らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0316

丸子城本居館 (上田市東内)  

◆信濃における城館一体型の遺構を良く残す丸子城◆

猫の額ほどの狭い盆地に暮らし、周囲は山の塊が台地を這うように迫り来る・・・山国信州はそんな場所である。

なので、山らしき丘すら無き広大な関東平野に所領を持つ土豪や国人の方々にとって自らの拠点は一つであり、「平時における政庁としての館」「戦闘の為の軍事施設(山城)」と拠点を二つに使い分ける信濃の城館には合点がいかないのは無理からぬ話ではある。

丸子城本居館(上田市) (101)
丸子城の物見櫓が立つ場所はかつて飯盛城と呼ばれていた(西斜面の遊歩道より撮影)

といって根拠の乏しい城館一体型の存在を怪しむような論説を展開する本に時々出くわすが、否定するだけの証拠が揃わないのであれば、言わぬが花だと思う。

積雪2mを越える豪雪地帯の山城が年中無休で営業する住居兼軍事施設だなんてありえない・・(笑)

今回ご案内するのは丸子城の山麓に存在した四つの居館跡のうち、最も大きく遺構が確認出来る本居館。

丸子城本居館(上田市) (1)
城域西側の内村川にかかる道金坂橋を渡り左折して100m進んだ清水家の墓地脇が入口。

丸子城については、本サイトでは真面目に書いていないのである・・(汗)

徳川軍相手に実戦を経験した秀逸な縄張りを持つ城で、ヘタな山城をいくつも巡るなら1日じっくり観察しても飽きないし、山城の構造の基礎を学習出来る隠れた名城である。(最近城跡が整備されずに荒れて来ているようだが・・)

まあ、そのうち真面目に記事を掲載したいと思っているが、いつになるやら(笑)

丸子城本居館(上田市) (3)
墓地の脇から微かに道跡が続くが、夏は藪が酷いので避けたほうが良いでしょう。

丸子城本居館見取図①


【立地】

丸子城の北麓、内村川に面した段丘上に本居館がある。ここは北側に深沢があり、東西300mほどの段丘を使い、石垣で区画した平地が数段残っている。館から西側の尾根筋を辿ると丸子城の主郭部分に登り付く事ができ、途中に多くの曲輪が残る。

丸子城本居館(上田市) (5)
本居館への虎口(こぐち・出入り口の事)が明確に残る。

丸子城本居館(上田市) (6)
虎口の石垣。

丸子城本居館(上田市) (8)
虎口から見た本居館。手前の削平地は馬場か馬出しだったようだ。

【城主・城歴】

小県郡史(大正十一年)には、丸子城は飯盛城址と依田城址の二箇所に分けて記載されている。
飯盛城については、以下の記述がある

「飯盛城は一に丸子城二の丸ともいふ。(中略)里傳に丸子氏代々の物見の城なるべしといふ。信濃細石は城主村上幕下丸子三右衛門之に居る。天文の始、武田氏の長臣馬場景政の女を娶る。これにより天文十二年武田家に属すといへど、武田三代記は天文十四年正月武石・丸子・祢津・矢澤・小泉・室賀等武田に降ると記す。いづれ是なるか。天正十三年八月三河勢上田の枝城鞠子を攻めんとす。眞田が一族海野三右衛門、城主たり。城下河原町に激戦あり。」

室町時代~戦国にかけて滋野系依田氏(丸子氏)が周辺を領有し武田に降り、そののち真田氏に属したものと思われるがこの居館の主は特定されていない。

丸子城本居館(上田市) (10)
見事な石垣には圧倒される。

丸子城本居館(上田市) (11)
方形の角のRの石垣もしっかり造作されている。戦国時代末期だろうか。

丸子城本居館(上田市) (16)
方形の敷地が階段状に三段あり、石垣で綺麗に区画されている。

【館跡】

丸子城の根小屋(居館地)は四つあり、その中で最も中心となったと思われるのがここで、本居館跡と呼ばれている。
北側の崖下より急坂を登ると、そこに虎口がある。
主館跡は20m×40mほどの所で後背に敷地の曲輪が続き。その左右にも広い平地があり、この台上には多くの屋敷や施設があったものと思われる。一帯は耕作され、細部は失われているが、旧態は感じ取れる。(宮坂武男氏の記述を引用)

丸子城本居館(上田市) (17)
これだけの見ごたえのある遺構が残っているのは貴重である。

丸子城本居館(上田市) (25)
居館の奥も削平され、何らかの施設があったようだ。

丸子城本居館(上田市) (28)
本郭へ続く尾根には石積みで周囲を囲った曲輪が続き厳重な防御体制が敷かれている。

その後、尾根伝いに登り二重大竪堀の堀底を辿って丸子城の主郭へ行ったのは当然の行為である・・(笑)
幾重にも張られた防御の数々には溜め息が出た。

山城攻めがヘタクソな徳川軍が落とせるはずのない完璧さだ・・(爆)

丸子城本居館(上田市) (98)
丸子城の二重竪掘を堀底から見上げる。ここを登りたいと思うのは重病であろう・・(笑)

≪丸子城本居館≫ (まるこじょうほんきょかん)

標高:560.0m 比高:24m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市東内
攻城日:2014年1月5日 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:墓地から5分 駐車場:道路脇に路駐
見どころ:石垣、虎口、
注意事項:ここから丸子城に攻め登ると尾根の遺構が見れる。夏場は藪茫々なので避けた方が良い。
参考文献:「信濃の山城と館③上田・小県編 宮坂武男著」
付近の城址:鳥屋城、依田城、中山城、根羽城など

丸子城本居館(上田市) (83)
依田川の流域は依田窪(よだくぼ)と呼ばれ信玄公が幾度となく通った道である(丸子城主郭より撮影)



スポンサーサイト

Posted on 2014/03/16 Sun. 09:32 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top