らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0716

板垣駿河守信方の墓 (上田市下之条)  

◆上田原合戦の後、信玄の命により墓守が置かれたとされる板垣信方の墓所◆

信方さんのお墓は小生の自宅から徒歩5分の場所にある。

自宅を建てて26年になるが、当時はこの場所が上田原古戦場の激戦区だったとは知らずにいた。

そういえば、当時同居していた霊感の強い妹は「夜中に落ち武者が部屋を徘徊して困る」と云っていたが・・・(汗)

その後、徳の高い寺院にお願いしてお祓いして事無きを得たが、五百年後の今も凄まじい生への執念が残るのだろうか。

板垣信方の墓 (24)
千曲公園から見た上田原古戦場と大将さんたちのお墓の位置。手前の広場は「上田 道と川の駅」

天文十七年(1547)二月、佐久平定を完了した武田晴信(信玄)は村上義清と雌雄を決すべく小県郡の上田原にて決戦に及ぶが、佐久を撫で切りにした武田への憎悪に燃える北信濃の豪族連合に敗れ去った。

※合戦の詳細は皆さん御承知かと思いますので割愛させていただきます。また、そのうち気が向いたら書きます・・(笑)

しかし、村上連合軍の犠牲も多く、西条義忠(にしじょうよしただ)、屋代源吾(やしろげんご)、小島権兵衛(こじまごんべえ)、雨宮刑部(あまみやぎょうぶ)などが討死した。

甲州軍の損害はもっと深刻で、信虎追放のクーデターに功のあった重臣である板垣駿河守信方(いたがきするがのかみのぶかた)、甘利備前守虎康(あまりびっちゅうのかみとらやす)の両名を失い、初鹿野伝右衛門(はじかのでんうえもん)、才間河内守(さいまかわちのかみ)などの猛将も戦死し、死傷者は村上軍を上回ったという。

須々貴城2013 (94)

500年近くも昔の合戦なのに、村上さんちの武将の墓は3名、武田さんちは板垣さんのみ残っている。

これって、不思議じゃないですか?しかも板垣さんの墓は「板垣神社」で神使いになっているという事実。

板垣信方の墓 (45)

実は二年前に地元の自治会の役員を仰せつかって、天白山(別名:須々貴城 上田原合戦の時の村上さんの本陣)の整備事業の会合に出席したときに、同じ地区の方から、「板垣信方が討死したあと、武田晴信(信玄)は合戦場に留まり今回の戦で亡くなった大勢の兵士を荼毘に附したあとで、彼の命により墓守をこの地に置いたのだ」という。○○さんちは、その末裔だという。

板垣信方の墓 (47)

なるほど、そういう事だったのか・・・・、積年の疑問が取れたような気がした。

生前は敵味方であっても、仏になれば垣根を越えて供養されたのだ。そういう時代だったのだろう。

板垣信方の墓 (48)
信方さん、煙草が好物という伝説があり、お供え物も煙草が多い。

下世話な話であるが、板垣神社のお賽銭箱への寄附は、自治会がキチンと管理していて子孫の方へチャンと届けています。なので見返りとして板垣氏の末裔さんは、自治会への寄附という形で板垣神社の維持管理に出資しています。

それにしても、同じ重臣であった甘利虎康さんの墓が無いのが気がかりですw

架空の人物として創作された可能性も否定できないような気がしますが・・・・・・(汗)

板垣信方の墓 (49)

板垣さんの墓の隣の石碑には、秀作の俳句が彫られている。

「兵の 夢覚ますなよ 鉦叩き」  (つわものの ゆめさますなよ かねたたき)

※カネタタキはコオロギより小さい昆虫で「チッ、チッ チッ チ」と金属音のような鋭い羽音で鳴く夏の昆虫。

板垣さん、今も変わらずに晴信の天下統一の夢を今も見続けているに違いない・・・・・・・

板垣信方の墓 (18)
近くて遠い村上義清の本領。(埴科郡坂城町)。

結局のところ武田信玄は、天文二十二年(1549)まで忍耐を強いられたのである。

≪板垣信方の墓≫ (いたがきのぶかたのはか)

標高:435.0m 比高:
場所:長野県上田市下之条
訪問日:2014年7月6日 
お勧め度:★☆☆☆☆
史跡までの所要時間:-分
見どころ:
注意事項:特に無し
駐車場:付近の方に迷惑にならないように適当に路駐(若宮八幡宮付近へ)
付近の城址:須々貴城 



スポンサーサイト

Posted on 2014/07/16 Wed. 22:00 [edit]

CM: 5
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top