らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0210

大丸山物見 (下伊那郡高森町下市田)  

◆城山城と古御家城を結ぶ中間地点の物見◆

ツラツラと伊那谷の城を連載しているが、戦国時代に派手な表舞台でスポットライトを浴びた北信濃・中信濃・東信濃の城砦群に比べると、同じ信濃の国の城でありながら取り上げられる機会はかなり少ない。

伊那谷でも比較的知名度が高いのが高遠城、福与城、飯田城、神之峰城、大島城ぐらいであろうか。

坐光寺南本城 (2)
座光寺氏の上野北本城の堀切跡。隣接する上野南本城も県指定史跡に認定される高度な縄張りでも認知度は低い。

武田信玄の侵略に際して抵抗したのは福与城の藤沢氏や神之峰城の知久氏ぐらいなもので、然したる戦も無かったのが要因であろうが、それはそれで百姓には幸いだったと思われる。

さりとて、この地方の名族である片切氏の分流の小豪族や鎌倉・室町の幕府に任命され領主となった新興勢力の遠国時代における家名存続を賭けた駆け引きは必死であり、城砦群も個性が強い。

然らば地元の我らが紹介し続けることが責務である。しかし上田市から飯田市は片道180km・・遠い・・(汗)

今回ご案内するのは公園として保存された物見砦の「大丸山物見」

大丸山物見 (1)
公園=ブランコ・お砂場・滑り台=三種の神器である(笑)

【立地・城歴】

天竜川の右岸で大島川の右岸の河岸段丘末端部の小山で、直線上の北には城山城(吉田城)、南には高森小学校の台地上に古御家があり、松岡支城群の砦のひとつだという。

大丸山物見見取図①

【城跡】

大丸山公園の施工により大きく改変を受けていてわかりづらいが、土手付きの上巾20mの堀切がありその南は単郭が置かれていた様子が分かる。堀切については周回する道路の北側の沢に竪掘り(堀形)が確認出来るが、南西は道路の造成により消滅したようである。

大丸山物見 (2)
北側から見た上巾20mの堀切跡。牙を抜かれた狼みたいで、往時備えていたエッジの鋭さは消えている。

大丸山物見 (5)
まあ、確かに高土塁付きですが、軍事構築物とは思えない・・(笑)

大丸山物見 (6)
周回する道路の北東の崖下には往時の形を留める堀形がある。

単郭の物見としてはデカ過ぎるので、公園化される前はもう少しスリムだったと思われる。
北には城山城(吉田城)があり、南には古御家があるので連絡用の砦として置かれ、松岡城からの伝達を補足していたように思う。

大丸山物見 (11)
チョッとデカ過ぎな郭。

大丸山物見 (14)
堀切の南側には説明板があり、宮坂氏の縄張図が描かれている。嬉しいですねえ。

大丸山物見 (17)
南端の上水道管理棟のある場所は腰郭だった可能性がある。

大丸山物見 (21)
物見としてのロケーションも文句ない。

大丸山物見 (29)
松岡城は目と鼻の先にある。

ここで遊ぶ子供たち100人のうの一人が歴史に興味を持ち、中世軍事構築物を専攻してくれる可能性は・・・無いだろなあ・・(汗)

大丸山物見 (31)
駐車場から北側は曲輪が置かれた形跡は無かった。

大丸山物見 (28)
ジャングルジム付き滑り台の上から撮影してみました。アングルばっちり・・(笑)


≪大丸山物見≫ (おおまるやまものみ)

標高:562m 比高:45m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡高森町下市田
攻城日:2014年2月1日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:有り
見どころ:土塁、郭、堀切
注意事項:童心に戻って遊ぶのもまたよし。
参考文献:「信濃の山城と館⑥諏訪・下伊那編 宮坂武男著」
付近の城址:吉田古城の記事参照。

大丸山物見 (32)
西側から見た大丸山物見遠景。



スポンサーサイト

Posted on 2014/02/10 Mon. 18:00 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top