂武男著」「定本 伊那谷の城(1996年 郷土出版社)」
付近の城址:吉田古城の記事参照。

吉田南城(高森町) (14)
公民館(北西方面)からみた吉田南城周辺。



スポンサーサイト

Posted on 2014/02/07 Fri. 21:49 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top